阿頼耶識(あらやしき)。 

2005年06月19日(日) 16時22分

阿頼耶識とは?
五感(ごかん)、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来からの分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。また、「五感を鋭くする」など、人間の感覚全体を指す場合もある。
第六感 (だいろっかん)とは、ヒトの五感を越えた知覚を指す言葉。超能力の一部とみなされることもある。
第七感(だいななかん)とは、聖闘士星矢で云うところのセブンセンシズの事で、小宇宙(コスモ)の真髄。人間の持つ五感(視覚・味覚・聴覚・触覚・嗅覚)+第六感(精神)を越えた第七感。いわば究極の小宇宙で、この第七感に目覚めているのは黄金聖闘士だけである。
小宇宙(コスモ)とは、人なら誰もが持っている体の中の小宇宙。魂の根本となるもの。
そして、阿頼耶識(あらやしき)。
黄金聖闘士 乙女座バルゴのシャカが「沙羅双樹の園」で死を覚悟して目覚めたのが阿頼耶識。
元々は仏教用語なのですが。まっ、ハンパじゃ無い、感覚やね。
いつかは目覚めたいものです。(滝汗)
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gurikazu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる