(働きながら)147日で受かった! 残業サラリーマンの行政書士 試験ラクラク勉強法
2010.12.04 [Sat] 00:30

2011年の行政書士試験は、例年と同じであれば11月の第2日曜日あたりで、11月13日になります。

2010年の試験は難しかったという声が多かったようですが、忙しい仕事を続けながら効率良く勉強して、バッチリ出来たという方もいらっしゃいます。

実は、資格スクールや、いろいろな勉強をして何回も失敗した人が、一発で合格したり、知識ゼロからスタートした人が1回目で合格したりしている勉強法があるんです。

⇒「(働きながら)147日で受かった!残業サラリーマンの行政書士 試験ラクラク勉強法」


この勉強法は、実際に一発合格して行政書士のお仕事で活躍されている、坂庭つとむさんと、石井浩一さんが執筆されてるノウハウです。

石井さんによると、一発合格を果たせずに、受験生活から抜け出せない方には共通した重大なミスがあって、それは、

「自分の生活サイクルに勉強時間を上手に組み込めていない」ことだそうです。

合格に必要なのは、「まとまった勉強時間」ではなく、「徹底した隙間時間の攻略」。

特に、残業サラリーマンや家事と子育てで忙しい主婦、昼勤と夜勤の交代制など、仕事がハードで、まとまった時間を確保できない社会人こそ、隙間時間を効率的に活用することが、短期合格をもぎ取る秘訣だそうです。

マニュアルの特典に付いている「オリジナル勉強法」は、実際に受験生から生活サイクルをお聞きして、全てその受験生に適したアドバイスをしているとのこと。

合格者の声も、実名、証拠写真付きで続々と報告を挙げていて、すごいです。

⇒合格者の声はこちらにあります。


メールサポートもあるし、「解法テクニック」という裏技的な特典も魅力ですね。

隙間時間を攻略したラクラク勉強法を身につければ、どのような資格試験にも対応できるので、行政書士試験に突破したら、次は、社労士、宅建、FP、中小企業診断士、土地家屋調査士、司法書士などの資格を目指すことも、充分可能なんだそうですよ。

詳しくは公式ページをご覧ください。

⇒「(働きながら)147日で受かった!残業サラリーマンの行政書士 試験ラクラク勉強法」