久々の更新だだだだd 

2006年02月05日(日) 22時20分
どうもお久しぶりぶりです〜〜
サボリってそんなレベルじゃないですねー(殴
今日は大学の連中と遊びにそこで見たものは!!

ナニコレ食べ物?それともタワー?
その正体はパフェ。。。。生クリームいっぱい
自称甘党ですが・・・もういいよ・・・くどいよ・・・甘いよ・・・リバースしそうだよといいつつ6人で完食
とうぶんいりません甘いの。。。

めっちゃさぼってますw 

2005年11月29日(火) 23時03分
あー久々だー  久々すぎてログインするのに手間取った(ナニヤッテンダ

リアルは車をツイニ買ったよーーーーーーーーーーーーーヴィツだこんど写真載せとくわ

そろそろ何かイベントをと、せっかくあの人が帰ってくるのだから盛り上げにとねーw
そこで

第2回君カケ大クイズ大会
12月22日の夜にしようかなぁと(てかします


最近いじってますこのキノコ

涼しくなりましたねー 

2005年10月03日(月) 23時09分
秋も深まるばかりの今日この頃
これからお仕事タイヘンになってきますマスターですが
皆も風邪とか引かないようニねークルシイカラケッコウ

そんでもってそろそろ真面目に君カケの小説を書いていこうと思ってる(ハヤクカケヨ
完全オリジナルで行くので出会った日とかキャラ変わってるとかあるかも(オイ
配役できたらアップしますねー

アキと最後にすごした日・・・・・リ○ティなにやってんだYO

皆元気かな? 

2005年09月25日(日) 0時32分
長野行って来ました〜〜いいところでしたよ
一泊二日で行った来たのです。一日目はいい天気で景色がもう最高!!
写真?二日目にとればいいなぁとオモってまして次の日雨!
一様こんな感じということで写真を

寒かった。。。。露が降りてまして。。。
二日目宿で知り合った人たちと遊びに・・・峠道をひたすら下りますのです・・・
途中で濃厚な霧が。。。。


危ないね、、、イロイロと・・・
まぁこんな感じでした

うは・・・サボリスギダナ 

2005年09月19日(月) 23時15分
うん!さぼってました・・・ゴメンチャイ
今度連休長野行ってきますわ〜〜〜
スケジュールがハードなのは内緒

ここんとこ 空が高くなってきまして秋ですね〜〜満月もきれいに見えましたよ

SSですがリス○ィーさんがなにやら怪しいことを言ってます。。。。

さらに続く 

2005年08月23日(火) 0時09分
何百年前だっただろ・・・魔物との戦争。歴史の教科書に載っていたのを覚えている
その時はこんなこともあったのだなくらいしか思っていなかった。いつだったかアキと一緒に行った占い師のところ「あなた方には大きな災いが降りかかるであろう。世界をも巻き込む大きな災いに巻き込まれるであろう。それはパンドラの箱である」と
戦争・・・小競り合いはあったことは知っていた
「・・・である。君たちが戦列に加わることを期待している。以上だ」
長々と続いた話を半分聞き流しながら考えていた
話が終わり教会を出ようとすると出入り口でこの戦争に参列する署名をやっていた
「集会のときにでもみんなに話すか」
真樹は署名活動を横目で見ながら教会を出た
 考え事をしながらペコをひいて移動していると突然腕を引っ張られた
「わ、なんだ?」
「おじちゃん・・・・」
そこには小さい女の子が真樹の腕を引っ張っている
「イチゴじゃないか、どうしたんだい?」
「おじちゃん、難しい顔してる」
イチゴが心配そうな顔をしている
「イロイロあってな、たいした事ないさ」
心配させまいと真樹は笑顔を見せた
「キャーーーーーーー」
突然の悲鳴が聞こえた
「なんだ!?」
プロンテア中央から逃げてくる人々
「何があったんだ?」
「イチゴ見てくる!」
イチゴは走っていってしまう
「おい!イチゴまて・・・」
真樹も慌ててイチゴの後を追いかけた
噴水のところに出たとき目を疑った
「どうなんてる!何が起こった!!」
そこには複数の人が血を流し倒れている
「おじちゃーーん」
「イチゴこれは・・・!!」
そこにはカリンツの大群が市民や商人達に攻撃をしているのだ
もちろん討伐のためのプロンテアの兵士が出ているのだが・・・犠牲者が増えるだけだ
「動けるものは負傷者の手当てを!戦えるものは私についてきてくれ!」
騎士ギルドのエドモンドが叫ぶ
「枝か?」
「違うよおじちゃん!あれを見て!」
イチゴが指差す方に黒く闇のようなワープポータルがある
そこからカリンツが沸いているのだ
「このままじゃ、ツーハンドクイッケン!」
真樹は走り出す・・・・

さてこの後どうなるか 私にもわからない(ナニ

つづき 

2005年08月23日(火) 0時06分
 教会の前では各ギルドのマスターが例の紙切れを手に集まっている
「こんなにギルドがあったのか・・・・」
内心ギルドマスターの多さにびっくりする真樹
「ギルドマスター各位に、速やかに教会内に入り整列してください」
クルセイダーGの兵士が教会の入り口で声を上げた
教会内に入り整列するとすぐにはじまった
普段なら長椅子が置かれ礼拝や結婚式が行われるのだが今日はその長椅子が撤去されている
「私はクルセマスターである。諸君らは噂で聞いているだろうがプロンテア騎士団がグラストヘルムの攻撃を受け壊滅状態である。このままではいつここに攻められるかわからん!そこでだギルドマスターの諸君、君たちの力を貸していただきたい。もちろん報酬を払う。我々の力を貸していただきたい。さすれば・・・・」
 
2000文字って以外にすくないのね・・・・・

最近問題イロイロあるね 

2005年08月23日(火) 0時00分
悩めるマスターです・・・・・なるようにしかならんのですが
現実逃避のそのまた逃避で小説を・・・少しずつ書いてます。
今日は久々に乗せるぞーー

君カケ小説の断片です〜〜

それは突然起こった。グラストヘルムが宣戦を布告してきたのだ
しかも宣戦と同時攻撃プロンテラ騎士団の前哨基地はなすすでもなく陥落
魔法都市ゲフェンの近くまで迫っていた
プロンテラ騎士団は急遽討伐部隊を結成しこれを向かい打つべく進撃したが・・・・
「なに!プロンテラ騎士団が壊滅しただって!!」
真樹は耳を疑った、ミッドガルド大陸最強と言われた騎士団が壊滅したのだ
「場所は?本当に壊滅したのか?」
コクンと頷くレイ
「場所はグラスとヘルム50キロ手前だ。伏兵に遭ったらしい」
「ふむ。それでうちらにどうしろと?」
真樹は腕を組んでレイを見つめる
「さぁー」
そこに聖戦士の一人であろう兵士が駆け寄ってきた
「あなたが君のカケラのマスターですね、クルセマスターがお呼びです」
そう言うと紙切れを渡しそそくさとどこかへ言ってしまった
「ふむ・・・なに!」
真樹はその紙切れを読んで驚いた
「各ギルドマスターを集めているようだ・・・・」
「傭兵ってことか?」
「だろうな・・・」
「いくのか?」
「行かなきゃしょうがないでしょ・・・ここも時期に来るからな」
真樹はそういうと足早に教会へと向かった


次に続く

お盆休みだ〜 

2005年08月18日(木) 1時00分
お盆休みをいただきましてROに奮闘中な私
今日はオモチャでBS君をあげあげ

アサシン君がこんな姿に・・・それでもがんばりました

暑いねー。。。。 

2005年08月08日(月) 23時55分
今日は寝る前に崑崙いってきましたーアサシンでね
南に帰ってきたら

草が地面から突如出現・・・・食べられちゃうよ・・・・
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像ほたる
» 久々の更新だだだだd (2006年04月08日)
アイコン画像ほたる
» めっちゃさぼってますw (2005年12月09日)
アイコン画像高遠ひとみ
» めっちゃさぼってますw (2005年11月30日)
アイコン画像ほたる
» 涼しくなりましたねー (2005年10月07日)
アイコン画像真樹
» 涼しくなりましたねー (2005年10月07日)
アイコン画像ほたる
» 涼しくなりましたねー (2005年10月04日)
アイコン画像ほたる
» 皆元気かな? (2005年10月02日)
アイコン画像真樹
» 皆元気かな? (2005年10月01日)
アイコン画像ほたる
» 皆元気かな? (2005年09月28日)
アイコン画像高遠ひとみ
» さらに続く (2005年08月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:guardian1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる