アスベスト入りのスレート材

April 19 [Fri], 2013, 8:26

 薄型化粧スレート(通称:スレート材)の原型である、化粧薄型石綿
スレートの歴史は、明治37年(1904年)に始まります。 初めは外国から
輸入され、国内では大正3年(1914年)石綿が入った小平板の製造が開
始されました。

約100年間続いたアスベスト入りのスレート材ですが、1986年、ILO条約
に沿って,クロシドライト,アモサイトの使用禁止,2003年にはついに2004
年10月から石綿(アスベスト)が重量で1%以上含有する製品の製造・
輸入・譲渡・使用を禁止することになった。

現在は、屋根材、壁材、吹付製品各社は、スレート材全製品のアスベスト
含有量をゼロとし製造しています。

具体的な禁止石綿製品は,@石綿セメント円筒,A押出成形セメント板,
B住宅屋根用化粧スレート,C繊維強化セメント板,D窯業系サイディング
Eクラッチフェーシング,Fクラッチライニング,Gブレーキパッド,
Hブレーキライニング
I接着剤の10品目である。

また、石綿製品製造メーカーは、その代替品として、いろいろな代替繊維
を開発しているが、独立行政法人産業医学総合研究所の神山宣彦によると


現在まで知られている石綿代替繊維の中に石綿のように多くの優れた
性能を持ち安価な繊維は見当たらない。したがって,それぞれ物性と
生産量,価格が多様なため用途ごとに単独または複数組み合わせた
使い方が必要であろうと述べています。

屋根材料としての、スレート材ですが、現在も石綿より安全で、安価、
高い生産性の製品は、出てきていないのが現状です。

さる大手スレート材メーカーは、この新材料の開発を諦め、スレート材
の生産から完全撤退してしまいました。 

*******  マンションの修理、改造、リフォームの費用
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gyeush498
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gyeush498/index1_0.rdf