6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) 

2006年06月23日(金) 8時10分
前回にひきつづき今後の活動について考えました。

それぞれのメンバーがそれぞれの思いをもって活動してるということがわかります。ひとりひとりの気持ちが大切にされるかたちで今後も活動していきたいとおもいます。

いろいろな立場の人の考えをきいたり、ものごとの見方を学んだり、一緒に楽しく活動していけたらと思います。

6/14ジャン・ユンカーマン監督講演会実行委員会報告 

2006年06月23日(金) 7時58分
HPの更新がきてなくてごめんなさい(>、<)

遅くなりましたが、先日講演会を終えての振り返りを集まって行いました。
予想していたよりも多くの方にご参加いただき、講演会を行うことができてよかったということが確認されました。

これまでの活動を振り返り、反省点などもみえてきました。
今後どのような活動をしていくかという話のなかでは、普段の身近にいる友達、知り合いと話をしていくことが大切ではないかということが中心になりました。
今後実行委員会としてどうしていくかについて継続して話したいと思います。そのためにも自分はどのような思いで、これからやって行きたいかということをみんなで出し合ってその上で考えていきたいと思います。
焦らずに、どのような活動がよいのか考えていきたいと思います。

6月10日 九条、その夜、若者のつどい 報告1 

2006年06月12日(月) 16時50分
6月10日に「九条の会」全国交流集会のあと「九条、その夜、若者のつどい」に参加しました。

9条ファッションショーと題して、Project Article 9の方が普段の生活の中での9を身につけようと楽しく創造して工夫している姿がすてきだなと感じました。
小沢隆一先生(九条の会事務局)の講演は40分の中で9条について考える様々な側面の紹介という感じでした。米軍再編が、90年代からの資本主義経済のグローバル化にともなって、軍事力をもって管理することが背景にあるという話やこれからは平和的相互依存的な関係を韓国中国北朝鮮をはじめ築いていくことが必要である。そのためには今の社会のありようを見つめなおし、その仕組みやからくりを理解することが大切であるというお話でした。
韓国で平和活動に参加されているアンさんから「韓国からみた九条」というお話もありました。北朝鮮が9条の改変のツールとして機能しているけれども、そうしないためには、今の北朝鮮の体制がどうしてできたのかということを理解する必要があるとお話してくださいました。韓国は北朝鮮と60年もずっといがみ合い続けてきたけれども日本はここ10年くらいの間にメディアが取り上げるようになり、おかしい・不気味だなどというイメージを作ってしまっている、ということを聞いて、ずっと隣にあった国に対しての日本の姿勢こそおかしなものなのではないかと思いました。北朝鮮の体制をイラクを同じように攻撃して崩壊させても、クーデタで軍部が政権を取っても今よりよい体制に変わることは考えにくい。韓国が60年もずっと悩み続けて出した北朝鮮に対しての政策は、今の体制のままで話しあっていこうというものだということ。合理的に北朝鮮と向き合うことが大切だというお話でした。

6月10日 九条、その夜、若者のつどい 報告2 

2006年06月12日(月) 16時40分

「北京からみた9条」として、東大で中国語を教えているリンさんは、小森陽一先生と加藤周一先生が昨年3月に中国で「九条の会」の取り組みを紹介する講演をされたときのお話を通じて、九条の会の活動を対外的にも紹介していくことが大切だということをお話されました。興味深かったのは、中国における日本人のイメージの変遷ということでした。文化大革命後は一握りの軍人が戦争をすすめ、他の多くの日本人は悪くないという教育や文化の交流で高倉けんさんや山口ももえさんなどもおおきく日本人に対してのイメージに影響していたそうです。しかし、90年代から変化しており、日本の政治の保守化によって、日本のイメージが単純化されてしまっているのだそうです。日本においても、反日デモの報道などによって中国人に対してのイメージが作られてしまっている。このような互いのナショナリズムの再生産は利益にならない。一人ひとりがメディアになることによって単純にされたイメージをなおしていくこと、よく交流して、九条の会の取り組みなどしていくことが大切なのだと思いました。

5/27 ジャン・ユンカーマン監督講演会 

2006年05月29日(月) 14時07分
講演会本番です。

講演会には実行委員含め80名の参加がありました。そのうち学生は28名で、群馬大学の学生は教育・社会情報・工学・医学から参加してくれました。教職員の方も多く参加してくださいました。

講演会の後の学生交流会には17名の学生で監督と間近にお話できました。その後のSGD(少 人数に分かれてのディスカッション)でも感想などを交流できました。

感想の紹介
【映画に対して】
・様々な見方があることを知ったと同時に、自分の無知に気付いたような気がした。特に憲法制定への経緯と現在の改憲の論争と歴史認識とのズレと各国の人々の反応が興味深かった。
・日本はアジアの一国ということをもっと意識していく必要があると思う。アジアの外交しだいで世界的に紛争や戦争を抑止できるのではないかと思った。また、現在でも日本の軍備はイージス艦をはじめ、世界でも有数の軍事力を持つのにアメリカの駐留軍は必要ないのではないか?
【講演に対して】
・日本に生まれると「憲法」は当たり前のものに感じるけれど、他国の人はこの憲法の精神に 感銘を受ける。監督もその一人だと思うが、だからこそ、その大切さを強く感じているのだと思う。実際に戦争中の米軍を見て、今真剣に考えているアメリカの人に対して、私達日本人は平和ボケをしていると思った。
・今の世の中が理不尽でやりきれない部分もありますが、一学生としても、一日本人としても、積極的に考え、取り組んでいこうという気持ちになりました。
【学生交流会】
・9条の改正もしくは改悪に対して考えが深まったし、理解もすこしできたと思う。これを契機に様々な人と意見を交換したり、学習して理解したいと思いました。
・色々な人がいるし、色々な意見がありますよね。誰かの意見が絶対!!・・・ということはないと思うので今日聞いた話も頭に入れておきながら、さらに考えていきたいと思いました。

学生からこのような感想を寄せていただくことができたことは本当に良かったと思います。

この企画を行なうに当たり、先生方をはじめご支援して下さった方々、そして当日参加してくださった多くの方々に感謝しております。また、群馬大学までお越しくださり、講演してくださった監督、本当にありがとうございました。

5/26 講演会準備 

2006年05月29日(月) 13時54分
講演会に向けて最終の準備をしました。
講演会会場までの案内表示や講演会の会場の中の垂れ幕、配布パンフレット作成などをみなで協力しながら翌日に向けての準備や打ち合わせをしました。何人の人が参加してくれるだろうか、当日の流れは大丈夫か・・・など不安を抱きながらの準備でした。
いよいよです。

5/24TV出演 

2006年05月29日(月) 13時43分
5月24日7時40分くらいから群馬テレビに出演しました。
映画日本国憲法やジャン・ユンカーマン監督の紹介や、これまでの活動について紹介し、学生を中心にして参加を呼びかけました。
憲法ついて考える機会は、普段はあまり無いということでこの企画をきっかけにして欲しいという呼びかけを行いました。
シール投票を行ったことやポスターの紹介もしました。
いよいよ講演会も目前に迫っているということが再確認できました。

5/18学習会と第8回実行委員会報告 

2006年05月22日(月) 14時59分
《学習会》
マガジン9条の森永卓郎さんの戦争と平和講座「応分の負担って何だろう?」を読み合わせました。米軍の再編に伴って日本が米軍のグアム移転費など計3兆円の負担をすることやこれまでも駐留米軍に対しての「おもいやり予算」など、他の同盟国に比べ突出して高い負担をしていることなど話しました。議論の中で「日本はいったい3兆円で何をかったのか」という話題になりました。日本がこの米軍駐留費の負担を少なくした場合に米国との関係は?それによる経済の影響は?などでました。でも、イラク戦争では独仏は反対を表明したりしています。日本が米国に対して「対等」の関係ではなく「従属」の関係になっているのはなぜなのかと言うことを話しました。皆さんは、どう考えますか?

《第8回実行委員会》
講演会まで残り1週間になりました。まず、今週の宣伝の報告を行いました。授業での宣伝やポスターの掲示ができました。来週は、月火水金の昼休みに荒牧で、木は昭和での宣伝を行います。チラシも監督や映画の内容・交流会のことを盛り込んだものも作っていきたいと思います。Tシャツなどの着用なども確認しました。
当日の流れの確認と用意する必要のある物品や人員について確認しました。当日は受付や誘導係などからはじまり、司会や講師の接待などの役割分担を持って講演会の運営を行います。その際には午前中からの準備にも参加できるかどうかの連絡もお願いします。
ラストスパートです。頑張ります(^。^)/`

5/10学習会と第7回実行委員会報告 

2006年05月14日(日) 4時26分
《学習会》
「有事法制」について学習しました。
’03年に成立した法律には、「有事」の際(日本が武力で攻撃されたり、攻撃されたいるする恐れが合ったりする時)に政府として可能な行動の全体的な枠組みを決めたもの、自衛隊が行う事のできることを具体的にかつ詳細に示したものがあります。もし有事になったら、総理大臣が中心となりどうするのか決定し、それに地方自治体は従わなければなりません。自衛隊は公園に軍事施設を建設したり、個人の住宅を壊して道路にしたりできます。
一般市民も協力するように努めなめればなりません。もし、協力を拒むと処罰を受けることがあります。
「細かい所まで決めているのは戦争するためのように感じる」「有事のために法律を整えておくことは必要ではないのか」「過去の戦争中のように戦争反対と言えなくなるのではないか」といった意見がありました。
'04年に成立した「国民保護法」では、「戦時」に限らず「平時」つまり普段から、戦時のための計画作りや避難訓練を行うことや戦時に備えての教育することが決まられています。
この法律と同時に、首相の判断で空港等を米軍や自衛隊が優先して使用できることや有事の際には役務や弾丸を米軍に提供できることを決めた法律が成立しています。アメリカの戦争に協力するために作られたように感じてしまいます。
参加した1年生の感想→「難しそうな法律などを身近なことに引き寄せて考える事ができてよかったです。」

《第7回実行委員会》
企画まであと2週間になりました。
個々の人への呼びかけを意識的に行うと同時に、宣伝活動に力を注いでいき、22日の週は毎日宣伝活動をしていきたいと思います。シール投票の記事を活用してのポスターを作り、貼り替えたいと思います。広報担当の学生が新たなマークやキャラクターを考えてくれました。
15日に行う「チョムスキー9.11」の上映会を22日の週にも行えればと考えています。
講演の演題「世界の中の日本国憲法」と連絡がありました。監督には講演の内容を、映画の上映前に映画の導入的な話、上映後になぜ映画を作ったのか、映画で一番訴えたいこと、学生へのメッセージということでお願いいたしました。
群馬TVに出演させていただける事になりました。詳細が決まり次第お知らせいたします。

4/27学習会と第6回実行委員会報告 

2006年05月08日(月) 9時33分
遅くなってしまってすみません。報告をします。

《学習会》
斉藤駿さんの「ハトはハトでも伝書鳩 護憲運動の軌道修正という憲法の問題に対する立場を商業の小売り業の視点からとらえた文章をよみあわせました。
いま、社会の中には、9条についてa絶対需要層b相対需要層c絶対非需要層があり、多くの人がb。(ここでの需要ということは変える必要がないと考えると言い換えられます)だからその人たちがどのように考えているのかということを知ることが必要であるということでした。特に「2項だけ変えて、自衛隊の明記と集団的自衛権の禁止を盛り込む」
という人が多くいるということです。
実行委員で荒牧キャンパスでシール投票をしましたが、その時に、今の変え方には反対だけれども、今のままでもいけないのではないかと考える学生が多かったように感じました。戦争はしたくない、でも、自衛するための軍隊をもたないのはどうなのだろうという考え。皆さんは、どのように考えていますか?

《第6回実行委員会》
朝日新聞の記者さんがいらして、企画やこれまでの学習会について取材してくださいました。
宣伝の際に使用するTシャツづくりについて話しました。
教職員の先生方への連絡は進行が遅れていている状況です。チラシは教育と社情の先生には全員に配布していただくことができました。
宣伝の際に、具体的に示す事ができるように自民党の憲法草案や関連する新聞記事の切り抜き、これまでの学習会の資料等を用意したりして実際に話をしやすい工夫をできるといいだろうという話がありました。みんなで工夫しながら、そのアイディアを共有していけるといいなと思います。
当日の企画について、学習企画や全体の流れの計画は動き出したいと思います。
5月15日18時から荒牧でジャン・ユンカーマン監督の映画「チョムスキー911」の上映会を行います。
最新コメント
アイコン画像汁ーんwwwwww
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2009年06月16日)
アイコン画像褌一丁
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年10月19日)
アイコン画像をとこ
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年10月05日)
アイコン画像まさる
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年09月30日)
アイコン画像まあむ
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年09月25日)
アイコン画像くまがいマキ
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年08月22日)
アイコン画像CTomSmihBygin
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年05月12日)
アイコン画像nosetheonness
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年05月11日)
アイコン画像penis enlargement
» 6/21ジャン・ユンカーマン実行委員会(?) (2008年04月29日)
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/gunma_uni_st_9/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gunma_uni_st_9
読者になる
Yapme!一覧
読者になる