いわゆる色恋営業

February 22 [Fri], 2013, 17:45
ヘアデザイナーさんの経営に関して問いかけでしょう。なかなか前に一度お世会話になったヘアデザイナーさんがあなたのおもう通りのヘアスタイルをしてくださったので、近頃またこのヘア ヘアーサロンへ行きましました。

ただ初めの来店舗時からいわゆるトーン恋経営みたいな所があり、其れさえやめてくれたらな…と思っていましました。若手男性美容師のブログ

だれにでも言っていますとは言えますけれど、「ご飯を食べに行こう」とか「フェイスブックやってる?」とか…そうした人気がわたしはヘタでしょう。

又、お客名簿を見たらしく、二日後にMailが来ましました。え、また経営かよ!?というような心境でやり方なく読んだのでしょうけれど、内容は「来てくれてありがとう」というような通常なもので、わたしは「こっちこそお世会話になったことでしょう。またお願いします」と返しましました。「多少は機嫌上がりました?」と返信が来たので、わたしはヘアスタイルが違ってカレシがよろこんでくれたというようなことを伝えましました。していると返事は有りませんです。

通常自身からMailしたら返信ぐらいしますよね?
又、お客名簿を見て顧客にMailしているのってどうなんですか。
なんか馬鹿にされていますような気がして悲しいでしょう。

助言よろしくお願いしていきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:guest987
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/guest987/index1_0.rdf