恋しい。。

June 24 [Tue], 2008, 19:02
予定が追いつかなくて、帰る日を2週間延ばした。

帰りのチケットキャンセルしちゃった。。

彼に会う日が2週間遠のく。
この間、7月の初めに戻ってきますって言っちゃったよ…。

約1ヶ月会えない。
不安が募ってきた…。
昨日の夜からメソメソしてた。

こんなにも恋しく想ったのは久々。

好きか分からなくなっていた想いが、
3月以前に抱いていた想いに戻ってる。

今なら確実に好きなんだって分かる。

今日はいないって分かってた。
心に穴が空いたような、虚しい気持ち。

会いたいよ。。

少し凹んでたけど、スカッシュしたら気が晴れた。

まだまだ頑張れる。

8月末に告白するつもりだった。
去年、彼を好きになるきっかけになった日に、
終わらせるつもりで。

9月末には東京戻るし、ジムも退会するから、
丁度いいかなって。

でも、7月に戻ってきたら伝えようかな…。

気まずくなるかな…。

せっかく素の自分を出せるようになってきた。
たくさん話せるようになってきた。

告白しなければ、まだまだ仲良くなれる?

でも……。

東京でゆっくり考えよ。
たくさん、たくさん悩んで、
次に、彼の顔を見た時に答えを出す。

頑張る。

June 22 [Sun], 2008, 23:38
土曜日、自分から話しかけに行こうって決めてた。

本免、合格したこと伝えたかった。

でも、やっぱり臆病者。
遠巻きに何度か会釈はしたけど、
彼の元には行けなかった。

スカッシュコートに向かってたら、追いかけてきてくれた。

試験どうでした!?って。

そんなこと初めてだった。
嬉しかった。

来週の水曜から10日間、東京に戻ること伝えた。

来週の火曜日、別の仕事が入ってて、
ジムの仕事はお休みするんだって。

会えるのは今日がラスト。

『淋しくなります。』

意外だった。
そんな事言ってくれた事なかったから…。
たった10日間だよ。

驚いて、嬉しくて、笑ってごまかした。

今までで一番嬉しかった言葉をくれた、
お正月明けの、あの日の事を思い出した。


スカッシュ終わって帰る時、
ジムから彼が出てきてくれたけど、
振り向けなかった。

階段を一段降りて、私のこういう所がダメなんだよ!
って、彼の方振り返った。

こっち見ててくれてた。
笑顔で頭下げた。
しばらく会えないんだもん、
ちゃんとアイサツできて良かった。

彼の最後の笑顔が嬉しかった。
ずっと目に焼き付いてる。

木曜日以来、やっぱり何かが変わった。
お互いに。

もっと、もっと仲良くなりたい。

告白するまでの2ヶ月間、
まだまだ頑張る。

転機。

June 22 [Sun], 2008, 22:48
木曜日、あんなにたくさん話せたのは珍しかった。

彼のこと、誤解してた。

真面目で、不器用な人だということ、
どうして今まで気付かなかったんだろ。

プライベートな彼は、私とは正反対で、
合うはずがない。
自分とは違うタイプの人間だと思ってた。

実は、人見知りで、喋るの苦手。
人と打ち解けるのも苦手。
少人数が好き。

彼が、私とは同じニオイがするって言ってた。

同じだった。
すごく嬉しかった。
安心した。

自分とは正反対。
彼を遠い存在に感じる一番の理由はそれだった。
壁がはがれた気がした。

今まで謎だった彼の行動が、
やっと理解できた。

喋るの苦手なのに、
私が、話しかけてくれるのが嬉しいです。
って言ったから…。

頑張ってくれてたんだね。
だから、話しかける時に小細工してたんだ…笑
偶然を装わないと話しかけられなかったのね。

私の気持ちを知って、天狗になって、
面白がって話しかけてるんだと思ってた。

彼はちゃんと私の行動に応えてくれてたんだ。
私の気持ちを汲んでくれてた。

私の気持ち分かって、裏で笑ってると思ってた。

彼は、人の気持ちを振り回すようなこと、
絶対にする人じゃない。

この日を境に、何かが変わる気がした。

過去。

June 22 [Sun], 2008, 20:43
2週間以上会ってなかった。
最後に気持ちが冷める出来事があった、あの日から。

もうジム辞めてもいいかなって思ってた。

でも、やっぱり引き戻された。

彼の行動は不可解で、ズルイ。
人の気持ちを平気で振り回すような人なの?

なのに、想いを絶てない自分が悔しくて涙が出た。


先々週の土曜日、16日ぶりに会った。
彼と全く目合わさなかった。
わざと、避けて逃げた。

会わなければ、話さなければ、終われるから。
そう思ってた。

本当にこれでいいの?

何度も自分に問いかけた。

アイサツだけでも…って、
いつものラウンジに行ってしまった。

やっぱり来てくれた。

でも、恋はもう過去のことのように感じた。

恋はとっくに終わっているのに、
ただ、好きだった気持ちを忘れられないだけ…?

知らない顔。

June 05 [Thu], 2008, 22:35
夜のジム。

お昼間とは違って活気付いてた。
人も多くて、年齢層も若い。

夜のジムのお仕事は忙しいんだろうなぁ。
やることも多いだろうし、若い人多くて、
お昼間よりもお仕事楽しいんだろうな…。

彼はいない日だったけど、
夜のジムでは私の知らない
彼の姿があると思った。

夜には彼のレッスンもあるし。。

他のインストラクターさんのレッスン眺めて思った。
私みたいに、スタッフさんに
想い寄せてる人いるはずだよね。

彼がすごくすごく遠い存在に感じた。

あの空気、イヤ。。
複雑な気持ちになった。

まだ、好きなんだ…。

もう、新しい恋でしか誤魔化せない。
諦めるため、忘れるために。。

ただ、今誰かに恋しても意味ない…。

夏休み明けたら東京戻って、
来年の4月からは地元を離れて、
大阪行く決心をした。

だからジムも辞める。

もう、彼中心の生活を続けてくのは終わり。

福岡にも、東京にも、大阪にも、
留まることができない私。

いつ、どこで恋をすればいいの?

夏休み後も好きでい続けたら、、と思うと…。
去年と同じ…怖い。

顔を見ると、好きな気持ちが戻ってしまう。

もう、会わない方がいいのかもしれない。

心変わり。

June 04 [Wed], 2008, 6:32
思わせ振りな発言も、態度も、行動も、
彼にとっては普通の接し方。

そう思うようにしたら、すごく楽になった。

嬉しいこと、悲しいことが1/10になって、
好きなのか分からなくなってしまった…。

ジム行くと会いたくて、
顔見ると切なくて、
話せると嬉しくて。

でも、前とは違う…。

自分の中に色んな矛盾があって、
それはきっと、失いたくないものがあるから。

失いたくないのは彼じゃなく、自分の気持ち。

あの人の突き放しては、
また寄ってくる態度に疲れちゃった。

色んな出来事が重なって、
一気に冷めた。

それに、やっぱり合わない、私たちは。。


私は、まだ他の誰かに恋をするつもりみたい。

他の誰かを好きになることができるって分かった。

ショックだった。

背が高くて明るくて優しくて面白い人なら、
誰でもいいんだ。

なのにまだ、彼のこと毎日考えてしまうのは、
どうしてなんだろ。。

一つだけはっきりした。
私は本気で人を好きになることができない。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:sakura
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング
    ・スポーツ-ジョギング、スカッシュ
    ・コスメ
読者になる
絶対に叶うはずのないと思っていた、辛かった片想いの日々から想いが叶った今日までのことを綴っていきます。
一年越しで叶った恋には、障害がいっぱいです。
未だに前途多難な毎日です。
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ