ギョーコ、保護責任者遺棄致死未遂? 

2010年09月12日(日) 1時18分
ホロホロシュリンプを飼い始めて4ヶ月過ぎた。
世話といったら水替えが必要なだけで、エサやりは不要。一緒に中に入っているマリモがエサになる。
これがズボラな私にはうってつけである。

瓶の中を覗くと、極小の赤い何かがピンピン跳ねている。
生意気にエビのパーツすべてを備えているのがまた愛らしい。

基本的には放置気味でも、日を追うごとに愛情も湧いてきた。
オスだかメスだかわからないが、勝手に「エビオス君」と名づけた。

このテの「瓶に入った小魚」を買ってきては死なせてしまったことが何度となくあった。
あるときはエサをやり過ぎて水をダメにした。
あるときはエアコンをつけていなかったので水温が高くなり茹だってしまった。

これらの失敗をふまえ、この記録的猛暑の夏、水温には十分気をつけて飼育していた。

ところが、9月に入ったある日。
私は丸一日外出しており、宿六も昼から出かけた後、留守番の息子はリビングのエアコンをオフにして、自分の部屋でちょっと昼寝してくるつもりが夜までぐっすり眠ってしまった。
夕方私が帰宅すると、無人のリビングは外気温より暑くなっていた。急いでエアコンをオンにしてハイパワーにしたが、室温は測定不能の「HI」が表示された。

おやつに置いていった小倉ネオロールの袋が、触っただけではちきれてしまいそうなくらい、パンパンに膨らんでいた。室温が尋常でない高温になっているのを物語っている。
こんなのを食べたら当たって腹下して死んでしまいそうだったので、危険物は即ゴミ箱に捨てた。

ふとエビオス君は大丈夫だろうかと心配になり、慌てて瓶を掴むと……

小さな赤い物体がスゥーッと流れていくのが見えた。

エビオス君は全く動いていない。
エビオス君は今朝は元気だったのに、夕方には物体になってしまった。

のっそり起きてきた息子は、エビオス君が死んでしまったことを知り、エアコンをオフにした自分のせいだと悔やんだ。

昨日買ってきたパンはすぐゴミ箱に捨てることはできたが、数ヶ月飼っていたエビオス君をすぐ捨てることなどできるわけがない。
今夜はそのままいつもの場所に置いておこうと思い、そっと瓶を戻した。


気がつくと、ようやく部屋の温度が28度まで下がってきた。
なんとなくまたエビオス君を見たくなって瓶を持ち上げると、エビオス君の小さな赤い亡骸はスゥーッと流れて……ピョンと戻った。


あれ?


今の動きはなんだろう?


もう一度、瓶を傾けてみると、エビオス君の亡骸はスゥーッと流れて……ピョンと戻った。


動きは悪いが、間違いなくエビオス君は生きている!
こんな小さな身体のどこに、こんな底知れぬ生命力を秘めていたのだろう。


急いで水替えをして、その後も様子をみていると、だんだん元のように動けるようになっていった。
罪の意識に苛まれていた息子も、エビオス君の元気が戻ってくるにつれて、ほっとした表情をみせた。


あのとき、エビオス君をすぐに捨てなくてよかった。
そんな無慈悲なことをしていたら、エビオス君は本当にあの世行きで、息子もあの性格だから罪悪感を引きずったままだっただろう。


そんな私の思いなどお構いなしに、今日もエビオス君はピンピン跳ねて泳いでいて、息子はメシ喰ってクソして寝ている。


それはそれでとても幸せなことだと思える今日この頃である。



ギョーコ、ついつい読みふける 

2010年07月21日(水) 18時19分
最近「同伴ツアー」で話題の新婚夫婦を見て、ふと思い出したことがある。

「俺、これから玉置浩二のことを『タマキコ氏(うじ)』と思うことにするよ」

玉置浩二が薬師丸ひろ子と結婚したとき、『伝染るんです。』という漫画の中で薄暗い男子がつぶやいていたセリフである。
あれ以来、玉置浩二を見るたびに、あの薄暗い男子のセリフを思い出してしまい、私も玉置浩二のことをタマキコ氏としか思えなくなってしまった。

さてあれが何巻に入っていたか…ふと気になった。
書棚にあった2冊をパラパラめくるつもりが、洗濯物も取り込まず、夕食の支度もせず、ついつい読みふけってしまった。

ハッと気がつけば6時半。
慌てて洗濯物を取り込みにベランダに出た。もうすぐ夜7時だというのに、ベランダは猛烈に暑かった。
オッソロしいくらいの真夏日で、洗濯物もカラリと乾いていた。
こんなに暑い日だったなら、『伝染るんです。』を読みかける前に取り込んでおいても充分乾いていたかもしれない。

梅雨明けして何日過ぎただろう。つい最近までは、ここまでカラリと乾く日などなかった。洗濯物が乾かずに貯まってしまって切羽詰まったときは、コインランドリーに運んで乾かしていた。

それを考えたら、こんなにも気持ちよく乾くことは、なんとありがたいことだろう。
この恩恵を無駄にした私は、とんでもないバチ当たりな気がした。

結局「タマキコ氏」は見つからなかった。
あれは一体どこに収録されているのだろう。
私は全巻揃えたわけではないが、しいたけが出ているのも持っていたし、『火星田マチ子』も持っていたはずだ。
押し入れの奥の棚が怪しいので、夕食が済んだら探してみることにする。



【どうでもいい情報】
今日は早めに洗濯物も取り込み、夕食の支度も万全である。

ギョーコ、置き場所に困る 

2010年07月14日(水) 20時10分
私が住むエリアは、まだ下水道が通っていない。
台所のも風呂場のも便所のも浄化槽に流れて行く。

先月末、浄化槽の点検と清掃をしてもらったのだが、バクテリアが弱っていると言われた。
私は流すだけでトイレ掃除ができるトイレマ●ック●ンを手洗いタンクに置いていたが、特にコイツがバクテリアによろしくないらしい。

新たに投入したバクテリアのために急いで外したが、それはそれで困ることが起きた。

自分のウンコは臭くないのに、どうして自分以外の人間のウンコは臭いのだろう。
とくに人間の男性のウンコ……息子のウンコも宿六のウンコもどうしてあんなに臭いのだろう。
ときには、どこで何を食べてきたのか知らないが、異臭というより奇臭と書いたほうがいいくらい臭い。
それを少しでも緩和してくれていたのが勝手にお掃除してくれる●ジックリ●だった。
外したとたん、息子と宿六のウンコは我が物顔で異臭を放ちまくった。

消臭に効果てきめんのアロマランプもあるが、やつらはウンコを知らないうちにするので追いつかない。
なにかいい策はないかと考え、人感知センサーのついたトイレ芳香剤を置いてみることにした。

センサーが「トイレに誰か来た」と感知すると、プシュッと一発吹き出す。
確かに優れものだが、用足しする前にプシュッとくるので、置き場所を考えなければならない。
初めは人感知センサーがどう働くかわからなかったので、トイレットペーパーホルダーの上に置いた。

これはダメだった。
腰の高さで作動するので、顔に近いところにプシュッとやられる。

では、便器の横はどうだろう。

ここも今ひとつよくない。
トイレに入ったきたのをセンサーはちゃんと感知しているが、便器の蓋を開けようと少し前屈みになったところにプシュッとくるのがキツい。
私はこのあと背を向けるからいいが、立ちションする宿六と息子はどうなのだろう。ちょっと気の毒な気がした。

考えに考えて、入口の横に置いてみた。
ここなら入ってきて便器に到達したころにプシュッと出るだろう。


センサーは一度作動したら30分後にしか動かない。
もうそろそろいい頃だろう。




あとは私の便意を待つのみである。


ギョーコ、あられをもらう 

2010年06月17日(木) 17時55分
知人からあられをもらった。


新宿中村屋のあられだ。
なかなか良いあられだ。


頭でわかっているのに、つい「黒光」の文字に目が行ってしまう。


もしかしたら私は……仕掛けられたのだろうか?


恐る恐る缶の蓋を開けてみる。


ごく普通のあられが出てきた。


だが、逆にごく普通すぎることが恐怖である。




なに? なに? なに?


やだ〜〜〜〜!


これって、「笑ってはいけないあられ」でしょう?


ちょっと〜〜
新宿中村屋さん〜〜
勘弁してよ〜〜。




ヘイポーさん風にうろたえている場合ではない。

冷静にリーフレットを見てみると、この「黒光あられ」は中村屋創業者夫人・相馬黒光の名をとって昭和6年に発売されたと書いてあった。

黒光あられは『ガースー黒光り新聞社』や『ガースー黒光り記念病院』よりも早く、昭和初期から黒光りしている超ロングセラーあられだったのだ。


あの小さなリーフレットに気づかなかったら、私は勘違いしたまま、笑いを堪えながら黒光あられを食べるハメになるところだった。



不注意な私の心をかき乱してくれたが、一見ごく普通ながらも超ロングセラーだけあって、なかなか美味しいあられだった。



ギョーコ、降りそそぐ幸運にびびる 

2010年06月02日(水) 23時54分
100均(税別)で買い物していたら、HERSHEY'Sチョコボールアイスが2つで100円(税別)という破格値で売られていた。

パッケージを見ると、「1万名に2千円プレゼント」のお知らせが印刷してあった。
ひょっとしたらキャンペーンが終わって店頭に並べておけなくなったので、この100均で処分されることになったのだろうか。

よく見てみるとキャンペーン真っ最中で、普通に売られている物と全く変わりない。
どういう経緯でこの100均に大量に置かれたのかはわからないが、恐ろしいくらいお買い得品なので1組(2箱)買って帰った。

この懸賞はサイトにアクセスし、箱の内側に印刷されたシリアルナンバーを入力すると、アタリかハズレかスグわかるクジだった。
短気でモノグサな私には、バーコードやシールを集めて送る懸賞より、こういうクジならカンタンでありがたい。
早速QRコードを携帯で読み取り、シリアルナンバーを入れて送信したら……




当たった!




1万名に当たるものが、こんなカンタンに当たってしまっていいのか。

思いがけない幸運に興奮しつつ、住所・氏名など賞品送付先を入力して送信した。

まだもう一箱ある。
「ま〜た当たったりなんかしちゃったりなんかしてぇ〜〜〜」
と笑いながらシリアルナンバーを送信したら……




また当たった〜〜〜っ!?




これは一体どういうことだろう。

105円(税込)が4千円に化けた。

運のない私にとって、立て続けにクジに当たる幸運など、恐怖以外のなにものでもない。

もしかしたら抽選サイトの不具合ではなかろうか。

いや、そうでなければ説明がつかないくらい、私はハズレ女なのだ。
ついこの前も、通販で買ったばかりのトートバッグの金具がいきなり壊れて外れてビックリして怒って返品したところだ。

ハズレを当たり前と受け止められる度量が私の人生の課題だと思うことにし、どうにかこうにか平気で暮らせるようになってきたところだった。

そこに突然降ってわいた幸運に恐れおののく私などお構いなしに、腹の中の好奇心の虫が騒ぎ出した。


『この幸運が不具合によってもたらされたものなのか確かめてみたい』


そして腹黒いイヤラシい虫もモゾモゾ動き出した。


『もし本当にそうならば、このチャンスをモノにしなくてどうする? 』



私はまたあの店に行き、なにくわぬ顔をしてあのアイスを2組(4箱)買って帰った。
帰宅するなり箱を破り、サイトにアクセスしてシリアルナンバーを入力した。



ハズレだった。




そして……




4箱すべてハズレだった。


いや、当然の結果である。

変な期待をしてひどくガッカリしたのも事実だが、それをしのぐ奇妙な安心感で私の胸はいっぱいになっていた。

ついでに、我が家の冷凍室のトレイは、無理やり開封されて箱を失った個包装のチョコボールアイス(6個×6箱=36個)でいっぱいになっている。

つまらぬ好奇心が原因で発生したこれらをどうするかが、今、私の目の前にある課題である。






ギョーコ、リレンザに白眼むく 

2009年11月06日(金) 9時58分

息子が通う中学校では、全校15クラスのうち6クラスが学級閉鎖になっていたくらいインフルエンザが流行していた。
同じ学区にあるもう一つの小学校も、何クラスが学級閉鎖しているのに、なぜか娘の小学校はみんな元気だった。


しかし、小さな学校で各学年入り混じって生活しているのだから、いつ大流行が起きても不思議はないと思っていたが、ついに来た。

いきなり4年生が学年閉鎖だ。
休み明けに、20人近く欠席したらしい。

ヤバいなぁと思っていたら、その日、娘も帰宅するなり「体がだるい」「頭が痛い」と言い出した。
熱は高くないが、あるといえばある。

様子がおかしいので、夕方にかかりつけ医で検査したら、バッチリA型が出た。
その場でリレンザを一回分吸引して帰った。

夕食を食べる頃には、顔は真っ赤だった。
熱は39度近くまで上がっていた。
眠いというので、水分をたくさん飲ませて寝かせた。
普段は寝相の悪い娘だが、ピクリとも動かずに眠り続けていた。


朝には平熱に下がり、いつもどおりの娘に戻っていた。
食事もいつもどおり食べる。
娘は食べないだろうと思って少なめに用意していたハンバーグも、私の分を奪って食べ、ケロッとしていた。


リレンザは、こんなに効くものなのか!?


今年の2月、息子がインフルエンザになったときもそうだった。

さして熱もないが念のために検査したら結果が出てしまったので、リレンザを出された。
たしかに一度だけ38度になったが、すぐ平熱に戻り、登校禁止をいいことにゲーム三昧。
「腹が減った」というので、夕食の買い物に出るついでに喉ごしのよい食べ物でも買ってくるつもりが、「唐揚げを買ってきてくれ」と言った。

「唐揚げを食べたがるインフルエンザ患者なんて信じらんねえ〜」
と思いつつ、夕食に一品増えるからいいやと1パック買ってきたら、息子はひとりで全部食べてしまった。



数回リレンザを服用した娘は、今、すこぶる元気だ。
ゲームをしたり、宿題の漢字や計算ドリルをやったり、最近飼い始めた子犬と走り回ったり……。

こんなインフルエンザ患者がいてもいいのだろうか?


インフルエンザをこじらせて苦しんだ経験が二度もある私にしてみれば、リレンザのあざやかな効きっぷりは驚異である。



あのときリレンザがあれば、数ヶ月咳き込み続けて苦しむこともなかったのに……


あのときリレンザがあれば、「あの人、もう長くない」と噂されるくらい、長く寝込むようなこともなかったのに……




リレンザ……恐ろしい子!




(ここに、「北島マヤの才能に嫉妬する白眼の姫川亜弓」の画像が、特大サイズで貼り付けてあると思ってください)



ギョーコ、尻を刺される 

2009年10月21日(水) 22時27分
急に腹が痛くなり、トイレにしばらく座り込んでいたら、急に尻が痒くなった。



容赦ない痒みに少しばかり恐れを感じながらもバリバリ掻きむしっていると、「プ〜〜〜ン」と勝利のラッパを鳴らしながら、やたらデカい蚊が一匹、目の前を飛んで行った。




「犯人はお前か?許さん!」




尻を拭うより先に、コイツに報復してやった。


血だらけになった掌を見て、尋常ではない痒みの理由は納得できたが、それで痒みがおさまるわけでもない。



出すもん出してしまえば、腹の痛みは消えてしまうが、いまだ尻の痒みは消えていない。


とっとと液体ムヒを塗れば済む話だが、バリバリ掻きむしったあとだけに、どれだけシミるかと想像すると、なかなか行動に移す勇気が出ないのである。




がんばれ、私っ!




ギョーコ、●●だから●●●なわけではない 

2009年09月18日(金) 10時06分
湖池屋からカラムーチョが発売されたときは、「こんな辛いもん、平気で売ってる湖池屋は正気か?」と疑うくらい衝撃的でした。

いまでは、激辛スナックというジャンルも確立されて、各社競い合い、えげつない辛さのスナックを開発しています。


湖池屋も黙っていられなかったのでしょう。
『黄金一味カラムーチョ』を出してきました。



この『黄金一味カラムーチョ』は、恐ろしいです。



なにが恐ろしいって……?



無色なのです。



激辛スナックに慣れ親しみ、「赤いから辛い」と思いこんでいる人間の脳に対しての挑戦状としか思えません。


一般的に激辛スナックは、『真っ赤』あるいは『ど緑』ですので、じつにわかりやすく【身の危険】を知らせてくれます。


「赤いぞ!こぼれ落ちるくらい、ハンパなく赤まみれ!」

「うわっ、この緑はなんなんだ!異様な臭気まで放ちやがって」

視覚・嗅覚から入ってくる情報と、記憶している経験から、脳みそは「コイツは辛くてヤバい食べ物」だと予測します。

ところが、この『黄金カラムーチョ』は無色です。
ごくありきたりな「塩味のポテトチップ」と見分けがつきません。


私はしっかり能書きを読み、貴重な黄金唐辛子を使用した限定品と理解したうえで、袋に手を突っ込んで食べました。

かなり辛い味付けです。
旨辛く、いただきました。


もし、この『黄金一味カラムーチョ』になんの警告もつけられず、皿に盛り付けたものを、黙って目の前に出されたら、なんの疑いもなく「塩味のポテトチップ」と思い込んで食べてしまうでしょう。

いくら辛さに耐性のある私でも、想定外の刺激には、かなりのダメージを受けるでしょう。

「赤くないけど辛い」というのを知らないと、とんでもない目に遭う恐ろしいポテトチップです。



「これはこうだから、こうなるだろう」

それなりに長生きしているので、経験から勝手にそう思い込んでしまうことも、多々あります。
それは決して悪いわけではなく、きちんと役に立っていて、それで人間は生きていける面もあります。
ただ、その妙な思い込みに操られ、大きな落とし穴へ突き落とされることも多々あるのです。


騙されてばかりの人生はばかばかしいけれど、疑ってばかりの人生も味気なさすぎに思います。



たかが辛口ポテトチップですが、ふとそんなことを考えさせられた次第です。
もしかしたら、悩める私に、神仏のお導きだったのかもしれません。



まあ、小難しいことはさておいて、『黄金一味カラムーチョ』は期間限定なので、旨辛マニアの方にはお早めに体験していただきたい味です。


そして、これが販売されているうちに、だれかに「塩味のポテトチップ」と思いこませてイタズラをするチャンスに恵まれますようにと、神仏に手を合わせております。




ギョーコ、死にたくないと心から思う 

2009年09月12日(土) 7時33分

ここで、故ギョーコ様のご友人より、弔辞を頂戴いたします。

(ギョーコさんの彼氏が前へ)

ギョーコがもう帰ってこないなんてな…信じたくない…。リンボーダンスで調子に乗ったら、脊椎を骨折したって聞いたよ。そんな死に方ってできるのかよ…。乗せられると勢いつきすぎるタイプなのは知ってるけどな、ここまで馬鹿だとは…。
出会ったころのギョーコは、やけに人見知りしていたし、緊張していたように見えたよ。今は図々しいもんだが、あのころは言いたいことも言えない雰囲気が出ていたよな…。もっと自信を持って男に接すれば今よりモテると思うんだけど、改善されないまま死んでしまったな…。

付き合った当初も、そして死ぬ間際まで、ずっと一貫して「甘えたがり」だったよな…。悪く言えば「依存症」「重い女」ってことになるんだろうけど…。自分が恋愛を引っ張ることもないし、完全に「お客様」状態だし、相手が幸せになるために何ができるかっていう発想はなかったよな…。

おれと付き合っていても、おれ次第、おれのせい、っていうひっつき方をされていたと思うし責任を負わされていたように思うよ…。確かに面倒くさかったし、皮肉や小言ばかり言われた印象はある…。だから…死んでしまっても…すぐそこにいる気がするんだ。毎日のように夢にも出る…なんでもっと会ってくれなかったのって言われて…怖えぇよ…。

ギョーコと一緒にいると、田舎のお婆ちゃんといるみたいだったのに…。
ギョーコのこと…忘れようと思っても忘れられないよ…。強烈なインパクトをありがとう…さようなら…。



続きまして、もうお一方、ギョーコ様のご友人より、弔辞を頂戴いたします。
(ギョーコさんの親友が前へ)


こんな形で会いたくなかっだよ゛…ひっぐ…。リンボーダンスで脊椎が折れたって聞いたよ゛…いつも面白いけど調子に乗りすぎだよ゛…ひっぐ…。なんで笑わせようとすると頑張っちゃうのかな゛…悪いクセだよ゛…ひっぐ…。

ギョーコが天国にいっちゃったって、友達たちには私が連絡したんだよ゛…ひっぐ…。
でもみんな「ナイナイ。ギョーコは殺しても死なないって」って言って信じてくれながっだよ゛…。ギョーコ、女の前では怖かっだもんね゛…誰もギョーコが死ぬなんて思わない゛よね゛…。
ギョーコの元彼にも連絡したんだよ゛…ひっぐ…。そしたらすごく悲しんでいたよ゛…。「生まれ変わったら幸せになれるといいな」ってメッセージを残していたよ゛…ひっぐ…。
おれが幸せにするとは言ってなかっだけどさ…。

私はね、ギョーコの、恋愛より友達とかを優先してくれる゛ところ゛とか、すごく好きだっだよ゛…ひっぐ…。単に恋愛がうまくい゛っでないだけだからかな゛…ひっぐ…。そんなに男慣れはしでない゛よ゛ね…ギョーコ…。
…。ギョーコがいなくなったら、誰が合コンでお笑い担当やればいいの゛…ひっぐ…。困るよ…。

ギョーコと出会えて、損はしながっだよ゛…ひっぐ…。どうもありがとう…さようなら…。



ありがとうございました。謹んでギョーコ様のご冥福をお祈りいたします。


http://choji.hanihoh.com




こんな弔辞を読まれるなら、絶対に死にたくないっ!


100までも1000までも
くそばばぁと呼ばれ蔑まれても
しぶとく生きてやるっ!



こんなん、しょせんお遊びですけどね……


心から『生きていたい』

そう思いました。






【追伸】

リアルギョーコさんは、今、まともに日記もUPできない状況ではありますが、ちゃんと真っ当に生きてますので、どうぞよろしくお願いします。



ギョーコ、息子から十円玉を奪いたい 

2009年08月22日(土) 7時10分


息子がクイズを出してきました。


「この十円玉、マッチに触らず、動かさずに取れたら、かあちゃんにあげるよ」


「道具は使っていいけど、マッチを倒したりしてはダメだよ」


「ピンセットで挟んで取る?
かあちゃん、バカ丸出し!」




なにかしらの道具を使えば、簡単に取れる……
と息子は言いました。


わけがわかりません。



まず、エサが足りません。

置いてあるのが十円玉ではなく五百円玉だったら、
私の脳みそも、もう少し働くと思います。



そこが残念です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:平吉ギョーコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1967年4月8日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
携帯からUPしています。
気が向いたら編集します。
気が向かなければ、そのまんまかもしれません。
そんなテキトーなブログですので
テキトーにお読みください。


【警告】

真面目なフリをしていますが、
この女は『ただのバカ』です。

いいオトナの皆様は
決してマネしてはいけません。

2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ベルト メンズ ブランド
» ギョーコ、名前を考える (2014年03月22日)
アイコン画像iphone5sカバー
» ギョーコ、名前を考える (2014年03月18日)
アイコン画像アイフォン5s ケース
» ギョーコ、名前を考える (2014年03月18日)
アイコン画像ガガボール
» ギョーコ、名前を考える (2014年03月18日)
アイコン画像フェラガモ アウトレット
» 暗闇 (2013年07月25日)
アイコン画像url
» ギョーコ、大富豪の苦悩 (2011年03月24日)
アイコン画像ギョーコ
» ギョーコ、保護責任者遺棄致死未遂? (2010年10月20日)
アイコン画像おばんです
» ギョーコ、保護責任者遺棄致死未遂? (2010年10月20日)
アイコン画像ギョーコ
» ギョーコ、保護責任者遺棄致死未遂? (2010年10月10日)
アイコン画像akibonn
» ギョーコ、保護責任者遺棄致死未遂? (2010年10月10日)
Yapme!一覧
読者になる