絶食なんと丸5年 なぞの深海生物、鳥羽水

August 21 [Thu], 2014, 12:02
中村尚徳】鳥羽水族館(三重県鳥羽市)の深海生物ダイオウグソクムシがエサを食べなくなり、来月1日で丸5年になる. 飼育担当者は気をもむが、インターネット上の関心は高まるばかり. 年末年始にはネット上で生中継しエサを与える計画もあり、絶食が6年目に入るか注目を集めそうだ. 特集: どうぶつ新聞 絶食を続けるのは2007年9月から飼育している「No.1」(体長29センチ). 09年1月2日に約50グラムのアジを平らげて以降まったくエサを受け付けなくなった. ナイキ CR7 飼育担当の森滝丈也さん(44)が他の水族館情報を参考に、サバ、マイワシ、メヒカリ、ブリ、サンマなどと目先を変えても、内臓の臭いがしみ出るように工夫しても効果はない. 月1度与えていたエサの間隔を空けてもダメだった.
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/guebrahesog/index1_0.rdf