保険もあります

April 22 [Sun], 2018, 21:39
引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。住民票の移転などの役所に届ける手続き以外にも、例えば、契約をしている新聞があったらそして、銀行など金融機関の口座の住所変更もその他にも、保険もあります。住所変更をしておかなければならないことがあります。一口に、保険と言っても、生命保険、自動車保険ですが、その他にも、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、そういったものも、全部住所変更の手続きが必要になりますね。引越しの手続きでは、郵便局への連絡も大切です。郵便局に引越しをすることを伝える転居届けを出しておけば、旧住所宛の郵便物が送られてきた場合には、一年間、自動的に新しい住所に配達するようにしてくれますので、とても助かりますから、忘れずにやっておく必要があります。携帯電話の契約も住所変更をしておく必要がありますし、インターネットの回線も早めに移転の手続きをしておくことで、入居をした日からインターネットを使えるようになりますので便利です。
実際に引っ越しをする日になりますと、引越し業者の人が主にやってくれますが、自分たちは、それなりにやることはいろいろとありますね。まずは、引越し業者に適切に指示をすることで、運搬作業もスムーズに進みます。特にば大きな家具などは作業前を始めるに、どこに置くのか配置図などをつくって伝えておくことで、スムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、また、図に描いておくということまではしなくても、作業をすながら適切に指示をしてやることによってスムーズに作業が進みます。引越しの当日は引越しが無駄なく進むように、まずは当日のスケジュールや終了時間の確認、大きな荷物の搬入経路、運搬方法の確認などをしておけば、段取りよく作業を進めることができます。万一特殊な荷物を運搬する必要があるある場合には、引越し業者に前もって聞いておいてその引越し業者で運べない場合は、他の業者を手配しておく必要がありますのでそちらも引越しの当日までに手配しておく必要がありますね。引越しの当日は運んでもらえばそれで終わりだと考えている人もいるかも知れませんが、実は引越しの当日もスタッフにいろいろと指示を出したりといったように、引越し作業がはかどるように引越す人もスタッフを手伝う必要があるので何かとたいへんだと思います。
引越をする際の荷造りについてなのですけれど、最初に荷造りといえばやはりダンボールですが、ダンボール箱を使う場合には重いものを中に入れる場合は、底が抜ける心配がありますので、四辺を互い違いにしてはめるのはその危険性が高いので止めておくべきだと思います。底の部分にもテープを止めて側面との固定もしっかりテープで固定すれば荷物が重たい場合では、底が抜けにくくなるのではないでしょうか。引越しの荷造りをする場合には順番も考えておきましょう。毎日使っているような日用品などに関しては、一番最後に荷造りをしなければいけませんし、荷解きをするときにも最初に開梱できるようにしておかなければ困ります。荷物の梱包に取り掛かるときは季節外れの洋服や衣類など使ってないものから先に荷造りをしていくことが大切です。そして荷造りをした後のダンボールには何が梱包されているのかを書いておきましょう。荷物を開ける際にすぐにわかるようになりますし、あと、どの部屋に運びこむのかも記載しておきましょう。それによって引越しがスムーズに進みます。重たいものは小さ目の箱に入れるように心がけましょう。重たい荷物は大きな箱に入れてしまうと運びにくいですから、小さ目の箱に入れて運ぶのがおすすめです。家電などのコードがついている荷物はぶらぶらしないようにテープなどで固定しておくと、運びやすくなりますのでやっておきましょう。
甲府 高崎 引越し