僕のそばで。 

December 23 [Sun], 2007, 16:19
何をそんなに 怯えているの?



震える肩を こんなにも抱きしめたいのに。





もうこの手は 届かないんだね。





強がりは もう言わなくていいんだよ。



泣きたい時は 僕が胸をかすから。



いつだって 僕は君の中にいるのだから。








涙を流すこと。









世界中の 誰もが泣くことができる。



誰かを想い、誰かに想われて泣くことができる。







泣いて泣いて また泣いて きっと心を洗い流しているんだね。



だから 人は涙を流すんだよ。







人が泣きながら産まれるのは そこから始まるからなんだよ。



新たに誰かに出会うため 過去を洗い流すんだ。 







そしていつか君が 僕を想い涙を流すのならば



次の日は僕を想い 笑っておくれ。







誰かの側で笑っている君を 



僕はきっと寂しく想ってしまうけど







忘れないでいて。







世界中の誰よりも 君の幸せを願ってる。







世界中の誰よりも 君の笑顔を愛してる。

友達 

December 18 [Tue], 2007, 16:59
友達と飲みに行った時のこと。




かなり久しぶりの飲み。




女2人で一次会で既にべろんべろん。





なんども



なんども



同じことを言っては大笑い。





なんども



なんども



酒をこぼしては大笑い。





挙げ句の果てには、共通の友達に似てる子を



ガン見して大笑い。





かなりウザイ2人組みだった。(笑)





2次会、3次会まで行って




なぜか最後は私、号泣。(まぁ、理由は聞かないで。)




道のど真ん中で大声上げて、わんわん泣いた。





こんな友達がいてとっても幸せだなって



本当に、本当に幸せだなって思ってる。





泣いて笑って、今年はもう遣り残した事はないや。





後は笑っていられる気がする。


いいですか。 

December 18 [Tue], 2007, 13:52
想い切なきこの夜は



星降る空にあなたを描く。





どこから来たのか 分からぬこの想いは



いつから私に芽吹いたのでしょう。






あなたがあの星になるのであれば 



私は深く静かな夜空となりましょう。






あなたが雨を呼ぶならば



私は傘を差さずに空を見上げましょう。





こんなに会いたくなるなんて





こんなに触れたくなるなんて





あの夜 あなたと出会わなければ



この想いは生まれなかったのでしょうか。





あの夜 電話が鳴らなければ



この想いは生まれなかったのでしょうか。







それでも 私、






あなたを好きでいていいですか?




星畑。 

December 13 [Thu], 2007, 18:41
昨日はお休み




一昨日は、朝の7時まで友達と飲み明かしてしまった・・・。




いやぁ〜、まだまだ若い!





そんでもって昨日、沖縄県の北部に行ってきた。





名護の海で流れ星3つも見たよ。





友達がいろんな夜景を見せてくれようとして





ぐるぐる回ったんだけど、生憎の雨。






でもね、一番最後に見た石川の電照菊畑。







やばい!今日一番のヒット





友達は『星畑』って呼んでた。





すごくキラキラした日になったよ。

Djイベント 

December 11 [Tue], 2007, 14:05
本日、沖縄の最高気温26度だって。



どんだけぇ〜。




ってことで、昨日は桜坂セントラルの


『bE』に参加。




メインはKAITO。



他にDj unqle KAYA、&Moreみたいな感じ。



まぁ、ハウスですわ。




けど、私はイベントの前に行った中華料理屋が非常にヒットで



音そっちのけ。





口に残ったヒリヒリ感と、



ミラーボールの光に酔ってました。





あ、



ちなみに桜坂は沖縄では有名なゲイストリート。



う〜ん でんじゃらす。

P901i 

December 10 [Mon], 2007, 15:02
『ピロリロりんピロリロりん



携帯の呼び出し音。誰だようるさいなぁ




って思ったら、私のポケットからだよ。


機種変したの忘れてた。




年なんです。許してくださいませ。




あの、


プッシュトーク?ってやつさ、


使いズラ




最新携帯も、使いこなさなきゃ意味無いね〜

君の 

December 09 [Sun], 2007, 15:25

ねぇ、

もうそんな顔しないでよ。

君のその悲しみはぼくの全てに染み込むから。



ねぇ、

もう一人じゃないんだよ。

2つが1つに重なってやっとそこから始まるんだよ。



ねぇ、

きっと君は大丈夫。

その涙は明日への雫になるのだから。




ぼくらが見失ったあの雲は 今も何処かを旅している。




ぼくらが見つけたあの虹は 今でも何処かに繋がっている。




君の『いま』は

今ここにしかないものだから。



君の『いま』は

君にしか作れないものだから。




見上げてみなよ。




あの時並んで見上げた空は 今でもぼくらを包んでる。

想いは 

November 23 [Fri], 2007, 20:22
今は昔。


懐かしき香りに酔いしれて 心深くに思い出す日々よ。

時の音色を奏(そう)する君は 今も想いの中に。


避(さ)らぬ別れに愁嘆(しゅうたん)する日々は

光と影をも分からなくする。



季節は流れて まぶたに浮かぶはあの景色。


今でも繋がるこの空に 想いの果てはまだ見えぬ。


子猫を愛(め)でるみたいに慰(なぐさ)める 大きなその手が永遠ならば

この切なき心は生まれない。



木々の吐息を耳する静夜。

見上げた三日月 想いは同じ。


満たぬ心は渦をなし 有らぬ道へと手を招く。


心に委(ゆだ)ねて 想いに寄せて

この身 彷徨(さまよ)う 今日の日を。

 

November 10 [Sat], 2007, 20:35
高く 高く もっと高く

その折れた羽で どこまで行こうというのか


淡い黄色の雪降る下で

紅く染まった想いに震えて 空がにじんでゆく


歩きつかれた 生暖かい身体は それ以上に熱を欲するようになり

まっ逆さまに 落ちて行く


それ以上なんて

ゆがんだ自分を 捻じ曲げる理由にしかならない


幼心の薄桃色は 

乾きかすれたその胸に ゆっくりと染み込んで

一片(ひとひら)ひらり舞うように

このからだは 落ちていく




見えないモノを 

November 08 [Thu], 2007, 18:08
いつもより沸点上げちゃって

必死になってる奴等のために歌い続けてやるからさ。


ぐるぐる ぐるぐる意味無い事も

ガタガタ ガタガタ御託の前に

ガツンとパンチを効かせてみろよ


人の目気にして気疲れしてさ

そんな目しちゃってうつむく自分は

もうそろそろ 捨てたらいんじゃない??


気にせず たまには型にはまってみても

そこから見える四角い空は

ここから見える空につながってるんだから


ギリギリのとこで

歯食いしばって一生懸命に踏ん張ってるのも

ちゃんと見ててやるからさ


今見えてるモノに

満足しねーで 目に見えないモノを

見つけてみなよ

☆hello I'm guppy!!☆
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:guppy
読者になる
gupp's room
心の中で生まれた想い。

なかなか伝えられないけど
しまって置くにはもったいない。

そんな言葉達を詠いました。


少しでも
多くの人に自分自身の正直な
部分を見つけてもらえると
いいな。