群発頭痛の原因

January 25 [Sun], 2009, 19:20
群発頭痛の原因は、現代医療でもそのハッキリとした原因は、残念ながらよくわかっていません。
推測では、群発頭痛の発作中は、眼球の後ろあたりにある血管が腫れて、
その血管の腫れにより周囲の神経細胞が刺激を受けて、
群発頭痛が発症されるといわれています。
さらに、群発頭痛の発症中は、自律神経も影響を受けて、
目の充血や発汗などの症状も同時に起きるといわれています。

群発頭痛の特徴

January 25 [Sun], 2009, 19:28
群発頭痛の特徴は、何と言っても頭痛の強さがとても強いということです。
一般的には偏頭痛の比ではないといわれています。
群発頭痛の痛さに我慢出来ずに、頭や体を壁や机にぶつけたり、
床に倒れこみ悶絶するといった方もいるということです。
群発頭痛は年に1回、多くても数回しか発症しないという特徴もあります。
ですから慢性的な偏頭痛と違い、
群発頭痛は発症の時以外は頭痛に怯えることもなく、
普段通りの生活を送ることが出来るのも群発頭痛の特徴だといえます。

群発頭痛の特徴〜続き

January 25 [Sun], 2009, 19:40
群発頭痛のその他の特徴としては、
女性よりも男性の方が発症する割合が多いことや、
痛む時間は、数分〜長くても数時間でその時間が過ぎてしまえば、
まったく痛みがなくなるといった特徴もあります。
また、決まった時間帯(夜中など)に群発頭痛が発症
することが多いといったこともあります。
こういったところから、
群発頭その症状(痛みの強さ)や発症の特徴は
偏頭痛とはまったく違いますので注意が必要です。

群発頭痛の予防

January 25 [Sun], 2009, 21:17
群発頭痛の予防として有効とされいるのは、
エルゴタミン製剤などの血管拡張予防薬を服用することです。
これは、群発頭痛の原因とされているひとつに、
脳血管の拡張によって頭痛を引き起こすとされているからです。
服用の注意点としては、
群発頭痛が発症してから服用しても効果が薄くなってしまうので、
頭痛の気配を感じたらすぐに服用することです。

その他の群発頭痛の予防薬としては、
副腎皮質ホルモン剤やカルシウム拮抗薬などがあります。
いずれも医者の処方が必要ですので注意しましょう。


群発頭痛の治療

January 25 [Sun], 2009, 21:31
群発頭痛が発症してしまったら、
酸素吸入によって症状を和らげることができるといいます。
酸素吸入といっても、市販の携帯型酸素ボンベではなく、
医療用としての濃度が高い(100%)の酸素を吸入する必要があります。

さらに、血管の拡張を抑えるスマトリプタン注射剤などを
使うと効果が高くなるといわれています。

群発頭痛は一般に市販している鎮痛剤では効き目がほとんどなく、
さらに発症期にアルコールを飲むと、
さらに痛みが激しくなるといわれています。

もし、普段と違った我慢出来ない程の強い頭痛を感じたら、
専門医に診てもらうことが大切です。
頭痛 即効