糖尿病看護のツボ

December 16 [Mon], 2013, 16:50
糖尿病に対する運動療法として、手軽に取り組めるものは「ウォーキング」や「散歩」です。
糖尿病は遺伝因子と環境因子というふたつの原因に分けることができ、ここでは前者の遺伝因子の場合を扱います。
注意したいことは、運動をしている時に低血糖になってしまうということです。
糖尿病の看護では食生活の規則性を気に掛ける必要があり、もし規定をはみ出すようなら運動によって摂取エネルギーに帳尻を合わせるという方法もあります。
治療や看護をするにあたっては、病気のタイプだけでなく膵臓の状態、肝臓の状態などもしっかりと把握する必要があります。
糖分を豊富に含んだお菓子を食べると、血糖値を急激にあげてしまい、その後急激に下がって血糖値を不安定にさせます。
将来的に再び糖尿病になる可能性が高いため、出来れば出産後も定期的に血糖値を測りましょう。
また随時血糖をはかる方法もあります。
当然細く脆い毛細血管はこうした変化に敏感で、血流が悪化し、毛細血管が運んでくる栄養や酸素が不足しがちになります。
糖尿病の看護で気をつけなければならない感染症
糖尿病の看護のうんちくを語る
糖尿病の看護求道
糖尿病の看護ならお任せ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gweojhtq
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gweojhtq/index1_0.rdf