うつ病とその原因は?

April 22 [Mon], 2013, 10:28
神経伝達物質のアンバランスがうつ病の要因になっているといった考えについて「セロトニン不足でうつになる」という話を聞いたことがある人は多いと思います。神経伝達物質のアンバランスと言えば、大抵はこれを指しているようです。うつ病は、極端にセロトニンの分泌が少なくなって現れる病気です。

うつ病とパニック障害ブログ
太陽の光に当たることなく、適度な運動もしなかった場合、極端にセロトニンの数が減少してしまいます。うつ病の症状を改善させたい場合には、セロトニンの数を増やせばいいのです。ただし、うつ病になった原因は、セロトニンの減少のみではない場合もあります。セロトニンが増えることが、抗うつ薬の作用に関係があることは、おそらく間違いないと考えられる。セロトニンを増やす多くの薬に、抗うつ作用があるし、動物実験では、抗うつ薬を与えて1時間もすれば、脳内でしっかりセロトニンが増えているからなのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みき
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gy57kmn24k/index1_0.rdf