逆流性食道炎 ゲップ 止まらない

May 17 [Tue], 2016, 11:17
薬の副作用に悩まされることなく逆食の症状を根本的になくしてくれる福辻鋭記さんの逆食改善プログラムを実際に試した人たちの体験談を紹介します。


本当にこんなことは今までなかったのでびっくりしました。

逆流性食道炎の辛さから開放されて、とてもうれしく思っています。

まだやり始めですがだんだん食欲も出てきました。

逆食とサヨナラできる日も近そうです。



こうした声にある通り、どれだけ病院に通っても、何人もの先生に診てもらっても逆流性食道炎が改善しないのであれば、病的な要因で逆食が起きている線は捨てるべきです。

胃酸過多とか潰瘍とかそういった要因ではなくて、福辻鋭記さんの逆食改善プログラムにある通り、物理的に消化器官がダメージを受けていないか?を考えるべきです。


体がゆがみ始め、その歪みが消化器官周辺の筋肉に負担を与えることになれば当然、筋肉に常に力が入り続けることになり、どんどん硬直化していきます。

胃の周りの筋肉が凝り固まることによって、たとえて言うならば、胃を手で握って押しつぶすような感じになります。そんな状態で胃が本来の働きができるわけがありません。


むしろ周囲の圧迫になんとか抵抗しようとして、外側に向かって力を加えるような感じになります。この抵抗の副作用として胃酸が食道へと漏れるような結果になっているわけです。

ちなみに食べ物が飲み込みづらくなるのも結局、食道周辺の筋肉が硬直することによって、食道が捻じ曲げられてしまうからです。


逆食でよくある症状がなぜ発生するのか?を考えてみると、福辻鋭記さんの逆食改善プログラムにある通り、食道や胃が本来の形・位置を保てなくなっていることが考えられます。

あなたも1日20分でよいんです。それだけの時間を使って体の内側で起きている筋肉の硬直や体のゆがみを取り除いていけば、逆食なんて簡単に取り除くことができますよ。

胃カメラやスコープを飲み続ける日々はさっさと終わりにして、趣味にも仕事にも全力で打ち込めるようになるにはこちら






大滝保
藤井聡

逆流性食道炎 繰り返す

May 17 [Tue], 2016, 11:15
気持ちよく体を曲げ伸ばししていくだけで、逆流性食道炎のあのつらい症状がみるみるなくなっていく福辻鋭記さんの逆食改善プログラムとは、
実践した人のなんと90%以上が効果を実感しています。DVDで福辻鋭記さんが指導する通りに体を動かしていくだけでよいんです。


声帯に関する技術や知識は一切ありません。あなたに必要なのは1日20分の時間と畳1畳分くらいのスペースだけです。
苦しい思いに耐える必要もないし、痛みの伴う姿勢を続ける必要もありません。それこそラジオ体操感覚で体を動かしていくだけです。


体力を激しく消耗するわけでもないので、疲れて帰ってきたときにも福辻鋭記さんの逆食改善プログラム程度の運動なら、別に「やるぞ!」と気合を入れなくてもすぐに取り組めます。

むしろ、ストレッチによって体のゆがみがなくなっていけば、体が内側からポカポカしていくので、冷え性がなくなり眠りやすくなるはずです。


何よりもうれしいのは返金保証がついている点です。90%以上の逆食を改善してきたとはいえ、あなたが実践して確実に効果があるとは断言できません。

福辻鋭記さんの逆食改善プログラムを実践するにあたっては、少なくとも副作用が生じる危険はありません。つまり「効果があればラッキー」くらいの感覚でやり始めてもOKです。


あなたも早ければ1週間くらいで気持ち悪さが抜け始め、そのままのペースで下のような結果を手に入れるチャンスが今目の前にありますよ。


胃が軽くなる

健康で丈夫な胃が手に入る

毎週のように薬を飼いに行く必要がなくなる

ものの飲み込みづらさが無くなる


逆流してきた胃液のせいで夜にたたき起こされるのは今日で終わりにして、旅行先で食べ歩きできるようになるにはこちら



中村祥
論文式試験専用記憶術

逆流性食道炎 胸痛 対処

May 17 [Tue], 2016, 11:13
ご飯を食べた後は必ずと言ってよいほど吐き気がするものの、かといって空腹になっても吐き気に襲われ、逃げ場のない思いでいたとしても、
苦しい思いにひたすら我慢することなく、ご飯を目いっぱい食べても全く吐き気のしない健康な胃腸を手に入れることができます。

酸っぱいものが口にこみ上げることはしょっちゅうで、朝起きてから夜寝るまでずっと胸がむかむかして気持ち悪い状態が続いていたとしても、
どこかに診察や胃カメラを受けに行くことなく、今まで食べたことのないものにもどんどんチャレンジする意欲がわいてきます。



ちょっと想像してみてもらいたいんですが、もしあなたの体の中で、食道や胃がねじれていたらどうなると思いますか?
ねじれているということは当然、その中の空間が狭まります。すると当然、その中を流れる食べ物の移動はぎくしゃくするし、胃の中に入る食べ物の量も減るでしょう。


逆食特有の症状として、食べたものを飲み込みにくくなったり、なんとなく食べる量が減るも結局、物理的に消化器官の形が崩れている影響が考えられ、その兆候がもろに症状となって現れます。
胃や食道、そして腸の形なんて、手術で治るようなものではありません。周りにある筋肉や内臓などによって押し合うような状態になっているからです。


福辻鋭記さんの逆食改善プログラムではその点、内臓を圧迫するような筋肉のコリをほぐしたり、体のゆがみを強制していきます。
胃腸や食道などには直接的に何か対策をするわけではないものの、早い人だと1週間くらいで体調がよくなっていくのを実感できます。

どんなに体がゆがんでいたとしても、日常生活のちょっとした間違った姿勢によるものであれば、整体の技術によって矯正することができます。

何も体中の関節をバキバキにへし折っていくような大掛かりな施術をしなくとも、家でできる簡単なエクササイズ程度で歪みを取り除くことができます。


胃腸に負担をかけるような歪みもなくなり、筋肉のコリも解消されていけば、胃は本来の形と位置を取り戻し、正常に機能できるようになります。

消化器官さえきちんと機能するようになれば、いくら病院通いを続けても治らなかった逆食なんて、簡単に克服することができますよ。

ゲップが出そうでもやもやした感じを引きずるのは今日で終わりにして、旅行に行って現地の名物を心から楽しめるようになるにはこちら





倉木真二
園部大介