ネットオークション

2008年12月02日(火) 18時13分
1番気に入っていた高いレンズを処分してしまった。
理由は、間近に控えた個人撮影において、モデルの女の子により高級なディナーをご馳走したいからだ。
お前はそんなに見栄を張りたいのか。歳食ったな。
まあ色々と思うとこはあるが結果良しと思っている。
売ったものも、まだまだ中古市場では手に入るものだし挽回は出来る。
何よりもカメラ屋で24000しか査定付けて貰えなかったのが
オークションで70000になったのだから。
文句は無い。
と言うか中古業者は儲け過ぎ。
それとも高級機材は暗にオーバーホールしてから値段つけてるのか。
まあ、それなら買い取り価格も多少納得出来なくも無い。
最近見つけるレアモノな中古で何でこんなに状態いいの?と
思うものが少なく無いし。
どうもカメラ・レンズの中古市場の仕組みは分からない事が多い。
それにしてもオークションは最強。
業者の相場が高いから買う側にもメリットあるし売る側も納得してしまう。
業者の相場に躍らされてるだけかも知れないが…それにしても
モノを売るにはやっぱりオークションが1番、と最近単純にそう思いはじめました。
でもあんまり安いものを安く売りたくは無い。
私の経験では安い金額だと買う方も普通の商品感覚になり
我が儘になるしケチもつけてくる人間が多い。
やはりそれなりの額を出して取引すれば、満足感もそれだけで満たされるものなんだと思う。

夢と記憶

2008年12月01日(月) 19時54分
私は、10台後半くらいからよく昨晩見た夢を覚えている。
しかもそれはいつも鮮やかにイメージとして覚えているらしく
内容については一貫性の無い支離滅裂でストーリー性の無い抽象的なシーンばかりだが
たとえばキーワード的な短文を雑記帳に書いておくだけで
そのイメージが20年前の夢でも鮮明に浮かび上がる。
それが何か面白くて、昔から夢を見る度に雑記帳に書いている習慣があった。
一回の夢につき最大でもノート5行程度の覚え書きではあるが、
それでもこの20年でノート数冊分貯まった。
夢の数にして2000くらいか。
今読み返しても本当にイメージすら忘れてしまったものもあるが、
六割方はランダムにイメージが浮かぶ。
これは、珍しくも無い事なのだろうか?
話しのネタにするにもあまりにもしょぼいので、今まで誰にも話す事は無かったが。
ここ二年くらいはまったく夢を覚えてる事は無かったが、
最近また同じ様に夢をイメージして目覚める事が増えた。
今は雑記帳でなく携帯電話のメモ帳に書いてるが…
もともと眠りが浅いのだろうか。
そろそろ本気で自分の脳がいつか疲れて死んでしまうのでは、とか心配する様になった。
フロイトだかユングだったか忘れたが、夢は自分の記憶を再構築されて作られる
無意味な現象に過ぎないとか言ってた気がするが、私はそうは思えない。
多分、夢のイメージとして構成する材料を人間の記憶の中から使ってはいるが
何か、別の世界のどこかからの信号を拾って受信しているのでは、と感じる。
だから人によって全く違う夢でもそれは材料が違う為で、
実は同じ夢の信号を拾って記憶からイメージを作っているのかも知れない。
ドラえもんの不思議道具に、「夢テレビ」なんてのがあったが、
夢のイメージを映像化してみたいとは思っている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gyahaaaa
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる