恐怖の尿検査。 

October 26 [Thu], 2006, 16:04
母子手帳を貰ったので初期検査?に行ってきた。検査料がタダになるのは嬉しい。
私のつわりは時間制らしく夕方〜午前中にかけて症状が酷く。午後の6時間くらいは調子がいい。
しかし病院には午前中に行かないとマズイ。そんなわけでゲロゲロなりつつ昼前に用意して出かけた。
その用意がまずかった。
私の頭の中には『検査=血液検査』という構図しかなく『出かける前にはおしっこ』という幼少時代の母の教えの通りにトイレでスッキリしてから出かけてしまったのだ。
これが午後でつわりの軽い状態だったらもう少し頭が働いて『血液検査と尿検査だから』という火曜日の先生の言葉を思い出せたかもしれない。けれどもう遅い。出しちゃったものは戻らない。
そんなわけで受付で『血液検査と尿検査ですね?』と言われてコップを差し出された時の私の『やっちゃった感』はたとえようのないものだった。
トイレのいたる所に貼られた『最低ここまで!』の赤い文字と線の書かれた注意書き。出せるわけない。つか量多すぎ。学校の尿検査なんてシュウマイの醤油入れくらいの量じゃなかったっけ?
それでも頑張ってコップ底から2mmくらいの量を搾り出した私は案の定お姉さんに呼ばれて再度の提出を余儀なくされた。
『16時まではやってるから水やお茶をガンガン飲んできてください』と言われたのが12時。
私の通ってる産科は大学病院なので食堂や休憩所や売店が充実している。
とりあえず飯だ。と最上階の展望レストランに行く私。吐き気があるにもかかわらずステーキ丼を注文。セットでアイスティーを頼む。丼についてる味噌汁とアイスティーを交互に飲んで既に腹いっぱい。
つわりで小さくなった胃に丼飯はさすがに無謀だったらしい。肉数切れと大量の飯を残してしまい何か負けた気分で店を出る。悔しい。胃が復活したら絶対にリベンジしてやる。
ここで微妙に当初の目的を忘れるが売店を前にして『水分!』と思い出す。
100%りんごジュースの小さいペットボトルを購入。ロビーでちびちび飲みだす。13時。
だから小さくなった胃にはなかなか水分入ってかないのよ。食道にまで水分つまっててヤバイって。と込み上げるりんごジュースと戦いながら1時間後に十六茶を投入。
それでも尿意は襲ってこない。なんで。どうして。膀胱炎になった時は嫌だっつーのにあんなに頻繁に出てきやがったのに。肝心な時に使えない膀胱野郎め。
尿意は無いがロビーでおとなしく水分補給してるのに飽きたので15時に再検査に向かった。
これで出なかったら明日また来ればいいや的な投げやりな気分でトイレに入ったら出るわ出るわアホみたいに湧き出てくる黄金水(前夜にビタミン剤飲んだのはやっぱまずかったかな)
最低ラインを軽く超え『こんなに必要ねーだろ』って量をお姉さんに渡して帰ってきた。
ああ。しんどかった。あんなに出るなら十六茶と最後の1時間は必要なかった気がする。すごく損した気分。
昼飯代と売店で衝動買いしたアレコレで結構お金使ってしまったし。タダより高いものはないって言葉を身に染みて味わった1日だった。

妊婦はじめました。 

October 24 [Tue], 2006, 17:05
妊娠した。思えば長い道のりだった。
いろいろあっていろいろあっていろいろあって今日やっと10w0dの妊婦検診。
『母子手帳貰ってきてくださいね』の一言がどれだけ嬉しかったか。
かなり初期から出血が続いていたせいか幸せな妊婦というより流産判定待ちの気分の方が大きく。
昨年末の稽留流産が効いてるのか『今回もダメだー』と妊娠がわかってからずっとネガティブ思考になってた気がする。
そんなわけで絨毛膜下血腫による大量の出血で病院に運ばれてから10日後の今日。やっとちゃんとした妊婦検診なるものを受けてきた。
血腫は3cm×4cmあったのが9mm以下にまで小さくなっていた。
このまま胎盤に吸収されていくだろうとの話。
胎児の大きさも10日前の検診までは実際の週数より2週ほど育ちが遅かったのが今日の検診ではちゃんと10週の大きさに育ってて驚いた。
恐るべし胎児の成長力。すげぇ。追いついてるよ。母ちゃんびっくり。
排卵日がずれたんだろうと言われていたが違ったらしい。
それはそれで何で今までは小さかったんだって不安も残るが。
そして帰りに役所で母子手帳貰ってきた。
なんかものすごくでかい。ありえないほどでかい。母子手帳てこんなでかくて分厚いもんだったっけ?
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gu-tara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる