香港バーゼルもったいぶるガイド

November 27 [Thu], 2014, 15:25
がない場合のような芸術博覧会のように芸術祛魅。テレビや美術館にあれらの神秘、高尚、不可解な物件価格のすべてが期待され、それらを持って帰って、値段が引き合えば。
第二回バーゼル香港芸術博覧会(アートBasel Hongによる例外なく 西川 寝具 日本製。バーゼルれな著作権後、本来の香港艺博がより多くの国際的。世界中から著名ギャラリーで灣仔一字にずらりと並んでいて、歓迎する。
もちろん便利内地のコレクターや芸術愛好者。もしあなたが見た今年の展ちょっと茫然として、以下のいくつかの提案をあなたに見えるいくつか来年道士。
1 .艺博会は芸術を観賞するところ。画廊のささやきここになって1種のような大型ショッピングセンターの体験。それだけに、いらない艺博を見すぎで盛大に。ディナーセットが出席して、かえってあなたはさっきからわざわざ中環の通勤服を着替えたOL。本当の大コレクターはジーンズにスニーカーを蹴っているペアで来ました。
2 .恥ずかしくないで引き合い。芸術博覧会はもともと開門商売の場所。ただ芸術界が俗物、ギャラリーと非VIP時間を無駄にしたくない。もしあなたは不幸だとされているVOP(にordinary people、すなわち一般人で、そんなに画廊主は可能性が胸いっぱいに言って申し訳ありませんが、すみませんが、この絵は売って不便オファー。この第3点を参照してください。
3 .中国内地の「偽装土豪」、衣冠できなかったし、きっと英語を話さない、共通語が必ず持っアクセント:私の代表の瀋陽の顧客。この時にギャラリーが熱心にみせる彼らの見積書。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/guanbing/index1_0.rdf