新しければ良いとは限らない 

2007年05月02日(水) 10時46分
文字入力の反応の鈍さにファイアウォールが関係してるのかと、朝 ふと思った。

それ以前にキーボードのタイプが変わったので慣れないだけなのか。

二度打ちしなければ変換しないしenterキーも、2,3回タイミングを計らなければうまくいかない。

設定の問題?そのレベルのスペック?

VAIOだから・・・という結論だとつらいなぁ

ちゃんと調べてみよう

復活! 

2007年05月01日(火) 23時31分
思えば随分とほったらかしにしていたブログ。
お絵かき掲示板は2か月ほっといたら、削除されてしまった。
ショック・・
なのに、このブログは2年ほどほっといても残っていました。
すごいね。
えらいね。

なんとなくつらつらと復活してみようかなぁ

それにしても新しく購入したVAIO (Vista)は日本語入力がとっても鈍い・・。
なにか設定がわるいのかしら。
使いづらいったらない。

GW 9日間連休の4日目。
この4日ほとんど外出していない。
レポート書かなきゃとか理由はあるにしても、いけない、いけない。
かる〜〜く引きこもり状態。

ブルーベリー摘み 

2005年07月16日(土) 3時46分

新小金井街道沿いの「ベンズ・ファーム」でブルーベリー摘みする。

ザオ・ウーキー展 

2004年12月07日(火) 1時46分
ブリヂストン美術館へ、常設展示を観に行くつもりで出かけたけれど、
せっかくだから知らないけれど観てみようかな・・という失礼極まりない状態で
企画展のザオ・ウーキー展へ。

今まで抽象画は作者の主張ばかりが見えて苦しくなるのであまり好きではなかったし、
「フランス現代絵画の巨匠」という文字でさらに興味を失せてしまう。

でも、ザオ・ウーキー展はちょっと違う気持ちになった。

ザオ・ウーキー。

漢字表記は趙無極。

無極でウーキー。

なんかかっこいい。

東洋美術史で中国絵画の流れをちょっとだけ垣間見てきたので、
余計に面白く感じたのかも。

墨で描かれているものも多かったので、この絵が油ではなく岩絵具だったら
もっときれいなのかもしれないなぁという思いも。

渡仏して長いようなので、国籍なんてもはや関係ないのかもしれないけれど、
朱の色や緑の色はとても中国的。

それにしても、ブリヂストン美術館はもっと天井が高ければいいのになと思う。

人が少なくてゆっくり観ることはできたけれど、人のひそひそ声が良く響く。

「よくわからない・・」としきりに言っている人がいて。

それはそれで面白い。

お久しぶりのブログ 

2004年10月13日(水) 0時32分
あいたたっ、すっかり忘れていたわけじゃないんだけど、一ヶ月空いてしまった。
はじめて間もないのにね。
どうして継続できないのだろう・・。
薬もこの頃忘れがち。もちろん、痛みがなければ自分量で調節していいと言われているので5ml以下なら問題ないはず。薬を飲まなくても良い日がくるのかな。

東洋美術史のレポートを提出してなんとか来月の試験を受けるつもりだけど、どうも試験難しいようだ。問題聞いてもちんぷんかんぷん。
まだまだやらなければならないこと山積み。
自分を追い込んで、忙しいふりをしているだけかな?
有効な時間はたっぷりあるばずなんじゃ・・

マティス展 

2004年10月11日(月) 1時42分
このところ日本画ばかり追っていたので、油絵を観に行くのは久しぶり。

マティスの「ダンス」を一昨年ほど前に観たとき、大きな作品に圧倒されながらも、
今ひとつよくわからない絵だなと思ったので、マティスだけの大きな展覧会ということで
自分がどんな感想を持つのかちょっと楽しみだった。

で、やっぱりよくわからない。

ただ、そのよくわからなさを西洋美術史の課題テーマに選んでみるのも面白いかも。

時間がかかりそうだけど。

でも実際にはじめてみたマティスの切り絵はきれいでした。

大病後、絵筆を持つのもままならなくなったマティスが、助手にガッシュで塗らせた紙を
下描きなしで切り取って「ジャズ」などの作品ができたらしい。

すごい創作意欲だ。

雨の日 

2004年09月27日(月) 1時50分
朝から大雨で、自転車で行くか、車でいくか、バスにするか・・と考えているうちに時間がたってしまいました。

朝は時間が経つのが早いです。結局レインコートを着て、傘をさして、自転車で仕事に行きました。

自転車より車の方が回り道になるので、倍の時間がかかります。

もちろん会社に車が置けるわけではないので、車・バス・徒歩とついやすことになり、時間と雨に濡れることのどちらを選ぶかというと、結局、時間を選んでしまいます。

傘さして自転車乗るのは危ないので、完全防備のレインコート(かっぱですな)を買ったのだけど、帽子部分まで被ると左右が見えずらくてこっちのほうが危ないよう。

雨の日に、のんびり傘を差して歩くのは、嫌いじゃないけど、急いでる朝、かっぱに自転車ってつらいな。

明清絵画展 

2004年09月24日(金) 1時19分
明清絵画展の中国文人画の世界ということで、文徴明や沈周を観るために
白金台の松岡美術館にはじめて行いった。

人がまばらで静かな所だった。

床がカーペット敷きの部屋だけでなくフローリングの展示室もあったので
足音がカツーンと響いて、最近にない静かな空間の美術館。

東洋美術史のレポートを書くためだったので、歴史を踏まえた上でみる作品は
メモを取るのに忙しかった・・。

それほどたくさん展示されていたわけではないけど、絵はもっとボーっとみたいかな。

呂紀の「薔薇図」を観た。

私の勉強不足だろうけど、薔薇をモチーフに描いている事に驚いた。
この当時、日本では薔薇ってあったのかな。
日本画としてみたことないな。

明の時代の「薔薇図」はとても繊細できれいだった。
東博に呂紀の「四季花鳥画」をみにいきたくなった。

RIMPA展 

2004年09月23日(木) 1時39分
本当は昨日、明清絵画展と掛け持ちするつもりだったけど、
子どもが「風神雷神図」をみたいというので、土曜にいったら、
クイーンアリスでランチ・・のつもりが、着いたときには予約受け付け終了でした。

混んでました〜。

でもすばらしい作品がたくさんでうれしいかぎりです。
企画の趣旨は、なかなか不思議だったけど。

この頃話題になっていた尾形光琳の「紅白梅図屏風」はなかったけど、
(私の持っている図録の説明にも、流水部分の銀箔は酸化することを計算されて
云々と書かれているので、こういった通説が覆された「擬作」を特集したNHKの番組は面白かった。)

酒井抱一の「夏秋草図屏風」にまた出会えただけで大満足。

それだけでなく鈴木其一や菱田春草、下村観山とすばらしい作品がならび感激!

私も相当の森村泰昌氏いうところの「琳病」のようです。
(淋病ではありませんよ。)

接続 

2004年09月16日(木) 23時55分
 すったもんだの末、ようやくネット環境が戻ってきた。
暫定ながら先週には着いていたんだけど、ひどいサービスに呆れるばかり。
スピードも落ちたし、さて、いいことあるのかな。
今だパスワードが届かないので、何のメリットも感じない。
やっぱりNTTBフレッツが一番信頼できるのかな。
料金下げたし。まぁ、半年の縛り、様子を見ることにしよう。

さて、この期間みたDVD。
「ムーンチャイルド」
序盤、アニメチックな二人と、近未来の荒んだ雰囲気がよかったけど、
メロリンQが死んだ後は、何やら、単なる極道ものになってしまったね。
ちょっと惜しいな。
子持ちの設定にするといきなり生活観が出てくるので、ああいう映画には
合わないね。

「純愛中毒」
2回観てしまったよ。イ・ビョンホンのかっこよさと、演技力。
かなりよかった。思った以上によかった。
きっとまた、いつかみたくなる映画。

「ラブ・アクチュアリ」
とりあえず観ておこうって映画?
ヒュー・グラントとエマ・トンプソン。好きな英国俳優勢ぞろいで楽しめた。
音楽も時代を感じる。きっと作り手が、世代的に同じなのかな。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:guri_sky
読者になる
Yapme!一覧
読者になる