「iPhone 7」で6/6sのケースは使えるのか? 実機で検証

September 30 [Fri], 2016, 23:10
「iPhone 7」で6/6sのケースは使えるのか? 実機で検証
「iPhone 7」にiPhone 6/6s用ケースを装着
 いよいよ9月16日に発売となる「iPhone 7/7 Plus」だが、iPhone 6/6sユーザーはこれまで使ってきたケースをそのまま使えるか気になるところだろう。実際にiPhone 7のジェットブラックに昔のケースをはめてみた。
ルイヴィトンiphone7ケース

【画像】最も気になる底部

 今回使用したのは、AndMeshのiPhone 6s/6ケース「AndMesh Mesh Case」USAモデル。ポリカーボネートほど硬くなく、シリコンほど柔らかすぎない手触りの「日本製エラストマー」を使用しており、ホールド感に優れている。
iPhone7ケース

 iPhone 7とiPhone 6sのサイズは67.1(幅)×7.1(奥行)×138.3(高さ)mmと全く同じで、重量はiPhone 7の方が5g軽い。ケースを装着してみると、サイズ感はぴったりだ。
グッチiPhone7ケースしかし、iPhone 7は機能面、デザイン面で大きな変化を遂げている。問題はないか、1つずつチェックしていこう。
グッチiPhone7ケース

●イヤフォンジャックが廃止された底部

 右側面に電源キーとSIMスロット、左側面にサイレントスイッチとボリュームキーがあるのは変わりないが、底部は大きく変わっている。イヤフォンジャックが廃止され、Lightning端子の両隣にスピーカー穴が空いている。
ルイヴィトンiphone7ケース

 6/6s用ケースでは、3.5mmイヤフォンジャック、Lightning端子、スピーカー用の穴がそれぞれ空いているが、両端のスピーカーを最大限に活用するには十分とはいえないだろう。

●カメラ穴が鬼門

 iPhone 7では、カメラ機能が大きく進化した。
マイケルコースiphone7ケース光学式手ブレ補正(静止画と動画)に対応し、F値は2.2から1.8になり、iPhone 6sよりも取り込める光量が最大50%アップした。フォトライトは「クアッドLED True Toneフラッシュ」に進化し、iPhone 6sより50%明るく発光する。
シャネルiphone7ケースフォーカスの速度も上がり、ローカルトーンマッピングとホワイトバランスも強化された。

 実際に背面を見ると、ケースの穴に大型化したカメラが重なっていることが分かる。
シャネルiphone7ケースもっとゆったりしたカメラ穴を持つケースもあるかもしれないが、これでは普段使いは難しい。デュアルカメラを採用したiPhone 7 Plusなら、なおさらだろう。
グッチiPhone7ケース

 電波干渉を防ぐ樹脂のライン、通称「Dライン」もなくなったが、こ米携帯電話通信のTモバイルUSとスプリントはアップルの最新スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」について、前モデルの4倍近い予約を受け付けている。新機種と、通信事業者が提供する無制限のデータプランが人気を集めているもようだ。
ルイヴィトンiphone7ケース

Tモバイルのジョン・レジア最高経営責任者(CEO)によると、iPhone7の予約は同社としてこれまでで最高水準。同CEOはベライゾン・コミュニケーションズとAT&T、スプリントの大手3社から乗り換える加入者がいるとも述べた。
シャネルiphone7ケースTモバイルは4日間、スプリントは3日間での予約について明らかにした。

iPhoneは売上高の約64%を占めるアップルの主力製品。
シリコンiPhoneケースヘッドフォンジャックがないことについての賛否両論や、アップルが既に3四半期連続の減収見通しを示していることなどで不安が広がっていたが、新モデルの好調な滑り出しはこれを打ち消す朗報だ。アップルは今回、発売後最初の週末の販売台数を発表しないとしており、通信事業者からの情報が注目される。
シャネルiphone7ケース

ロングボー・リサーチのアナリスト、ショーン・ハリソン氏は「iPhoneの売り上げについての明るいデータだ」と述べ、「これまでの例では、iPhoneの販売台数はアップルの株価と連動する」と付け加えた。

ベライゾンとAT&TでのiPhone7予約について、両社に電子メールでコメントを求めたが今のところ返信はない。
ルイヴィトンiphone7ケース

原題:IPhone 7 Orders at T-Mobile, Sprint Jump Over Earlier Models (1)(抜粋)

スプリントについてやアナリストのコメントを追加します.れはあまり大きな影響はなさそうだ。

●iPhone 7のケースを見てみよう

 今度はApple純正の「iPhone 7レザーケース」を確認してみよう。
シャネルiphone7ケースアウトカメラ用の穴が大きく、底部は完全に切り抜かれた状態になっている。ケースを使い回す際にチェックしたいのは、やはりカメラ部分と底部。
グッチiPhone7ケースほとんどの人が、iPhone 7用ケースを新たに購入することになりそうだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eduyhrf
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gykygf/index1_0.rdf