レオパの飼い方

February 02 [Tue], 2016, 20:52
ヒョウモントカゲモドキの保温はパネヒ何とかなります。ですが、人間でも寒い季節のときはそれだけだと心もとないのが正直なところだったりします。
だからこそ、冬季の対策法に愛用され解決できる器具として使えるのが今日紹介する暖突という名前の加温商品です。
暖突を使用することで寒いシーズンでも生体に影響を与えず安心して過ごすことができちゃったりします。ところで暖突(だんとつ)がレオパードゲッコーを飼ううえで結構、値段の張る商品になる気がします。
楽天やamazonなどで中古でそれなりに安く落札できますが、動くかも分からければ、終生飼育まで持つものなのかも分からず仕舞いで不安があります。私はやめておいたほうが無難に思えます。
爬虫類が好むシェルターは、ヒョウモントカゲモドキがお家として使えるものという役割を果たせば何でも構いません。シンプルになにか置けば良いのです。安心して休めるものがないと安心し切れず餌を食べなくなることがあります。
飼育ケースを用意する上で重要なことがあります。コツというほど大層なことではありませんが・・・。生体が逃げ出さないように、生体の力で簡単にフタが開いてしまわないようなプラケースにしましょう。これはヒョウモントカゲモドキ飼育の基礎中の基礎です。
ヒョウモントカゲモドキの適温はざっくり言うと24〜31度あたりですが、飼育ケース内には上げ下げの出る箇所を用意してあげるのが理想的かもしれませんね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gvlptri0nwseew/index1_0.rdf