GWR73sdの通信販売情報 

2012年09月19日(水) 23時06分
GWR73sdを購入されるなら、
Amazonがオススメですよ。

店頭よりもインターネット通信販売の方が、
安く購入できてお得感がありますよね。

また、Amazonは商品の発送が速いので、
手元にすぐに届くのも魅力ですね。

商品を注文した後や発送後に連絡が来るので、
確認が取れるのも嬉しいポイントです。

意外とかかる送料もAmazonの通常配送なら
送料無料でオススメですよ。

よろしかったら、どうぞ一度ご覧下さいね。

⇒ユピテルのGWR73sdについて、こちらからどうぞ。

アマゾンで安くGWR73sdを入手するには 

2012年09月19日(水) 23時07分
GWR73sdを扱っている出品者や販売店が
アマゾンで複数ありますよ。

同じ商品であっても出品者や販売店で値段が違うので、
その中から最安値を選べれるのがアマゾンの魅力ですよね。

複数の出品者や販売店からは、値段だけでなく、
発送の期間や送料代など様々です。

値段以外でも、商品が手元に届くタイミングや
送料代などから比較したり検討するのが便利ですよ。

GWR73sdも
値段や送料代、商品が手元に届くタイミングで
複数の出品者や販売店から選択できますよ。

よろしかったら、どうぞ一度ご覧下さいね。

⇒GWR73sdの出品/販売情報について、こちらからどうぞ。

アナウンスが楽しいGWR73sd 

2012年09月19日(水) 23時07分
レーダー探知機の買い替えで
ユピテルのGWR73sdを購入された方の
レビューを紹介しますね。

(ここから)

以前使っていたレーダー探知機からの買い替えで、
ユピテルのGWR73sdを購入しました。

この探知機の取付は、5分で行えましたね。

GWR73sdはタッチパネル式のディスプレイで
スマートフォンの感覚ですね。

このレーダー探知機には必要な機能が入っているので、
このまま使い続けようと思います。

以前のレーダー探知機が古いので、
GWR73sdの感度は圧倒的に良いです。

また、この探知機は取締に関する情報が多いので、
アナウンスが常にあって楽しいです。

ユピテルのGWR73sdは、
これまで使っていたレーダーの半分程度の値段だし、
ナビよりも楽しいので満足しています。

この探知機からの情報に夢中になって事故を起こさないように
注意しておかないと思いますね。

(ここまで)

【著作権上の問題により、コメントは意味を変えず
書き直しさせて頂いています。】

⇒ユピテルのGWR73sdの他のレビューについて、こちらからどうぞ。

3つのインターフェースを持ったGWR73sd 

2012年09月20日(木) 0時00分
ユピテルのGWR73sdは3つのインターフェースで
使用状況に合った使いかたでできますよ。

1つ目は、タッチパネルです。

直感的な操作ができるタッチパネルなら
ふと思いついた時にすぐにアクセスできますよ。

2つ目は、タッチスイッチです。

ユピテルのGWR73sdは運転中に使用頻度が高い機能を
すぐに操作できるようになっています。

ボリューム調整やミュート、地点登録、
待受変更などが用意されてますよ。

3つ目はリモコンです。

GWR73sdの全ての操作がリモコンから行えますよ。

レーダー探知機の操作が、
運転席以外の場所から操作することができますよ。

車種によってもレーダーの取り付け位置が変わるので、
それに合わせて操作方法を選ぶ使い方もありますよね。



⇒3つのインターフェースで操作性が向上したGWR73sdについてはこちらです。

準天頂衛生に対応したGWR73sd 

2012年09月21日(金) 0時00分
ユピテルのレーダー探知機は、
GPSを使って位置情報を取得してます。

GPSからの信号を受け取って位置を特定するのに、
最低でも4機の衛生からの信号が必要となります。

けど、都市部や山間部などの場所によって信号が受け取れずに
位置を特定することができないことがあります。

そこで、ユピテルのGWR73sdは、
日本上空に留まっている準天頂衛星からの
信号を使うことで確実な位置の特定を行います。

現在、準天頂衛星「みちびき」からの信号を使ってますが、
打ち上げ予定の2機目の衛生にも対応済みです。

さらに、ユピテルのGWR73sdは、
GSP測位をこれまで1秒で1回だったものを
1秒間に2回にしています。

測位回数が増えたことで、高速走行時での安定した警報や
加減速時のスピード表示がより実際のものに近づきました。

確実な受信と高精度な警報を実現したレーダー探知機が、
ユピテルのGWR73sdです。

⇒ユピテルのレーダー探知機のGWR73sdの特長についてはこちら。