ワキガの症状によって異なる手術の方法

February 17 [Fri], 2017, 16:08
どんな手術でワキガの治療をすべきかは、その人に症状によって違います。
ワキガに対して効果を発揮するというクリームやスプレーが広く利用されるようになっていますが、
根治治療をしたい場合は、別な方法が必要になります。

症状そのものを根絶させるためには、病院でワキガの治療あるいは手術を受ける必要があります。

ワキガの症状がどの程度かで、治療のやり方は変わります。
軽度なワキガなら手術をするまでもなく、内服薬や、外用薬で対応することが可能です。

飲み薬や塗り薬では解決が見込めないという場合には、ボトックス注射や、
針を刺して電気を通すことによって治療する方法があります。

多くの場合、ワキガの手術ではメスを入れる必要がありのます、
もしもひどいワキガを改善したいと思っているなら、
ワキガの手術を受けることは正しい判断といえるでしょう。

体にダメージがかからないように、かつ、ワキガの臭いが全くしないようにするには、
剪除法などの手術方法が適しています。

剪除法では、メスを入れた場所が元通りに戸してくれなかったり、
手術の痕跡が皮膚に個乗ってしまったりというトラブルもあります。

メスを入れない場合では、
ワキの下に穴を開けて管を通すことで治療を行う皮下組織吸引法という手術が主流です。

皮下脂肪吸引手術は、施術後の痕跡がごくわずかなものにはできますが、
アポクリン酸というワキガの原因物質が残ることがあります。

さらに超音波を発生させて効果を高める超音波吸引法や、
剃刀のついた専用器具を使用する皮下組織削除法という手術も選択肢としてはあります。

医療機関を受診して、ワキガの診断を受けた後は、手術が必要なのか、他の手法を選択するのか、
よく考えて決断をすることが大切です。


  • URL:http://yaplog.jp/guluauaesanngl/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一颯
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる