支払停止をすることでの悪影響を心配される方もいますが、ペナルティなどはい

December 17 [Mon], 2012, 16:39


金融ADRとは、金融トラブルを時間と費用問題点については、社会的にも徐々に理解が進み、金融ADRなど解決の仕組も整備が進んでいます。社員のモチベーションも下がるでしょうし、社長も毎日の為替レートに一喜一憂するようでは本業に専念できないでしょう。また、投機目的でデリバティブ取引をする人もいます。支払停止をすることでの悪影響を心配される方もいますが、ペナルティなどはなく、また、これがもとで他の取引に影響が出るということもほとんど見られません。つまり通貨オプション取引では、毎月のドルを買う時点の市場相場が、あらかじめ決めた行使価格75円よりも「市場相場が円高になると買う金額が2倍」になり、行使価格75円で買う契約になるので、その時の市場では70円でドルが買えるのに、75円で20万ドル買わなくてはならないため、輸入企業は、「高いドルを2倍買わされる」ことになるリスクがあるのです。 相談に来られた方は皆一様に「まさか銀行がこのような危険な商品を販売するとは思いもしなかった。今後5年間、3か月ごとに10万ドルの取引をして、ボーダーラインの105円より円安の場合、お客さまの利益になります。 為替デリバティブは、一定の金額で毎月数十万ドルを円通貨で購入することを義務付けられるもので、リーマンショック以前、1ドル120円ぐらいの時に1ドル100円で売る契約をしているようなケースが多々あります。


借り入れをするにしても、消費者金融よりも銀行の方が安心と考えます。為替デリバティブと言う商品は、先物為替取引の1種で「通貨オプション」と言う取引です。・本業が黒字なのに為替デリバして多額の解約違約金を支払う必要があります。しかし、毎月買う時点の市場相場が75円よりも円安、例えば80円のような場合なら、行使価格75円で1倍の10万ドルを買うだけでいいので、お客は市場で80円で買うよりも75円で10万ドルが買えるのでこの契約をしたメリットがあるのです。まずは、毎月の為替デリバティブの支払を止めることを銀行に連絡し、資金の流出を抑えます。従い、銀行が薦める取引だからと言う簡単な理由だけで、この金融商品のリスクを理解しないまま契約をしたものと思われる。そのようなことをしたら中小企業が潰れてしまうことを銀行は分かっていますので、あえてそのような対応はしないのです。形のある商品だけが原資産とは限らず、例えば、市場に上場されている日経225オプションは、株価指数という数値が原資産となります。

金融ADRによって解約違約金の大幅減額へ!

この行使価格を有利な(さらに円高な)行使価格にするために、買う金額に2倍とか3倍のようなレシオ(倍率)を付けると更に有利な円高の相場で契約できるのです。預金を崩し、土地を売って外貨購入資金を捻出したが、万策尽きた。(契約を解除する場合、莫所では、一昨年末から現在までに既に100件以上の被害相談に応じており、被害救済に当たっておりま大な違約金が発生します。例えば117円の場合なら、120万円の利益です。本業が黒字なのに為替デリバティブで多額の損失が出ている。 仮に顧客が本業で外貨を扱っていて為替リスクをヘッジする必要があったとしても、為替予約、為替スワップという為替リスクをヘッジする方法がある以上、あえて銀行に損失無限定のオプションを売却してハイリスクを負担しなければならない理由があるとは思えません。例えば、解約するにあたって、7000万円合は、全国銀行協会(全銀協)のあっせん手続(いわゆる金融ADR)を利用することによって過去の為替差損や解約違約金の一部または全部を銀行側に負担してもらえる可能性があります。) 金融庁の調査によれば、為替デリバティブを販売した中小企業は19,000社にのぼりますが、全国的にもこの分野を専門とする弁護士は極めて少なく、被害の救済が十分に行われていない状況です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:guugdwsxyx
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/guugdwsxyx/index1_0.rdf