【 更新情報 】

スポンサード リンク

ガンダム名言  殴ったね

ガンダム名言 ガンダム第9話 翔べ!ガンダム



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

遂に、ガンダム名言の最高峰と言われているあの、名言が近づいてきました。
アムロと、ブライトのやり取りです。どきどきします。が、今回は、あのガンダム名言の序章であるこの言葉です。でも、このガンダム名言も結構良く出てきていますよね。一連の流れが全てガンダム名言なのかもしれません。ということで、それぞれをガンダム名言として捉えていこうと思います。
このシーンは、アムロが駄々をこねているように見えるのですが、冷静になって考えてみてください。アムロは正規の軍人ではありませんから職業?として戦っているわけではなく、偶然が重なって今の状況になっているだけで、戦う義務は全く無いのです。しかも、モビルスーツと呼ばれる棺桶の中でたった一人で戦う。まあ、その棺桶はガンダムという他の追随を許さない最高傑作品でありますから、ゆりかごなのかもしれません。それも、後付で分かってくることですから、この段階でのアムロにはそうは思えないでしょう。
アムロに守ってもらわないと困るブライトはアムロを殴って戦わせようとする。考えてみると傲慢です。ガンダムにはそういった泥臭い部分が満載なんですよね。
その代表格がこのシーンには沢山登場します。ガンダム名言の宝庫。第9話なんですが、

ガンダム名言は、

殴ったね



アムロにしては理不尽に殴られたという印象でしょう。
敵の真っ只中に出撃しろと言われて、拒否をしたら、殴られた。アムロの気持ちは・・・?
ブライトは職業軍人ですから戦うのは当然と言えば当然。一般市民を守るのが職業軍人の使命なのですからね。その軍人が、一般市民であるアムロに戦争協力をしろと強要しています。
これって、下手をすると裁判沙汰になりますね。結果論として連邦軍が勝利していますから、追求されることは無かったようですが・・・。
殴ったね。
これだけで、我慢する。
アムロ、あなたは、やっぱり偉大な戦士なんですね。
間違いなく、ガンダム名言にノミネートです。


君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  貴様は・・・

ガンダム名言 ガンダム第8話 戦場は荒野



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

シャアが冷酷な面を見せている、ガンダム名言の一つです。
この頃のシャアは明らかにザビ家に対する復讐心の塊のような感じでしたね。その矛先がザビ家の末子である友人のはずのガルマに向いています。ガルマ自自身は、シャアがガルマの戦功の手助けをしてくれると信じ込んでいるのが悲しいです。ホワイトベースに対する包囲網をしいたときにガルマの口から出た言葉が、ふふ、これなら必ず勝てる。この言葉は、誰でも完璧なものを仕上げたときに出る言葉ですね。そんな言葉が不意に口をついて出てきただけなのですが、その言葉に対するシャアの言葉がキツイ。

ガンダム名言は、

これで勝てねば貴様は無能だ。



冷酷すぎます。しかし、名言です。
通常の、敵に対しての包囲殲滅戦であれば全く問題のない作戦だったのでしょう。しかし相手が悪い。ホワイトベース部隊ですよ。実際はシャアでさえもこれまで何度も挑戦して勝てなかった相手ですから、ガルマの言葉に対しての名言、「これで勝てねば貴様は無能だ・・・・」に対してなんとなく違和感を覚えるのは私だけであろうか。実際に、この包囲戦でさえも失敗に終わり、ホワイトベースを取り逃がすことになってしまう。ガルマだけではなく、シャアも戦いに勝利すると思っていたはずなのに・・・。とにかく、ホワイトベースは強かった。とんでもなく強かった。素人軍団であっても、とてつもなく強かったということです。さて、ガンダム名言をつづっていく中で、まもなく、ガンダム名言史上に残る、名言中の名言が登場することになります。ガンダムファンの方なら誰でも知っているでしょう。どんなコメントを入れてくるか楽しみにしてください。


君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  アムロ・・・

ガンダム名言 ガンダム第7話 コアファイター脱出せよ



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ


ガンダムにおけるセイラ。アイドル的存在であることは間違いないのだが、男性をその気にさせるという能力に秀でている。この時期のセイラは、まだパイロットとして戦場を駆け巡ることがないため、ホワイトベース内でオペレーターとして活躍している。そんな中で、ガンダムという稀代のモビルスーツに搭乗しているアムロとの交信が頻繁に行われるのは当然といえる。
そのアムロとセイラの交信の中で数多くのガンダム名言が生まれている。
基本的には、アムロを初めとするモビルスーツパイロットに対しての激励というスタンスでの名言が多い。特に、アムロとの会話の中で、実際に年齢が上ということもあるのであろうが、よきお姉さんという感じのやり取りが目立つ。

ガンダム名言は、

アムロ、誰だって自信があってやっているんじゃないわ。
でもねアムロ、貴方には才能があるわ。自信をもって!ハッチ開くわよ。



きました。
アムロが奮起させるには十分すぎる言葉。名言中の名言です。
この言葉を受けて、ガンダムはバーニアを全開にして地上から飛び上がり、
約1分間の自由落下中にドップを打ち落とすことになる。
ガンダムが、宇宙空間、地上だけの運用ではなく、空中戦にも十分通用することを示すことになる。ガンダムの汎用性の高さを表す回となった。


余談ではあるが、ガンダムの小説版をご存知であろうか?
富野氏が書き下ろしたものであるが、その中では、アムロは、セイラと恋人関係になる。兄であるシャアとの狭間で苦しみながらというストーリーであるが、アニメ版ではそういう雰囲気が全くといっていいほどない。後に登場するララァに対する感情のほうが前面に出ているのがアニメ版の印象であろう。
知る人ぞ知る、小説版のガンダムは、アニメ版だけをご覧になった方には衝撃的な内容かもしれない。今後、必要に応じて紹介していくつりである。


君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  この・・・

ガンダム名言 ガンダム第6話 ガルマ出撃す2



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダムの中で、ガンダムを搭載しているホワイトベースがジオン軍から木馬と呼ばれていました。子供の頃は、木馬って何だろう?そんな疑問がありました。その船体の形状から呼ばれたのでしょうが、いったい誰がそう名づけたのかと興味がありませんか?
一般的に考えて、シャアあたりがその名前を定着させた張本人かと思っていたのですが、調べてみると驚愕の事実が判明しました。
その事実とは、この名言を残した人物とは、戦闘機ドップのパイロットだったのです。

この木馬野郎!



このガンダム名言は、某パイロットが、ホワイトベースに攻撃をする際に発した言葉だったのです。この後、木馬という名称が一般化するまでには時間がかかりませんでした。
シャア、ガルマなどの佐官をはじめ、広く用いられるようになりました。
ガンダム名言にランクインです。
これまでの、ガンダム名言は、比較的に名前が知られている人物の名言だったのですが、今回はちょっと違ったタイプの名言です。
何度が、こういった名言も時々出ています。ア・バオア・クーあたりでも殿堂入りしそうなガンダム名言があります。
本当にガンダムは、見る人の心を掴んで話さないですね。30年たった現在でもその人気が衰えません。世代を超えて愛されるガンダム。その人気を支える理由として、多くのガンダム名言たちがあるという事を忘れてはいけないでしょう。

君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  笑うなよ・・・


ガンダム名言 ガンダム第6話 ガルマ出撃す



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダムには多くの名バイプレーヤーが存在します。そういった彼らの言葉がガンダムの名言として光り輝くことも少なくない。昨日の、ガンダムOOにも多くの名言が出ていますが、書きたいのは山々ですが、今後、ガンダムOOシリーズの名言に入った際にご紹介します。

さて、本題ですが、ジオン公国のプリンス、ガルマ大佐。前号でもお話したように、デギン・ソド・ザビの末子として誕生し、端麗な容姿から国民からの強い支持を集めています。ザビ家が権謀術数によって成り上がったという家柄の中で、次兄のドズルと共に正統派指導者となる可能性を秘めた人物でした。ガルマは、彼の意思とは別に持ち合わせた人望を長兄のギレンに利用されてしまうことになるのですが、そこでも、ガンダム名言として光り輝く名言が多数生まれています。それはその時に。

さて、シャアの攻撃により、ホワイトベースは北米に降下。早速、地球方面軍司令官ガルマ大佐のお出迎えを受けることになります。ジオン軍の地上における空飛ぶ要塞、ガウ攻撃空母で出撃しています。ガウ攻撃空母はモビルスーツ4機搭載が可能。更にドップという戦闘機の搭載も可能という優れものであり、能力としてはホワイトベースと同等の能力を持っている機体。
その機体に搭乗し、ガルマの初台詞は前回の「よぅ・・・」。
今回のガンダム名言は、シャアとの会話の中で、

笑うなよ、兵がみている。



ガルマが非常に気にしている姉、キシリアの話になり、シャアにからかわれたときに発した名言です。ガルマがキシリアを畏怖の対象にするのかは未だに不明。親の七光りといわれることを嫌がっているのは分かるのですが、姉への感情は?
いずれにしても、ガルマにとっては嫌なこと。地球方面軍指令という立場と、自信の実績を作りたいという思いを持っているところに、ホワイトベースが舞い込んだ。これを、殲滅することができれば、これ以上はない殊勲となるのは明白。ガルマの意気が高揚したのは間違いありません。

君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  よぉ・・・


ガンダム名言 ガンダム第5話  大気圏突入4



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダムの名言を書きながらガンダムの回顧録を書いていくようになっています。
前回の、レビルの名言を受け、戦争は終結することなく継続されることになります。ジオン軍は、南極条約でコロニー落しを封印されたこともあり、戦略の転換を図ってきます。その方法とは、宇宙における連邦軍の戦闘能力をほぼ壊滅さてはいますが、地球上に残る連邦軍の本拠であるジャブローを攻略すると言うもの。
最終的には、衛星軌道上から降下部隊を降ろすことを狙うのでしょうが、モビルスーツには大気圏を突破する能力がありません。そのためにHLVと言われる降下ポッドを使いますが、落下中は完全に無防備となるため、危険極まりない攻撃になります。その愚を侵さないためにも、地上軍を編成し、立体的な攻撃を行う必要があったのです。そこで、ジャブローへの直接攻撃という諜報情報を流しながら、北米への降下を行ったのです。あっけなくこの戦略が成功し、北米の工業地帯を攻略。ニューヤーク(なぜかニューヨークではない)市に拠点を設置し、その支配エリアを広げていったのです。
その、地球方面軍の総司令官が、ジオン公国の君主である、デギン・ソト・ザビの三男、ガルマ・ザビ大佐です。
ガルマ・ザビは、その風貌からもジオン国民に絶大なる人気を誇っていたのです。ジオンの事実上の首班は長兄のギレン・ザビ(IQ300という天才)となっていましたが、デギンが後継者として考えていたのは実はガルマだったのです。
そのガルマが、初登場で放った言葉がこの名言。

よぉ。なんだい?赤い彗星。



ガルマは、シャアと士官学校で同期だったという間柄。
シャアは己が目的のために、ガルマに近づいたということもあるのですが、ガルマには知るよしもありません。
プリンスのガルマが颯爽と登場したのです。

膠着状態が続いていた戦争も、動きを見せ始めることになります。
ガンダム名言も、続々と出てきます。

君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  ジオンに兵なし


ガンダム名言 番外編



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ


ガンダムの名言としてこれを語らないわけにはいかないため、急遽追加する、名言中の名言があります。
一年戦争が勃発。
スペースコロニーと呼ばれる巨大な人工衛星であるサイド2の8バンチコロニー アイランド・イフィッシュを重量兵器とし、連邦軍総司令部ジャブロー基地に落着させ破壊することを目的とするブリティッシュ作戦を発動するも失敗。コロニーはオーストリアのシドニー付近に落下。オーストラリア大陸の16%が失われるという大惨事となった。
ガンダムのオープニングにあるスペースコロニーの落下シーンはこのときのもの。
再度、コロニー落としを狙ったジオン軍は、ルウムに侵攻するも、後にルウム戦役と呼ばれる攻防戦に発展。連邦軍のレビル大将と、ジオン軍のドズル・ザビ中将の対決となるが、3倍の兵力を持った連邦軍にコロニーの落下作戦は阻止されるも、連邦軍の宇宙艦隊を壊滅させ、レビル大将も捕虜にすることに成功。ここに、連邦軍は無条件降伏を受け入れるために南極条約に調印しようとする。
ちょうどその時、奇跡が起こります。捕虜であったレビル大将が、脱出に成功。
そして、この言葉を発します。

ジオンには、すでに兵はない!



俗に言う、ジオンに兵なしというガンダム史上に残る名言中の名言です。

これは、ガンダムの本編中には登場していませんので、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。
しかし、有名なガンダム名言です。
「ジオンに兵なし」と入れて検索してください。その全文も書かれています。

捕虜になり、ジオン本国に触れ、その実情を見たレビルだから言えた名言です。
連邦軍も苦しいが、ジオン軍はそれ以上に疲弊しているというのです。
この名言により、
南極条約は、無条件降伏の調印式ではなく、大量破壊兵器の使用を禁止するという内容の条約になったのです。
ガンダムの本編は、この出来事のずっと後の話になるのです。

君は、生き延びることができるか・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  ええぃ・・・


ガンダム名言 第5話 大気圏突入3



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ


ガンダムの最強のイケメンヒーロー、シャア。
彼の口癖のような「ええぃ」という言葉。
なんかカッコいいですよね。よくマネをしたものです。
今回の、大気圏突入のシーンでもこの名言が飛び出しています。
ガンダムとの戦闘中に、バズーカの玉切れを起こしてしまい、悔しがっているときの言葉。
シャアのような計算高い人でも、熱くなるとこういうことになるのか。
ガンダムのキャラクターたちがとても人間味があるというのはこういうところからも伝わっていきますね。

ええぃ!スペアがなくなるとは!



大気圏に突入する寸前の攻撃と言う状態で、うかつなことをしていると、
シャア自身も危険に身をさらすと言うこと。
指揮官がこれだけのことをしてくるのは珍しい。
こういう人だからガンダムのキャラクターの中でも一番の人気を誇っているのでしょうね。
ジオン・ズム・ダイクンの忘れ形見であるキャスバル・レム・ダイクンであるというのが、
シャアの人気の秘密だけではないでしょう。

助けてください、シャア少佐



ザクは大気圏を突破できなかったのです。
残念です。

戦いは非常さ。そのくらいのことは考えてある。



この攻撃で、ガンダムと、ホワイトベースはジャブローへの降下に失敗。
そう降りた先は、北米。
ジオンの勢力下に降下することになったのです。
それを実行したときのシャアの名言です。

ガンダムと、ホワイトベースを撃破することには失敗しましたが、
最低限の目的は達成しています。
この辺はシャアのしたたかさです。

ガンダム名言はどんどん飛び出してきます。
ご期待ください。

君は、生き延びることができるか・・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  あなたなら・・・


ガンダム名言 第5話 大気圏突入2



応援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ


ガンダムの劇中にはたくさんの女性が登場します。
彼女たちはそれぞれのシーンで非常に重要な役回りを演じていることが多い!!
もちろん、名言もたくさん生まれています。
まあ、男ですから・・・。
女性に励まされれば奮起しないはずはないですけど。
とかく、ガンダムの主人公であるアムロには多くの女性が絡んできます。
フラウ、セイラ、ララァ、マチルダ・・・・。
ゼータガンダム、逆襲のシャアでも女性がたくさん。
ある意味うらやましいです。
いろいろなシーンが頭に浮かんできますが、確かに名言を多数残していますね。

今回は、この方に注目します。

その名は、セイラ・マス。

「あなたなら、できるわ」



きました。
おだてのセイラさんと、後にカイ・シデンに言われることになりますが、まさにその能力をいかん

なく発揮しています。
聡明で、美人のセイラさんにこう言われたら頑張らない男はいないでしょう。
しかし、男心をくすぐる名言ですね。
アムロも燃えたでしょうね。しかし、状況は過酷を極めていたはずなんでけど。
何といっても、大気圏突入直前に、シャアの率いる4機のザクに襲撃されている状況に対して、
アムロのガンダムが1機で立ち向かうという構図。この段階では、アムロのニュータイプへの覚醒はまだ始まっていませんから、明らかにシャアの技量が数段上。
数的に圧倒的な不利な状況で、一般的に戦力費が1:2の場合、少ないほうが全滅する間に、多いほうに与えられる損害は16%と言われています。
この場合は4倍の戦力差。普通に考えれば勝ち目なしの状況ですね。
この状況で、名言を残すセイラさんの強さはさすがです。
この段階で、アムロのポテンシャルを見抜いていたとすれば凄い先見性を持っていたということでもあります。
さすがです。

君は、生き延びることができるか・・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログへ

ガンダム名言  この時点での・・・


ガンダム第5話  大気圏突入



ガンダムにおけるシャアの存在というものをちょっと考えてみました。
もともとのガンダムの本筋というのは、アムロの成長とともに戦いの虚しさを伝えながら、
戦い自体を超越する人と人の繋がりの重要性を述べている物語と捉えています。
ガンダムの中では、ニュータイプという言葉で、人と人との繋がり方を重視していますが、
私個人としては、言葉でも何でもいいのだと思う。
人と人は分かり合えるということを全ての人々が理解することを願っているということ、
この瞬間も続いているイスラエルのガザ地区にある争いもあります。お互いのエゴのぶつかり合いという側面は否定できない。だから、平行線を辿る。それが分かっているのだから、エゴをぶつけ合うよりも分かり合おうという意思が必要なのでしょう。

さて、本題ですが、シャアの存在は、名言の数が物語るように、ガンダムの劇中ではキーマンとなっています。主人公のアムロが成長する基準となる大きな壁。目標値として存在します。
ここぞというときに名言を残しながら、アムロの成長のきっかけを作っていく存在でしょう。
そういう重要な役回りであるがゆえに、見るものにとっても、巨大な壁であり、憧れの対象になり、今もって絶大な人気を誇っています。

ガンダムの5話には、ガンダム名言が多数存在しています。
まずは、これ。

「この時点での攻撃は古今例が無い!」



大気圏に突入する寸前に攻撃を仕掛けようとする際のシャアの言葉です。
名言ですね。

大気圏突入は、大気との摩擦力で高温が発生します。その高温は耐熱処理がされていない物体であれば、過去にスペースシャトルの事故があったように、耐熱処理をしていても僅かな傷や、ミスがあると、その熱には耐え切れないのです。
ですから、大気圏の突入の際には、突入角度の調整を含めて多くのチェックすべきポイントがあるわけで、それに注力するのが当たり前。
そのタイミングで、攻撃を仕掛けるというのですから、
過去に例がないというのも頷けます。

多くの方がご存知でしょうが、ガンダムの名言の一つですが、悲劇を呼んでしまうきっかけの言葉でもありました。

君は、生き延びることができるのか。