グラシトール 血糖値が気になる方のお悩み解決手段!

November 30 [Sun], 2014, 21:03

血糖値が気になるけど、なかなか数値が低下しないあなた、こういうお悩みがありませんか?

○ 野菜中心の食事に飽きた。
○ 肉より魚と言われても・・・
○ 厳しい食事制限にストレスがたまる
○ 酒とタバコは厳禁ってわかってはいるけれど・・・
○ 運動してくださいって言われても続かない
○ 規則正しい生活を続けるのもむずかしい

血糖値を下げなくてはとわかってはいても、厳しい食事制限や運動しないといけないことなど、いろいろストレスがたまるばかりということはありませんか?
血糖値のためにいいことはわかっていても、なかなか実行するのが大変ということがありますよね?

もっとカンタンにできないだろうか?

そこでおすすめなのが、植物性インスリン。ピニトール含有のサプリメント グラシトールです。

グラシトールは植物性インスリン ピニトールを1日分 6粒に300mg含んでいます。
グラシトールはサプリメントなので、気軽に摂ることができます。

モンドセレクション2年連続金賞受賞で、お客様継続率94%の人気サプリメントです。

テレビ朝日の報道ステーションでも紹介されました。

★グラシトールの特長

●ピニトールを6粒に300mg含有

この量のピニトールを他の食品から摂ろうとすると、大変です。豆乳なら800mL、大豆なら約500粒、ルイボスティーなら約100杯も飲んだり食べたりしなければなりません。
そこで、グラシトールは、ピニトールを豊富に含む機能性野菜、アイスプラントを濃縮して作っています。

●アイスプラントは自社製
原料のアイスプラントは自社の密閉型工場内で生産していますので、農薬を一切使っていません。毎日50項目以上の品質をチェックしながら、作られています。
また、アイスプラントを収穫後は、鮮度を落とすことなく、すぐに成分が濃縮されてグラシトールに商品化されますので、安心・安全です。

●アイスプラント以外にビタミン等も配合
アイスプラントにはピニトールの他にβカロテンやビタミンK等も含まれています。
また、グラシトールにはアイスプラント以外に、不足しやすいビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛も配合されていいます。

血糖値が気になる方は、簡単に植物性インスリンを摂れるグラシトールをお試しされてはいかがでしょうか?

今ならお得なお試し版もありますので、気軽に試せますよ。

気になる方はこちらから
   ↓  ↓  ↓



糖のお悩みに 植物性インスリン含有

グラシトール

グラシトールの口コミ

November 30 [Sun], 2014, 20:57
グラシトールの口コミを集めてみました。

○ 糖の数値が気になっていましたが、この間検診に行ったら大分安定していました。おかげで仕事にも趣味にも前向きになりました。

○ メタボ腹で、妻から毎日強制的に飲まされている。飲み始めて半月、なんとなく身体が軽くなった気がしている。

○ 他のサプリを飲んできたが、期待した効果がなかった。グラシトールを飲み始めたら、少しずつ効果もでてきた。

○ 体調もなんとなしに良くなった気がする。期待した効果も出てくれている。

○ 糖質制限食とも併用しているが、糖質を気にすることもなく食事ができるようになり助かっている。

○ 血糖値が高くなんとかしようと思い、ネットで調べてグラシトールにめぐりあった。結果もでてきている。

○ 手頃な価格とアイスプラントの効果を期待して選んだ。手軽さとくせのなさが気に入り、継続したい。

○ お試し品を試したところ、3日程度で良さがわかったので継続している。飲み忘れると体調がわるくなる。

お客様継続率94%ということで、よい感想の方が多かったです。

グラシトールの主成分ピニトールと、原料アイスプラントとは?

November 30 [Sun], 2014, 20:56
★ピニトールとは?

グラシトールの主成分は植物性インスリンのピニトールです。ピニトールとは一体どんな物質でしょうか?

ピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然の物質です。ピニトールはグルコーストランスポーターの亢進作用を示し、 糖尿病予防に効果が期待できる成分とされています。
ピニトールは、インスリンへの感受性を高め、血中のブドウ糖を選択的に筋肉に運び、筋肉のパフォーマンスを上げる作用があると言われています。
ピニトールを含有する植物は、乾燥気候帯区分を原産とする 植物に多く、大豆、ルイボス、アイスプラントなどから検出されています。

ピニトールは米国食品医薬品局(FDA)にて、ダイエタリーサプリメントとして認定もされています。

★アイスプラントとは?

アイスプラント(学名:Mesembryanthemum crystallinum)はハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。名前の由来は、表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることから。ヨーロッパ、西アジア、アフリカ原産。
 
乾燥や塩ストレスがない場合には、一般的な光合成経路であるC3光合成を行い、乾燥/塩ストレスを与えるとCAM型光合成へ移行することができます。CAM型光合成を行うアイスプラントは、アミノ酸のプロリンやピニトールといった環境適合溶質をより生合成することによって、過酷な乾燥ストレスから生体を防御しています。

アイスプラントに含まれるピニトールには、血糖値改善作用や肝機能改善効果が有るとされています。 また、アフリカでは民間薬や石けんとして利用される他、国内でもバラフを配合した化粧品が開発されるなど、その保湿作用や天然ビタミンに着目した新規素材として注目されています。

もちろん野菜なので、料理にも使われ、市販もされています。

グラシトールの原料となるアイスプラントは自社性で、密閉型室内で乾燥ストレス下で栽培されているので、ピニトールを大量に蓄積させることができるのですね。