【 更新情報 】

スポンサード リンク

グアムでウェディング

最近、海外挙式が人気ですよね。
グアム島でも挙式をあげることが出来ます。

グアム島は日本から3〜4時間。
時差も少ないので、どの国よりも家族や友人にきてもらいやすい場所です。
私的に、グアムはオススメの海外挙式スポットです。
叶うならば私も、もう1度グアムの海の見えるチャペルで挙式を上げたいですもん。

さて、グアムで人気のチャペルですが、2つあります。

まずはブルーアステール。
恋人岬を望むタモンベイの中心に位置する『ブルーアステール』。
白い三角形の建物が印象的で一面に張りめぐらせた窓から海が臨みグアムの太陽の光を浴びながら南国ムード満天のチャペルです。
タモン地区にあり、30人まで参列できます。ワタベウェディングさんでグアムでの海外挙式プランがあります。

もう1つは、クリスタルチャペル(風の教会)
ホテルニッコーグアム内にある『クリスタルチャペル』です。
海にそびえ建つ純白のチャペルで、美しい海の上を歩くようなオーシャン・マジックに酔いしれます。
70人参列できます。ワールドプライダルさんでグアムでの海外挙式プランがあります。

新婚旅行もかねて、ぜひ心に残る素敵な挙式をグアム島で挙げてくださいね。

>>海外旅行におすすめのスーツケース情報

グアムでプール

海だけでなくプールでも楽しみたい人は、ウォーターパークに行きましょう。
グアムには個性的なウォーターパークがそろっているので、1日遊んでもあきないほどです。

ここでは、グアムの3大ウォーターパークを紹介します。

1.オンワード・ビーチリゾート 
オンワード・ビーチリゾートホテルに隣接するウォーターパークです。
ここには、マンタと呼ばれる高さ12mの壁面を専用ボードに乗って滑り落ちる、グアムで最もスリリングな絶叫スライダーがあります。かなりの角度で滑り降りるので、絶叫系が好きな人にはたまらないそうです。
また、最大1.2mの波が立つ造波プールがあり、ボディーボードが楽しめます。初心者には無料レッスンもあり、インストラクターが丁寧に教えてくれます。
さらに、ジャクジーもあるので、遊び疲れたらゆっくり温泉気分で体を癒すのもいいでしょう

2.パシフィック・アイランド・クラブ(PIC)パシフィックアイランドクラブ(PIC)ホテルに隣接するウォーターパークです。
ココだけでずっと楽しめる1日では足りないスポットです。
まずはカヌー。湖をカヌーでゆったりと周ります。ジャングル庭園のような湖なので、探検しているような気分になれます。
ゲーム用プールもあります。プール上に浮いている四角いボードを踏んでどこまで水上を歩き渡れるかを競争したり、水上で綱引きをしたり、みんなで楽しめます。    
泳げる水族館は2000匹以上の魚が泳いでおり、シュノーケリングで間近に見ることができます。
その他、メインプールやキッズプール、ジャグジー、水中バレーができるプールもそろっています。
さらに、ウォーター パーク以外にも様々なアクティビティがあるのがPICの特徴です。
アーチェリー、ゴルフ、ラケットボール、テニス、ローラーホッケー、バスケなど様々な遊びがそろっています。

3.ターザ(プラザホテル)グアム・プラザホテルに隣接するウォーターパークです。
マスターブラスターという、下から上に水流の力でかけ登るめずらしいスライダーがあります。
なんとも不思議な感覚です。
そのほかにもスピードシュートという最大傾斜45度のスリリングなスライダーがあります。
全長も75mと長く行けば行くほどスピードもどんどん加速していきます。
そしてここにも、フローライダーと呼ばれる本格的な波乗りプールがあります。
なんとボディボードの世界基準と同条件の設定です。
ここでも、スタッフがちゃんと指導してくれるので、もしかしたらすぐ波乗り名人になれるかもしれません。
最後に、このターザは何といってもスライダーの種類の多さが自慢です。
全部で11種類もあります。行けば必ず全制覇をしたくなるでしょう(笑)。
もちろん水中バレーや流れるプールなどもあり、小さなお子さんも楽しめるパークとなっています。
入園後は1日出入りが自由なので、観光やショッピングをしてからさらに遊ぶこともできます。


グアムを満喫オプショナルツアー陸編

海・空ときたら、次は陸です。
陸のオプショナルツアーと言えば観光地めぐりです。
日本の免許証をもっていればレンタカーを借りて観光スポットを巡ることも出来ます。
もちろん、バスで巡る事もできますので、いろんな観光スポットを巡ってグアムという島をもっと理解しましょう。

常夏の島=陽気というイメージですが、
実は、グアムには悲しい過去や複雑な過去がたくさんあるのです。
そんなグアムの文化や歴史を知ることができる観光スポットを紹介したいと思います。

1.太平洋戦争国立歴史公園
  1944年7月21日、米軍と日本軍の間で激しい戦闘がありました。
  グアム奪還のためにアメリカ軍が初上陸した地でもあります。
  今はそんな戦闘があったとは思えないのどかな公園ですが、園内の太平洋戦争博物館には、
  魚雷のオブジェや慰霊碑が展示され、戦闘の激しさを認識することができます。
2.フィッシュ・アイ・マリン・パーク
  熱帯サンゴ礁のすばらしい世界を観察できる施設。
  海上に延びる約300mの桟橋の先には水深約10mまで続く回収展望塔があります。
  展望フロアからカラフルな魚たちを観察でき、サンゴ礁のすばらしいさに感動する事でしょう。
3.スペイン広場
  現在は広場ですが、スペイン統治時代(18〜19世紀)にあった総督邸は太平洋戦争で
  ほぼ消滅してしまいました。
4.ラッテ・ストーン公園
  ラッテストーンとは、石の柱の上に、臼のような形をした石を載せた石柱です。
  何の目的でつくったのかはいろんな説があり、高床式建築物の土台という説が有力です。
5.平和記念公園
  太平洋戦争で、小畑英良率いる守備隊が玉砕した激戦地です。
  慰霊塔や防空壕などがあり、二度と悲劇が起こらないようにとの願いがこめられています。
6.恋人岬
  とっても有名ですよね。スペイン統治時代、チャモロ人女性がスペイン総督に結婚を迫られ、愛するチャモロ人の恋人と永遠に一緒になるために、お互いの黒髪を結び、ここから身を投げたことからこの名前がつけられました。
7.ハマモト・トロピカル・フルーツ・ワールド
  約20万uもの広大なジャングル。「自然と共存」をテーマに、観光客だけではなく現地の学生にも自然学習  の場として活躍しています。園内では南国のフルーツ食べ放題やココナッツ採りのパフォーマンスなどもあ  り、子供からお年寄りまで楽しめます。
8.タロフォフォの滝
  グアムで最大、かつ最も美しい滝が流れる場所です。ロープウエイを使って滝にいきます。
  水着で水浴びもできたり、綱をつかって滝を登ることもできます。
9.イナハラン天然プール
  グアムで火山活動が激しいかったころ岩石で海水がせき止められてできた天然のプールです。
  実際に泳ぐこともできます。
10.マゼラン記念碑
  世界一周を成し遂げた探検家マゼランが、1521年3月にグアムに初上陸した場所。
  それ以来1898年の米西戦争でアメリカに負けるまでグアムはスペイン統治となっていました。
  毎年3月のグアム発見記念日にはお祭りが開催されています。
11.ウマタック橋
  ウマタックに首都が置かれていたスペイン統治時代をしのばせるアーチ状の橋。
  赤と白のヨーロッパ調の橋です。両脇の塔は登ることができ、のどかな風景が楽しめます。
12.タライファク橋(スペイン古橋)
  18世紀後半に建設された眼鏡橋。
  当時のスペインが持っていた建築技術を駆使して設計され、自然景観と見事に調和されています。
13.ナム滝自然公園
  ジャングルの中にあり、熱帯の植物が溢れる自然公園。
  野性的な滝の上には天然プールがあり、公園内ではココナッツ割りなどの実演も行われています。
14.ドッグレース
  これも観光スポットだと思います。
  ドッグレースは、グアムで唯一の政府公認ギャンブルです。
  月・水・金以外の夜7時45分から、1日10レースほど行われます。
  グアムの夜の一つの楽しみでもあります。
  このドッグレースは、グレイハウンドという狩猟犬が、1周440mのコースを
  走って順位を決めるレースです。競馬とほとんど同じ感じです。
  ただこのグレイハウンドは足が速く、時速50km以上で走る様子は迫力満点です。
  
全てを周るには時間が足りないかもしれませんが、たまには目線をかえてグアムの歴史や生活を学んでみるのもいいかもしれませんね。

>>海外旅行におすすめのスーツケース情報♪

グアム島を満喫オプショナルツアー空編

グアムと言えば、海やショッピングだけではありません。
最近では空で遊ぶのもグアムでの人気のオプショナルツアーの1つです。
空から眺めるグアムの町はきっと最高です!

まずは、ヘリコプターの旅。

ピアマリンホテルの向かい側にある「アメリコプターズ」では180度ワイドビューでグアム島を1周するというツアー(飛行時間35分〜40分)や、タモンと恋人岬ツアー(飛行時間5分〜10分)、セグアの滝とアプラ港ツアー(飛行時間20分〜30分)があり、空からグアムの海・建物・自然を瞬く間に眺める事が出来、私たちを魅了します。              
その他にも、教官が丁寧に指導してくれる「パイロット体験ツアー」もあり男性の心も魅了しています。

次は、お馴染みのスカイダイビング。2000m以上の上空からダイビングします。
決して罰ゲームではありません(笑)。

グアム国際空港内にある「タンデム・スカイダイブ」では、インストラクターが丁寧に教えてくれ一緒に飛んでくれるので初心者でも安心です。飛んでいる時は、下に落ちているという感覚はなく、鳥のように空を飛んでいるような気分らしいです。
実は私、死ぬまでに1度はこのスカイダイビング体験してみたいんですよね。

そして、ヘリコプターやスカイダイビングはちょっと・・・って人にオススメなのがパラセイリング。

モーターボートにひかれてパラシュートで空中散歩ができるのがパラセイリングです。
「アルパン・ビーチ・クラブ」では、グアムで唯一二人乗りスタイルでのパラセイリングが楽しめます。ふわっと宙に舞い、全身で風を受けながらグアムの美しい風景を2人で堪能できます。
しかも、フロリダのディズニーと同じ「スカイライダー・パラセイリング・アエリアル・レクライナー」と 呼ばれる特別にデザインされた世界でもっとも安全とされている物を使用しているので安心して空からの景色を楽しむ事ができます。

>>海外旅行におすすめのスーツケース情報♪

グアムを満喫オプショナルツアー海編

グアムといえば海ですよね。
グアムに来て海に入らないなんてもったいない!
私がグアム旅行するなら、絶対つける(つけたい)オプショナルツアーをピックアップしました。

まずは、ファイファイ・ビーチ。

グアムで最も透明度が高い海と言われ、真っ白なパウダー状の砂のプライベートビーチで、隠れ家的な場所として人気があります。
ジャングルや洞窟探検、シュノーケリングやカヤックなどが自由にでき、地元の人のタヒチアンショー(ダンスショー)やココナッツデモンストレーション、ブルメリアの花でレイを作るフラワーレイ作りも楽しめファイファイビーチだけで1日時間をつぶすこともでき、グアムの良さが思いっきり味わえます!

次は、海の中を探索です。。

スキューバ・カンパニーさんは体験ダイビングやイルカツアーなど、様々なツアーをしています。

また、ダイビングはちょっと・・・という人でも海の中が楽しめるように、ヘルメットをすっぽりかぶって顔を濡らさず海中散歩ができる「シーウォーカー&アクアウォーク」があります。
この「シーウォーカー&アクアウォーク」は陸にいるときと同じように呼吸ができ、手軽に海の中を散歩できます。また、メガネやコンタクトをしている人も気にしなくていいので綺麗なグアムの海をそのまま見る事ができます。

それでも海にもぐること自体に抵抗があるという人は、イルカウォッチングがオススメ。

船に乗ってイルカを見に行くので海にはもぐりません。
運がよければ、船長がイルカのジャンプを誘うような波を上手に作ってくれるので、まるで水族館のようなイルカショーをマジかで見ることができるかもしれないそうです。
それでも、私みたいにイルカと泳ぎたいという希望者には浮き輪がわりのベストをつけてシュノーケリンもを楽しむこともできます。
ただ、イルカは朝早くが一番活発に活動する時間帯なので、ツアーは早朝。早起き&朝からハイテンションでいかないといけませんけど(笑)。

グアム島に行きたい!

友達がグアムに行くと決まって私までグアムに行きたくなりました。
そこでグアム旅行のシュミレーションです。(悲しいけど・・・)
私がグアム島に行くときは絶対冬に行きたいと思っています。
真冬の日本から真夏のグアムにいけるそのギャップがいいですよね。
まっ、もともと冬が苦手で夏が好きだっていうのもありますけど。
寒い日本の空港を出発し、3〜4時間飛行機の中で眠っていたら、
あっという間に常夏のグアム島に到着です!
だから、グアム旅行はちょっとした3連休でも行くことができます。
時差1時間とほとんどないし、飛行機乗る時間も3〜4時間だし、料金もそんなに高くないし。
とにかく手軽なのがうれしいですよね。
グアム島は常夏の島ですから、忙しい日本とくらべると時間がゆっくり流れ、日頃の悩みもふっとんでしまいます。
それに、グアム島の陸・海・空は遊びが詰まっていてまさにパラダイスです。
海で遊び、ショッピングをして、観光をして、おいしい料理を食べて、ウォーターパークで遊んで、
スカイダイビングやパラセイリングなど空を楽しみ、トレッキングやリバークルーズで自然と戯れて、
ゴルフをしてなどなど。休んでいる暇なんてありません。
それに、グアム島に行くと不思議と気持ちもポジティブになるので、普段しない事、新しいことに挑戦してみたくもなります。
日本ではなかなか出来ない事を、オプションをたくさんつけてグアム島を満喫しましょう!

グアム島でmiumiu

海外旅行の楽しみの1つはお買い物ですよね。
しかもブランド商品って日本で買うより、海外で買ったほうがお徳だと思いませんか。
特に今は円高ですから海外で買うと2割は安いのでは♪と期待してしまします。
しかし、残念ながら私今のところ海外旅行の予定はないんです。

しかし、友達が近々グアム旅行に行くという情報をゲット!
なので、ちょっとおつかいをしてもらおうと思ってます。

私が、昔、グアムに行った時はDFSギャラリアに「miumiu」がありました。
といっても、ブディックという形ではなくて、コーナーという感じでしたが・・・
この時、目に付いたのがmiumiuのパンプス!
しかも、ラスト1点!!これは買うしかないでしょう。
でも、このmiumiuのパンプス、みんなが試着しててソールのmiumiuのマークは消え気味でした。
しかし、私の足のサイズは22cmとスモールサイズ。日本でもなかなか気に入ったパンプスに出会えません。でも、このmiumiuのパンプスは私の為に残っていたかのようにピッタリ。
そこで、意を決してお店の人に交渉(値切るともいいますが)。
そしたら、さらに10%割引をしてくれたのです。やっぱり言ってみるものですね。
他、miumiu財布とバックも手に入れて大満足でした。

こんな話もあって、またグアムに行ったらDFSギャラリアに行ってmiumiuを見ようと決めてました。

しかし、今回は友達にお願いするし、私はネットでちょっと下見をする事に。
あれ?友達に借りてガイドブックのブランド別取り扱いショップ在り処というのも見たのですが・・・
見当たらない。どうやら、私の大好きな miumiuはグアムには、もうない様子。
こんな買い時のときに・・・結局miumiuはあきらめしかないうようです。
でも、せっかくのチャンスですもの。
DFSギャラリアはルイ・ヴィトン、シャネル、ブルガリ、グッチ、プラダ、エルメス他に13店舗もブランドがあるみたいなのでジックリ探して絶対何か買ってきてもらいます。