お引越し!! 

February 19 [Sun], 2006, 3:41
ブログお引越ししましたー。
って言ってもこっちのデータは何一つ持っていけないんだけどね。
新しいブログは、ぐりクロです。
これからも末永くヨロシク〜☆

すごいぞ、国会図書館 

February 18 [Sat], 2006, 19:15
タイトルだけ原田宗典風です。
『ゆめうつつ草紙』読んだからね。
でも別に本文は原田宗典のテンションでは進みません。

レポートがやばい上に、資料もない、学校の閲覧室は午前中でしまる、使いたい資料は普通の図書館には置いてない。
この4重苦に昨日の夜、気がつきました。
「それなら早く起きて学校行けばいいじゃーん」、って思って早く起きたけど、あまりの眠さにとろとろ支度をしてたらあっという間に10:45。
支度が終わってないし、学校まで約30分かかるし、資料探してコピーとるのに時間はかかりそうだしって考えてたらもう11時になってました。
時の流れは無情なんです。
で、一度だけ耳にしたことがある国会図書館に行こうと決心しました。

国会図書館、その名が表す通り、永田町にあります。
永田町は初めて行ったけど、怖い場所でした。
地下道から外に出ようと思って階段を上ってたら、なにやら賑やかでした。
というより、うるさかった。
右翼の車がわーわーやってたんですね、行列作って。
そのくらいならなんともなかったんだけど、警察の人がヘルメット被っていっぱいいたんですね。
初めて見る光景にびつくり。
道路にもなにやらバリケードのようなものを立てて入り込めないようにされている場所がありました。
図書館への最短の道もそのおかげで通れませんでした。
今日は何かあったんですか?
永田町はいつもああなんですかね?

で、国会図書館。
すごい広かったです。
OPACで本を検索して、読みたい本を申し込むと、カウンターまでそれが伝達されて、司書の人がそれを取ってきてくれる、というシステムでした。
つまり、本は直接見て選べない、ってこと。
あたしは読みたい本が決まってたからすんなり出来たけど、もし決まってなかったらちょっと迷うかなー、って思いました。
本をとってきてもらえるまでちょっと時間がかかるから、チラッと見て欲しい情報が載ってない本だったら、また違う本を予約して〜・・・っていうのはめんどくさいからね。
まぁ、今回はなんら困らなかったんだけどね。

本がみんなの手に届かないってことは、それだけ大事に扱われてるってことで、本の保存状態はすごく良かったです。
あと、蔵書数もすごいですね。
何冊あるかは知らないけど、外国の方々も結構いました。
ある程度の洋書もそろえてあるってことなのかなー、と感じました。

わ〜っ 

February 17 [Fri], 2006, 23:35
やばいやばい!
レポート提出月曜なのに何もやってない!!
しかも現実から目をそらしたくて鬱が迫ってきてる!!
どうしよう!
資料も方針もまだきめてないよ。
ああっ、こんなときになんで時空の穴とか出てこないんだろ。
夜コンビニに行った帰りとかに、「気づいたら時空の穴にはまってましたー」とかいうことにならないかな。
異世界にトリップできたらいいのになー、都合よく。
あーあ、テストもレポートもない世界に行きたーい!
はっ、お化けの世界!(げげげの鬼太郎)
なんてったって朝は寝床でぐーぐーぐーだもんなー。
あー、妖怪になりたい。

この間、ストレスの発散方を書いたのですが、もう一つ付け加え。
別にこれをやったからといってストレスが発散されるわけでもなんでもないんですが、ムショーに噛み付きたくなります。
何にかって言うと、自分の体に。
といっても腕パーツですね。
お風呂に入ると必ず二の腕に噛み付いてしまいます。
あと、一番多いのが手の甲。
いま左手さんの甲は噛み跡だらけです。
あと、親指の付け根とかも。
一時期朝起きたら手の甲が噛み跡だらけになってたこととかもあります。
別においしかないんだけどね。
なんでなんじゃろ?
噛み癖って誰にでもあるものなの?

あーあ、夢の中で生きていきたいなー。

やったー!! 

February 17 [Fri], 2006, 16:22
ジェフリーが銅メダルだよ!!
ばんじゃーい!
結局エキシビジョンではプルシェンコ、ランビエール、ジェフリーで、希望通りに!
わーい。

とりあえず最終ブロックの感想。
まず、ジェフリー・バトル。
衣裳が王子で可愛さ倍増だね。
たとえ滑ってる時は風がばんばんシャツの中に入ってポパイみたいになっちゃってても可愛かった・・・
でもなんで曲変えちゃったんだろー?
前の曲の方が可愛かったのに、衣裳とか。
あと、始まる前の伏目がなまらめんこかったのに。
でも、今回の曲の挑発的な上目遣いも可愛かったけどね〜。
演技中を見てるときはもうメダルは無理だって思ってました。
だって自己ベストを大きく更新しなきゃメダルは無理だ、って解説の人が言ってたから。
転んじゃったときに、エキシビジョンは無理かぁ、って思いました。
でも、ホントに銅メダルがもらえてよかったよー。
エキシビジョンがより楽しみになってきた!!

プルシェンコは、相変わらずすごいですね〜。
すべてが自信にあふれてる感じがしました。
さすが王者。
あと、いつものプルシェンコっぽくない雰囲気がするなーって思いました。
なんか繊細なんだけど、その中に男らしさみたいなものが見受けられた気がします。
そこがまた良いなーと。
あたしは銀板の氷を削らんばかりの男らしいステップが好きなんでね。
曲がゴッドファーザーだからちょっと荒々しく感じたのかなー?
ついでに、ライザチェックの使ってた曲がソルトレイクでプルシェンコが使ってた曲だってことで少しあの頃のプルシェンコを思い出しました。
ショートプログラムの転倒が云々ってよく言われてるけど、銀になった原因はそれだけじゃなかったような気もします。
でもなんせ4年も前のこともあるし、女子のほうが印象的だったから覚えてないんだけど。

ランビエールは、もっとスピンが早かったような気がします。
うーん、気のせい?
なんか靭帯が云々ってショートプログラムでは言われてたけど。
なにこれ、3倍速!?って思った気がします。
あと、ビバルディの四季であの衣裳はないだろう。
前々から思ってたけど、あの衣裳はダサい。
虎柄ってなによ。
大阪のおばちゃんじゃないんだから。
手に向かうにつれて青くなるのもわけが分からない・・・
とりあえず、銀メダルおめでとう〜、って感じです。

フィギュアが始まる前に!! 

February 16 [Thu], 2006, 23:59
えー、ジェフリーに集中したいんで、今日の覚書。

まず、『名探偵ポワロとマープル』が終わってしまいました。
悲しい。
見てたんかい!って思う人も多いだろうケド、見てました。
だっておもしろいんだもん。
ポワロさんの自信満々っぷりとちょっと飛躍しすぎな推理が。
頭いい人ほどバカに見えておもしろいんだもん。
「真実は私に微笑む!!」って自信満々に宣言するのがバカみたいなんだもん。
あと、ヘイスティングスがかっこよくて好きでした。
でもなんでヘイスティングスは親友の役じゃなくて助手の役だったの?
とりあえず、探偵ものアニメと聞くと、ゆろこのシャーロック・ホームズ(犬)を思い出します。

『モロッコ水晶〜』読み終わりました。
なんか地の文がよりフランクになってる気がする・・・
「ああ、火村の繰り出す仮説を叩き潰していくのは快感だなぁ・・・」
ってこんな文、昔は書いてなかった気がするぞ。
「すごいよ、ポワロさん」しかり、「快感だなぁ・・・」しかり、有栖川先生も今風になってきてますね。
登場人物も時を同じくしてるんだから、時代の流れには逆らえないようでした。
「マジか?」「マジ。」
なんてセリフ、昔なら言いませんでした。
昔なら、「ほんまか?」「アブソルートリー」だったのにね。
ちなみに、『46番目の密室』ではほんとにこの会話はしてました。
正しく書けば、「ほんまに?」で、「もちろん(ルビにアブソルートリー)」だったけど。
このころから「うわーーーー・・・」って思ってました。
それでも好きな自分がいるんだけどね・・・
何気に今自分が有栖川ブーム真っ最中なのがいやだ。

メモリーカード(ほんとはポケステ希望)が見当たらなくてソウルハッカーズが出来ません。
早くスケロクに会いたいです。
主人公の名前も考えてません。
なんか渋めの名前にしたいんだよね・・・(色的に)

財布の紐 

February 16 [Thu], 2006, 15:15
就活が始まると、例え就活生らしい生活をしてなくったてストレスがたまります。
ストレス発散の仕方、人それぞれだと思いますが、あたしの場合食欲が旺盛になって、財布の紐が緩みます。
いきなり宵越しの金はもたねぇ!
って気分に。
なぜか江戸っ子気質。
でも、根暗だからネットでお買い物しちゃうんですよねー。
現金をリアルで使わない買い物はしちゃいけないんだなー、と実感。
今日も古本市場から荷物が届きました。
2394円。
微妙にイタイ金額です。

今回は何を買ったかって言えば、この間攻略本だけ買っておいた『ソウルハッカーズ』。
古いです。プレステです。20世紀の遺物です。
ようやく入荷されたんだよぅ。
めっちーが育てたかったんです。

あと、『MONSTER』の7巻と、出版関係の本。
『MONSTER』は前の巻の内容を全部忘れたんで読みたくありません。
と言うか、今の精神状態にはモンスターは厳しい。
重すぎるよ。
病み上がりに天ぷらを食べるようなものです。

で、出版関係の方は完全に精神安定剤ですね。
自分へのポーズです。
あたしは自分の中の自分が個々はっきりとしてるから、葛藤が起こりやすいんです。
だから、マイペースで進めていくことをよしとする自分と不安がる自分が強くて、不安の方が若干強くなってきたから、そのための精神安定。
まぁ、逃げですね。
別にあたしは逃げたって立ち向かったって得られるものの価値はなんら変わりないと思ってるから、いいんです。

民放でオリンピック? 

February 15 [Wed], 2006, 17:50
朝はヒジョーに興奮しておりました。
ジェフリーの可愛さに。
昼に起きてまず録画しといたジェフリーとプルシェンコの演技をもっかい見たもの。
ま、興奮と言うか、火がずっとくすぶってる感じです。

ちなみに今日の生活はフィギュアスケートと有栖川有栖の2本立てです。
他のことは一切しません。

で、録画したフィギュアスケートの編集。
すっごい頭にきました。
何にってCMの多さに。
こっちはCMが入るたびにタイミングを見計らって一時停止して〜を繰り返さなきゃいけないんです。
しかも、CMと誰かのインタビューで1人カットされてたことに気づきました。
つべこべ言わずにノーカットで全部見せろ。
あと、何かあるたびに中居くんを写されるからこれもカット。
大変骨が折れました。
NHKさんの6倍くらい大変なんです。
「オリンピックは民放で!」のCMに文句を言いたくなりました。

それで、有栖川。
今回買ったモロッコ水晶は4本立てで、『助教授の誘拐』『ABCキラー』『推理合戦』『モロッコ水晶の謎』となっていました。
『助教授の誘拐』では、火村が誘拐されるんじゃ!とか思って読んだら全然ちがってがっかりしました。
で、どこまで読んだかって言うと、『モロッコ水晶〜』の1ページ目まで。
気がそれたんでやめにしました。
でも今日中に読破するんじゃないかなー、と思います。
今回は話の内容が恋愛関係主体じゃないんでくさいセリフとかはありませんでした。
や、『モロッコ〜』に関してはまだわかんないけどね。
ただ、有栖川センセイの気持ちがストレートに出てる地の文がありましたね。
「すごいよ、エルキュール・ポワロ。そしてアガサ・クリスティ。」
いくら地の文が一人称だからってこれはないんじゃないかな、と。
エルキュール・ポワロはマサルさんじゃないんだぞ。
ブログに書かれてるような文章で、有栖川有栖の本音が聞けた文でした。

フィギュア!! 

February 15 [Wed], 2006, 6:25
嗚呼、ジェフリー・バトルはなんて可愛いんだ・・・
お嫁さんにしたいくらいカワイイ。
あの笑顔がたまんないよね〜。
あんまりこういうこと言いたくないけど、萌え死ぬかと思った。
萌えるという感情がこれほど理解できたことはない。
のもーるとも言ってたけど、もう天使だね!
フカキョンなんかよりもずっと天使だよ!
あー、チョーかわいー。
しょこたん風にいうとテラカワユス!
可愛さだけで高橋には勝ってたよ、グリンピックでは。
当面の心配はジェフリーのエキシビジョンが見れるかどうか。
あのかわいい顔を出来るだけ多く見ていたいのです。
大ちゃんなんかどうだっていいよ。
エキシビジョンって4位までだっけ?
いまは6位だから、ジョニーと大ちゃんとジュベールが失敗したら出れるね!
エキシビジョンはジェフリー・プルシェンコ・ステファンさえ見れれば文句は言いません。

ジェフリー・バトルといえば、2005年のカナダ大会。
ジェフリーが転んじゃって、パンツが破けて、内腿が見えたときには悶えました。
ガッツポーズをしました。
ジェフリーが大泣きしてたのにもときめいたよ。
もうね、ヘンタイだっていわれてもかまわないくらいかわいかったんだよぅ。
まっちろな腿がまぶしかったんだよぅ。
でも、見た人なら絶対に分かってくれるよ。
ねぇ、のもーる。
痛くてジャンプが出来ないジェフリーも可愛かった・・・
あー、もうこれ以上にカワイイって思った人はいない!
断言できる。
ちなみに、これを録画したDVDはたとえ大地震が起こってももって行きます。
永久保存版!!

とり・みきとモロッコ 

February 14 [Tue], 2006, 19:57
今日はヴァレンタインデーですけどね、あたしは別になにもありません。
一般女子よりも恋愛したーい!って気持ちが少ないしね。
池袋までチョコ(自分用)買いに行こうかと思ったけどお金ないからやめました。

今日は前から7&Yで頼んでた本を取りに行ってきました。
とり・みきの『猫田一金五郎の冒険』と・・・有栖川有栖の『モロッコ水晶の謎』です。
別にむしゃくしゃして買ったわけじゃないけど、今では反省しています。
すごい反省してるんです。
誰に責められてるわけでもないのに、自分で自分を詰るのをやめられないんです。
ああ、あたしのバカ。

で、とり・みきの『猫田一金五郎の冒険』。
本格ミステリのパロディ漫画です。
これがいちいち面白いんだけど、主人公の猫田一金五郎と助手の小噺君が敵の怪人2001面相を撃退するお話というか、なんというか。
撃退してる話は少ないと思う。
元ネタとしては、江戸川乱歩(明智小五郎)とか横溝正史(金田一耕介)が主。
一番面白かったのは、『悶々島』かな。
悶々島に行こうとする猫田一探偵が船やらなにやらに乗るんだけど、途中でセイレンに会って船が沈没したり、津波にあって未開の島に漂着したり、泥舟に乗せられて沈没したり。
この間一切セリフ無しで、妙な面白さがグー。
んで、最終的に、「悶々島―――いまだ届かず!!!」で終るのが爆笑でした。
タイトルで秀逸だなぁ、と思ったのが『Y2Kの悲劇』。
タイトルだけで愉快な気分になれます。
ちなみにとり・みきと京極夏彦の合作漫画も入ってます。
これのために買ったわけではないけど、買った動機の一つであることは否定しません。

SHOWBIZ COWNTDOWN 

February 14 [Tue], 2006, 13:42
日曜日のSHOWBIZ COWNTDOWNの感想が何で火曜日の今日書くのかって言えば、見逃さないように毎週録画してるからね。
んで、今日見たってわけです。 

今週は気になる映画はー・・・特になしかな。
や、BMはかなり気になってるけど、これは前からだしね。
あ、今思い出したけど、昔ちょっと話題になったBAD EDUCATION。
これもBM系でしたね。
当たらなかったけど。
うう〜ん、あとはー・・・ナルニア国物語が8週連続でtop10入りらしいです。
うーん、前評判が気になるね。
もう日本で上映してるんだっけ?

で、気になった話題3つ。
・FREEDOMLAND
・キーラ・ナトレイ、ヌード雑誌の表紙
・007の監督が女装して売春もちかけて逮捕
FREEDOMLANDは、息子が消えるとか言う話らしいよ。
はやってんの?子供が消える話。
キーラ・ナトレイもヌード、見てみたい!
けど、表紙だからってヌードってわけではないかー。
んで、女装して売春した監督。
おもししろいなぁ。
これっておじさんじゃないの?
ちゃんと女性になったのかなぁ?
引っかかった人いんのかなぁ?
疑問がイロイロでるねぃ。

今週はあんまイイのがなかったなー。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像ぐりちょ
» すごいぞ、国会図書館 (2006年02月19日)
アイコン画像こずりん
» すごいぞ、国会図書館 (2006年02月19日)
アイコン画像のにゃ〜
» すごいぞ、国会図書館 (2006年02月18日)
アイコン画像ぐりちょ
» わ〜っ (2006年02月18日)
アイコン画像みおぅる
» わ〜っ (2006年02月18日)
アイコン画像のにゃ〜
» わ〜っ (2006年02月18日)
アイコン画像ぐりちょ
» やったー!! (2006年02月18日)
アイコン画像みおぅる
» やったー!! (2006年02月17日)
アイコン画像ぐりちょ
» フィギュア!! (2006年02月17日)
アイコン画像ホリ
» フィギュア!! (2006年02月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:guri_0260
読者になる
Yapme!一覧
読者になる