機動戦士ガンダムブルーレイディスク発売

December 14 [Sun], 2008, 12:43
2009年は機動戦士ガンダム放送開始から30周年にあたる年になります。
そのテレビシリーズ30周年に向けてバンダイビジュアルではガンダムシリーズのブルーレイディスク化における充実化を図る予定です。

ブルーレイディスクとして発売されるのは「MS IGLOO(イグルー)」や、「機動戦士ガンダム00」シリーズが2008年下半期にリリースされ、また記念ボックスとして「機動戦士Zガンダム メモリアルボックス」Part.Tが税込価格3万6750円で年末に発売されます。

この内の「機動戦士Zガンダム メモリアルボックス」Part.Tですが、発売になるのは12月19日で内容はテレビ朝日系列の名古屋テレビで、 1985年〜1986年に放送された「機動戦士Zガンダム」となります。

テレビシリーズでは全50話あって、年末に発売されますPart.Tではその内の 25話分(1話〜25話)が収録されています。

残りの25話分(第26話〜50話)、PartUは2009年1月23日(金)に税込価格3万6750円で発売される予定です。

ブルーレイでの魅力はDVDでは表現する事が困難だった高解像度を実現する事ができ、当時のセル画に描かれている発色に、より近い色合いが表現出来るようになったみたいです。
これは総監督(富野由悠季)監修によってHDテレシネが実施されたものだと言う事です。

また、音声も当時の音声を再現しているかのようにクリアになっています。これは非圧縮のリニアPCMと言う技術から成せる技だと言っていいでしょう。

このブルーレイディスクは是が非でもシリーズで揃えたい一品だと思います。

機動戦士Zガンダムがメモリアルボックスで登場

December 14 [Sun], 2008, 12:42
30年前の1979年4月、「機動戦士ガンダム」がテレビシリーズで初めて放送されました。
それを受けて2009年4月にガンダム生誕30周年を迎えます。

そのメモリアル記念として「機動戦士Zガンダム」全50話がボックスとなり、Part1、Part2と2回に分けてブルーレイディスクで発売する事になりました。

この内、Part1は2010年1月22日までの限定発売と言う事が決まっています。

発売される「機動戦士Zガンダム」はテレビシリーズ第二作目の作品で、1985年3月〜1986年2月迄の1年間、名古屋テレビ系のテレビ朝日系で放送されたものです。

「機動戦士Zガンダム」はテレビシリーズの中でも特に人気があるシリーズで、1986年に放送が終了した後も人気が衰える事は有りませんでした。その後、レーザーディスクやDVDが発売されました。その結果、リアルタイムにアニメを見ていた世代の他、10代のファンも掴むなど幅広い世代に愛されるようになりました。

また、「機動戦士Zガンダム」は2005年・2006年と映画化にもなっていて、オリジナルストーリー全50話+新しいシーンで全3部作に分けて構成をし、劇場版「機動戦士Zガンダム」が公開されました。そして人気を確立させたのです。

そんな「機動戦士Zガンダム」がテレビシリーズ初のブルーレイディスクで登場します。

また、ボックスならではの特典ももちろん付きます。最初に発売されるPart1は前半25話分を収録し定価は税込で36,750円になります。このチャンスに是非購入してみてはいかがでしょうか。

2009年元旦はガンダムを見て過ごそう

December 14 [Sun], 2008, 12:39
2009年と言う年はアニメ「機動戦士ガンダム」が放映されてから30周年と言う記念すべき年にあたります。

これを祝って「ANIMAX」と言うケーブルTVやスカパー向けチャンネルでは2009年元旦に「機動戦士ガンダム」全43話を一挙放映するそうです。

ガンダムの全43話は時間にすると21.5時間位有り、これを1日で全て流すのは史上初の試みだと言う事です。

ちなみに放映は下記の3部構成になっています。

【第1部】(元旦深夜0時〜朝6時)
放映:第1話「ガンダム大地に立つ!!」〜第12話「ジオンの脅威」

【第2部】(元旦朝6時〜午後3時)
放映:第13話「再会、母よ・・・」〜第30話「小さな防衛線」

【第3部】(元旦午後3時〜夜9時半)
放映:第31話「ザンジバル、追撃!」〜第43話(最終話)「脱出」

更にただ全話を一挙に流すのではなくて、30周年に相応しく各話の冒頭にて総監督、キャラクターのデザイナー、メカニックのデザイナー、声優達によりコメントが放送されたり貴重な映像が流れたりします。

また「ANIMAX」のサイトでは「機動戦士ガンダム」内に出てくる「エピソード」「キャラクター」「モビルスーツ」の3つの人気投票を募集していますし、視聴者とガンダムのエピソードや思い出を語る「私とガンダム」と言うテーマを募集しているようです。

ガンダムに対する熱い想いを語ったり、自分が好きなキャラクターやモビルスーツはいったい何位位なのか見てみたりしてみんなでガンダム生誕30周年を祝って2009年の始まりを過ごしてみてはいかがですか。

機動戦士ガンダム 生誕30周年

December 14 [Sun], 2008, 12:34
機動戦士ガンダム」がテレビに登場してから来年で30周年を迎える事になりました。

この「機動戦士ガンダム」がテレビに登場したのは1979年の事、これ以前のアニメと言うと子供の見る物、と言ったような印象が強かったと思います。

しかしこの少し後に「宇宙戦艦ヤマト」がテレビで放送され、青年層と言う違った世代のファン層をつかむ事に成功しました。そしてその青年層をターゲットにして次々とアニメが登場するようになるのです。

また、昔の子供向けアニメと言うと「マジンガーZ」や「鉄人28号」などだと思うのですが、やはり子供向けと言う事もあり、人間の心理描写や戦争などそう言った生生しい物は描かれていなかったのではないかと思います。

しかし、「機動戦士ガンダム」が放送される事になって内容を見てみると敵と味方は同じ人間であること、戦争と言う物をすると言う事など色んな要素が絡み合い、ターゲットが大人向けになってきた事を示してきたのだなと言う事が分かります。

また、「機動戦士ガンダム」の人気はそれだけでなくモビルスーツと呼ばれる兵器を使って、出来るだけ現実に近いような形で登場させた事も共感を得た理由の一つなのではないかと思います。

とにかくガンダムが放送されるちょっと前の子供向けロボットアニメとはストーリー、描写は一味も二味も違った観点からみたアニメなので大成功を収め今日の人気に繋がっているのではないかと思います。

それが現実離れをしていなく身近に感じられた秘訣なのではないでしょうか。