身長アップ↑モデル伸長法の口コミと川島なお美 シャンペン5 

2013年02月28日(木) 21時09分
どーもこんにちは^^


身長アップ↑モデル伸長法レビュー特集中です(^^)
↓↓

身長アップ↑モデル伸長法特典付きサイトはこちら


身長アップ↑モデル伸長法の口コミは本当でした。
川本 彩さんがリリースした情報教材身長アップ↑モデル伸長法を
超お得な特典付きで人数限定にて
お届けしています。


※あなたの生活を劇的に変えるサイトに出会えます。
3段階先のリンク先サイトを必ずチェックして下さいね(^^)


購入前はまあ色々でしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

身長アップ↑モデル伸長法特典付きサイトはこちら


悔しいです、金無い、結婚出来ない、せどりで見返してやります。


『皆さんも必ず作れます、簡単ホームページ作成』


簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


けさのブレックファーストはほっかほかのごはんと、塩鮭と豆腐とえのきのお味噌汁

朝の定番メニューです。



今日は7分で食べ終わり、9時ジャストに自分の家を飛び立ちました



普段と違うデイリーストアに入店して、コカ・コーラを購入しました^^



普段通り。これが大事。。



現場について、日課であるポータルニュースをチェック。

話題の事件は・・・

↓↓

 世界最高峰のバレエ、ロシアのボリショイ・バレエ団。芸術監督としてそのトップに君臨するセルゲイ・フィーリン氏(42)が先月17日、何者かに顔面に強酸液を掛けられて失明寸前となった。現役時代、美しい容姿と足先まで神経の行き届いたステップでファンを魅了し「王子様役がぴったり」と称されたフィーリン氏を襲った突然の悲劇。背景には配役などをめぐる対立や恨みがあるともみられている。夢舞台の裏側に潜む確執とは何だったのか。(安田奈緒美)

 ■事件前から相次ぐいやがらせ

 フィーリン氏は先月17日深夜、モスクワの自宅脇の駐車場で覆面姿の男に襲撃され、強酸液をかけられ顔面の4分の1をやけどするけがを負って入院した。一時は失明も懸念されたが、医師らからは一定程度の視力は維持できそうだとの見通しも出ている。現在はモスクワの病院を退院、ドイツで視力回復に向けた治療やリハビリを行っているという。

 地元紙によると、今年になってフィーリン氏は車を壊されたり、自身のウェブサイトを荒らされたりして恐怖を感じてきた。事件の背景にはバレエ団内の対立など、同氏の職務が関係するとみられている。

 ■周囲が反発した革新

 2011年に40歳の若さで世界最高峰、最大規模のバレエ団の芸術監督に就任したフィーリン氏。一部では革新的な手法に批判が集まっていたという指摘もある。

 ロシアにバレエ留学の経験のある日本人バレエダンサーは、その革新的な手法の象徴は11年にリニューアルしたボリショイ劇場のこけら落とし公演と説明する。

 同年11月に行われた公演「眠れる森の美女」でトップを踊ったのは、アメリカのバレエ団「ABT」から移籍したダンサーだった。

 「ロシアには伝統のバレエメソッドがあり、その教育を受けたダンサーがしのぎを削ってトップを目指す。その中でアメリカのダンサーがトップを踊ること自体が異例。ロシアの伝統を守るバレエ団内に不満がたまったのでは」という。

 ■フィーリン氏の美しい“足先”

 フィーリン氏も2008年までボリショイ内でトップとして活躍、甘い顔立ちと長い手足という容姿に恵まれ、さらに踊ったときの足先の美しさクリアなステップなど高い技術で人気を集めた。日本のバレエ雑誌で足先の写真を集めて特集を組まれたこともあったほどだ。

 ダンサーとして最後の来日公演は同年11、12月。このとき演じた「明るい小川」の役柄は途中で女装してバレリーナ姿になって踊るシーンがある。びわ湖ホール(滋賀県大津市)公演の舞台間近でフィーリンを見たファンの一人は「ロマンチックなチュチュを着てトゥ・シューズを履いて、それはそれは美しかった」と振り返る。中でも「特に足の甲が美しかった」と、うっとり。「トゥ・シューズに支えられた足先が弓なりになったとき、足の甲がなだらかで美しい弧を描いた。それが空中に舞ったときも崩れないのがすごい」と魅力を語る。

 舞踊評論家の桜井多佳子さんも「彼のバレエの良さは基本に忠実で、足先のきれいさにある。その魅力は特にきれいな王子様の役などで際だった。王子様役を高い技術で雰囲気を持って演じることのできるダンサーだった」と評価する。

 ■ペレストロイカに翻弄された名門バレエ団

 ソ連時代、ボリショイは首都、モスクワのバレエ団として国家と密接な結びつきを持ち、海外では文化使節団としての役割も担ってきた。芸術監督の権力も絶大で、ロシアバレエに詳しい別の関係者は「ソ連時代は実力者が何十年間もトップに君臨して団内の統率をとってきた」と話す。しかし、「ペレストロイカ以降、団内でも自由化が進み監督が頻繁に代わっている。団の統率がなかなかとりにくい時代になっている」と指摘する。同時にペレストロイカ以降、ダンサーの海外流出も相次いだ。その中で海外でも活躍し、人脈も豊富なフィーリン氏の手腕が期待されていた矢先の事件だった。

 日本での招聘(しょうへい)元、ジャパン・アーツの関係者は「革新的と評されることの多いフィーリン氏ですが、演出では伝統にも経緯を払い、新時代にロシアバレエの伝統を生かす方法を模索してきた。復帰してまた世界に誇れるボリショイ・バレエを見せてほしい」と話す。

 事件後、フィーリン氏は地元紙のインタビューに「これまで通りボリショイ・バレエ団のマネジメントを続ける」と意欲を明らかにした。さらに「前のようなハンサムマンには戻れないかもしれないが、強くなって戻ることは保証する」と話し、もうただの美しい王子様ではなく、力強さを備えたトップになって復帰することを誓っている。
(この記事は産経新聞から引用させて頂きました)



・・・どうりで。

無駄ムダ(=´∀`)



はい、では今日の本題。我仕事について。

予定通りに進めばメルマガに17時間と、ブログテンプレの張替えに3時間。



簡単だから何にも問題無しです。



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



稼ぐと言えばこれ?

↓↓





・・・失礼関係ない?(^_^;)

まあいいか(=´∀`)



さてさて夜ごはんは何しよ?

焼肉かチャーハンが食べたいよ〜!(^^)!



これも良いか?

↓↓

悔しいです、金無い、結婚出来ない、せどりで見返してやります。



恐らく今度のブログ更新はがんばって今日中に・・・出来るかな?

お待ちしております。



『皆さんも必ず作れます、簡単ホームページ作成』


簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker