角谷で橋田

May 05 [Thu], 2016, 16:37
だんだんと冬に近づきつつありますが、最近は特に急激に寒くなっています。それで夏の間は暑くて食べることができなかった熱いもの、味噌汁、お鍋、スープにシチューなどの食べ物ですが、逆に今くらいの時期には、そこまで具の入っていないような質素なものでも、ホットな食べ物は、ご馳走のように感じてしまいます。ともかく三度の食事は温まるもので、温かい汁物の必要性が増します、しかし単純に野菜炒めなどを出来立てだとしても、温かいものを食べるというだけでは、体が温まらないので、おかずでいっぱい温かい水分を取りたいのです。
それで毎日、お鍋ばかり食べる日が続いています。毎日お鍋では飽きるはずなのですが、どうしてか、野菜などの具材が同じものであっても、出汁と鍋の種類が違ってると、いつも違うおかずを食べているように思えるのです。お鍋の命は出汁なので、毎回味が変わることで、昨日とはまるで違うおかずとして感じられます。今日のお鍋がしゃぶしゃぶなら明日はちゃんこ鍋、その次はトマト鍋やすき焼き鍋といった感じに、味のベースが別のものになるだけで、
同じ具材を使っていたとしても、ご馳走みたいに見えてきます。肉系は豚と牛、鶏、魚系は、たらの身です。野菜類は白菜、えのき、長ネギ、そして、麺類のうどんといった感じです。これらの材料を大量に買い込むと、お鍋ばかりなので当分は買い物に行かなくても大丈夫なのです。そして、これからさらに寒くなるので、こんな感じで毎日のようにお鍋ばかり作ることになるでしょう。数年前に飼うことを決心したことを本当に良かったと思います。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gwenuca1tmn1nz/index1_0.rdf