マラソン 

2014年01月23日(木) 11時29分
もうすぐ、愛美のマラソン大会があります。
昨年末から今年初めまで、家族の誰かしらが調子悪かったりで パパとの朝練も なかなか出来ない日が続いていました。

相変わらず、マラソンの日になると憂うつになっている愛美をみていて、実際の練習でどのくらいみんなと差がついているのかなーと、ふいに考えはじめた私。

きちんと担任の先生と話した方がいいものなのか、あまりに差がでて 1人で走っている時間が長いようなら 愛美には走る周を減らしてもらった方がいいのか、 でも今まで 特別対応はしてもらわず 普通に生活してきたから なるべくなら このままいきたいなーとか・・・
愛美のために何をすることが1番なのか、久々悩んでしまいました。

旦那さんとも話をしてみたけど、ポジティブ志向の旦那さんは マラソンの趣旨は誰かと比べて走るものじゃないから、自分のペースで走ればいいんじゃないか??ってことでした。

その日の夜、マラソンの話を愛美としてみました。
みんなとどのくらい差があるのかも聞いてみました。
「マラソン大会の日は木曜日だけど 、雨が降ったら次の週の水曜日だから そしたらパパコーチもみにいかれるんだけどな」と言うと、 『愛美、マラソン大会まで毎日朝練したいな。だってさ、毎日練習したら それだけ速く走れるようになるじゃん。 それで雨が降ってコーチにみてもらいたい』と愛美。

それを聞いて、私の中で抱えていたものがスーッと消えていきました。
特別対応なんて頼まなくてよかった。
先走らなくて、よかった。

周を減らしてもらえば、みんなと同じくらいの時間に走り終わると思うけど、それでは愛美の中に やりきった達成感とか生まれないかもしれないものね。

学校での様子をみると、運動面はもちろん、学習面でもついていけてなくて、自信がないのか みんなに意見をいうのも苦手なんだけど
この前向きなガッツは これからも伸ばしていきたいし、私も見習わないといけないなーって思いました。
実際には『やっぱり、毎日はきついから火、木、土、日でいいかな』でしたが
長文失礼しました

胸が痛い 

2013年12月17日(火) 20時50分
夕飯の時、愛美のマラソン大会練習の話題になりました。
2月に学校行事でマラソン大会があるので、今から 中休みの5分間 校庭8周を走る練習をしているのです。

ま「今日ズルしちゃったんだ。
愛美、まだ6周しか走ってなかったんだけど
みんな どんどん走り終わって 愛美とあと2
人だけになって 最後1人で走るのが 嫌だっ
たから 8周走らないで 終わりにしちゃった


私も 学生時代 最後まで残って走った経験があるから、気持ちは よく分かるなー

私 「でもさ、ズルして6周で終わるのと 遅く ても8周最後まで走るのと どっちが頑張
った感じがする?」

ま 「最後まで走ったほう・・・」

マラソンの大切なことは、人と競うことじゃなくて 最後まで走りきることだと話をすると
涙ポロポロこぼしながら聞いていたけど、実際
周りの子が どんどん終わっていって 自分だけ残されるときの気持ちは 本人にしかわからないことで
そんな愛美を見ていると 胸が痛かった

でも、これから幾度となく そういう想いをしていくのは やっぱり仕方のないことで 親が 立ち入れることと そうでないことがある。

なので愛美には 「愛美の気持ちを先生に相談してごらん。 きっと、力になってくれるよ」と話しました。

心配だけど、学校にいる間のことは学校にお任せするしかない。

私が出来る事は そうやって愛美が 悩みをポロッと打ち明けてくれた時に、ちゃんと話を聞いて 一緒に考えたり 励ましたり アドバイスをすること。

「明日も練習あるんだ。 やだな」と言いながら
布団に入った愛美だけど、 明日には 立ち直っているといいな
頑張れ、愛美!!

熱血にご注意 

2013年12月04日(水) 10時49分
スイミングで飛び込みの説明をコーチがしている間、愛美が 全然聞いてなかったらしく
パパが、家で コーチの説明を実践で 愛美に教えはじめました。

布団を重ねて、飛び込んでもいたくないように
と準備は万端
テーブルを飛び込み台の代用にするのは、子どものほうが「乗ったらだめだよ」と抵抗があるみたいだったけど

はじめは怖々だったけど、慣れてくると楽しくなり、 思いっきりとべるようになって 「いいぞいいぞ」なんて 褒めてて、「じゃ、最後の一回はもう少しお尻を上げて 立った状態から飛び込んでごらん」と さらにレベルアップしたところ・・・

立ち飛び込みは、勢いがつきすぎて 愛美の足はものすごく後ろに曲がって、そのまま腰をひねり・・・
とにかく変な体の動きをしました

その場で「痛いー」と号泣

痛がる場所が右足股関節と、愛美にとってはとくに大切な場所。
数年前に苦労して脱臼をはめた場所。

すぐに「また外れたかなー」と心配しかなくて、旦那さんにも 非難ゴーゴー
そんな私たちの空気を察してか、またもや翼がテイッシュを愛美に持ってきてくれ、痛がる足をさすってくれた

翌日も痛がってはいるけど、正座や体育座りは普通にできて、歩いたり 曲げ伸ばしで痛がってる程度だったけど 念のため近所の整形外科へ

そこは、7年前に医療センターに行く前に受診し、レントゲンでは問題ないけど 一応大きい病院にみせたほうがいいと紹介状を書いてくれたところです。
足をみながら、「以前脱臼して手術ではめたことがあるので心配で」と話をすると、「あれー、もしかしたら前にうちに来て 俺が医療センターに紹介状書いた子かな?」と7年前のことを覚えていたのです!!
いやー、ビックリした!
「その節はお世話になりました」と ご挨拶させて頂きました。
その先生も、医療センターの整形外科部長?に
よくこっちにまわしたと 当時褒められたみたい

で、今回の結果は軽い肉離れ。
1.2週間は体育やスイミングをお休みするように言われました
飛び込みの練習をして、怪我してスイミングができないとは、本末転倒だー

愛美も、「パパが言ったからー」とブーイングだったけど 「愛美や翼の練習に、パパはこんなに付き合ってくれてるんだから、もうパパを責めるのはやめよう」と言って、そこからは誰も責めなくなりました。
まあ、ケガをした時に 1番責めたのは私だけど

熱血もいいけど、やり過ぎには注意しよう!

久しぶりすぎ(汗) 

2013年11月30日(土) 14時23分
数ヶ月ぶりの更新です。

最近、パパと子どもたちが それぞれ朝練をしています。
火、木、土は愛美の日。 マラソンとか短距離とか 筋トレを公園で数十分。
水、金、日は翼の日。 サッカーの練習をしています。
週1の休みなのに、朝も子どもたちに付き合って
よくやるなーと感心してしまいます。
私には、できないわ

子どもたち、特にまなみは学校行く前のことなので、もちろんやりたくない日もあり そんな日は本人の意思は尊重するけど、 せっかく決めたことだから いつも休ませるわけにはいかず
そんな時は「愛美も翼も大変かもしれないけど、1番大変なのは 月曜しか朝練休みがないパパなんだよ」と 話しています。
愛美の運動面、ただ心配するだけではなくて
出来ることは 一緒に取り組んで 、向上していく・・・
そんなパパの姿、私も見習わないといけないね


でも、熱心になるあまり ちょっとしたハプニングもあって 愛美が 軽い肉離れをしてしまいました

続きは、また夜にでも更新しまーす。

家族旅行 

2013年08月24日(土) 1時51分
今月で愛美が8歳になりました
「オギャー」と産まれてから、8年か。
気づけばアッという間だったなー。
たまに、入院していた頃の話を聞きたがることもあり 「何、食べて生きてたんだろう?」と不思議がっているので、「メリーさんの音が聞こえると(ご飯を運んでくる車のこと)、いつもいらないーって泣いてたんだよ。」「薬は、毎日嫌がらずに飲んでて偉かったんだよ」と話すと、照れながら聞いてました(笑)


そして、夏休み恒例となった家族旅行で伊香保にいって来ました。
大人7人、子ども2人の大所帯。
大人の人数が圧倒的に多いので、私たちは楽ちん
一日目は、渋川スカイランドパークへ行きました。
小さな遊園地なので混むこともなく、気に入った乗り物は何度も乗れて 子供たちは大満足。
でも、翼はジェットコースターの勢いが激しくて左目を負傷 ボクサーのようでした
そして私も、エアジャンボすべり台で 子どもと遊んでいて かなりの距離、摩擦をおこして
ヤケドをしてしまい負傷 トホホ・・・

2日目は、泊まったホテルの特典で牧場の入場無料券がもらえるので 午前中はそこへ行きました。
牛の乳しぼりや動物のエサやりなど、なかなか体験できないことをできて、よかったです。

午後は「おもちゃ人形自動車博物館」に行きました。
そこは、国内最大アミューズメントパークとかで 、子どもの職業体験ができるところ。
キッザニアのミニチュア版かな。

それでも、博物館館長の体験をした2人は館内アナウンスまでさせてもらえて、親子共々大満足です


とここまでは、楽しい楽しい旅行だったのですが
2台の車で連なって帰路に着いていたら、カーブのところで ガンッと物凄い音がして 次の瞬間運転席の窓に何かがあたり・・・
なにが起きたのか分からず、停車すると右のカーブミラーが丸ごとなくなってるー
そうです。ぶつけられてとれてしまったのです。


反対車線をみると、白い車が停まっていて 旦那さんが向かいました。
「ごめんなさい。」と謝られるのかと思いきや、「そっちが外側を走ってたんでしょ」と言いがかりをつけられ、旦那さんも明らかにキレてる様子
でも、こっちには2台目に走っていた知り合いの目撃談もある。
強気にでると、向こうが怖じ気づいて 結局示談ということになってしまいました。
相手は20代そこそこのヤンチャそうな人。
旦那さんが男気をみせて、許してあげたって感じかな。
悔しいけど、向こうは地元民で こっちはこれから3時間かけて横浜に戻らないといけないからね
人身事故にならずに、ミラーがかぶってくれたととることにしよう!となりました。


あと、何年家族旅行できるのか・・・。
愛美が中学生になったら なかなか難しいかな。
嫌なこともあったけど、夏の思い出づくりができました

翼 5歳 

2013年07月29日(月) 11時06分
先日、翼が5歳になりました

わが家の状況が大変な中、誕生した翼が5歳だなんて感慨深いです

いつのまにか、走るのも愛美より速くなった翼は ある日のこと。
ばあばとばあばの知人と話しているときに、
「愛美はね、足が遅いんだよ」と言ったらしく、ばあばは 近くにいた愛美に聞こえるんじゃないかとヒヤヒヤして、すぐに 翼に目くばせをして制止したらしい

おもえば、翼に愛美のことを話したこともなかったな。
大人の対応が、ばあばのように回避だけではいけないなーと思い、「愛美の足が遅いのは 足に悪いばい菌があって 愛美は3歳まで歩くことも出来なかったの。 みんなが走れるようになってたときは 愛美は歩くのが精いっぱいだったから、スタートが違うんだよ。 でも、愛美だっていっぱい練習したら、もっともっと速く走れるように、これからなっていくんだよ」と話しました。
そして、「足が遅くて、誰かにからかわれちゃったら、翼が守ってあげてね」と言うと、『わかった。翼こう言うんだ。 愛美はね、3歳まで入院してて歩けなかったから遅いんだよ。 それが何か?って』

それが何か? は、相手にケンカを売ってる感じで 余計だけど でも、愛美を守ろうとしてるのは伝わってきました。
頼もしくなりそうです。

さらに、今日 実家に子どもたちだけで泊まりに行ってるのですが、私の密かな野望で
今年の夏休みには 2人で電車に乗せたいと思っていました。
もちろん、最初なので ホームまで私が見送り
目的地の品川では同じ車両のホームまで ばあばに待っていてもらう なのですが、
その話を2人にすると 翼は『チャレンジしてみたい。愛美についていくから 大丈夫』だったのですが、愛美のほうは『えー、やだ、こわい』でした
いくら、親が説得しても反応が変わらない姉さんにしびれをきらした翼は『もう、じゃ翼についてきて』でした
『一回チャレンジして嫌だったら、次はやらなくていいからさ』とも・・・
もう、どっちが年上なんだか

結局、パパが品川までの駅を紙に書いてくれて、それを持っていくならやると愛美も言い出したので 今日チャレンジしてみました。

今のご時世、いろんなことがあるので
送ってる道のりで私も内心 緊張してきましたが、最後は愛美のほうが 私にいろいろ確認してきて、やっぱり年上なんだなと
電車がくると、ひと席しか空いてなかったんだけど ちゃんと翼に座らせてあげてたし
この夏の体験で、ひとまわり自信をつけて成長してくれるといーな。


あっ、さきほど母から無事に品川駅に着いたと連絡がありました
頑張ったね!

股関節 その後 

2013年06月14日(金) 16時29分
股関節のMRIやレントゲンを撮ってみたところ、目立った関節異常がみつからなかったし、左右の脚長差も1.6センチと それほど 多くはないので 引き続き 靴の中敷で左右差を整えて様子をみましょう! ということになり、くぎ(ボルト)はいれずにすみました

ただ、中敷を使うようになってから 数ヶ月経つけど 背骨の歪みは改善されてないので、 1.5センチ(今までは1センチ) 左足をあげて、左右差を整えることになりました。


そうすると、地に足がつかないので嫌がる子が多くて 大半は1センチでやめておくらしいのですが、 いきなりではなくてマナミの場合は第一段階があったので、大丈夫だと思う。と私が申し出て 試してみることになりました。

昔を思えば、今でも充分すぎるぐらい進歩したけど できるコトがあるならば 諦めずに試してみたいからね。

それでも、背骨の歪みが改善されない場合に考えられることは 筋肉がしんじゅう?(漢字が分からない)されてしまってるようで そうなると できる方法はなくはないんだけど あまり目立った功績がないんだって。

でも、先のことを考えて不安になっても仕方ないから 今はできるコトをやる! に徹したいと思います。

今までは、中敷だったので 特にハイカットの靴を履いているということの他には 変化もないから すんなりだったけど、 中敷2枚は靴も履くのがキツくなるので、今度は靴の底に厚みを加えるんだって。
しばらくは、マナミも慣れないと思うけど 頑張って欲しいです



股関節 

2013年06月07日(金) 9時20分
前々から、愛美の股関節は「ボキボキ」と音が鳴ることがあったけど 最近その頻度が増して
しかも「ちょっと痛い」と言うようになり、整形外科の主治医に連絡してみたところ、予定していた通院日より 早くみてもらえることになり
行ってきました

レントゲンを撮ってみると、やっぱり ハマりが浅いようで・・・
その原因は脚長差があるようで、骨盤のお皿に対して、左右が歪んでいるため ハマりが浅くなっているようです。

今は、短い方の左足の靴底に厚めの中敷を敷いて 調節しているけど それだけじゃなく右足の成長を一時的に止めたほうがいいかもと言われました。

その方法というのは、足にビス?ボルト?を入れるんだとか

先生は、足にクギをさす な〜んて言うもんだから2人して「く、く、くぎ?」とビビってしまいました。


まずは、来週MRIを撮ってみて、今後の方針を決めるそうです。
愛美は「何も、やらないのがいいな」といっていますが、どうなるでしょうか?

運動会 

2013年06月03日(月) 9時54分
5月末にあった運動会、今になっての日記になってしまった

当日は天気予報では、一日曇りで 肌寒いから上に羽織るものが必要と言っていたのに、いや〜暑かった

愛美が1番 頑張りたいと 公言していたのは お遊戯です。
きゃりーぱみゅぱみゅの歌にあわせて、ボンボンをもって 踊るんだけど とにかく踊ることが大好きなので 一生懸命踊っているのが伝わってきて感動しました
一つ一つの動作をみてると、なんてコトない動きが多いんだけど バランスがよくない愛美には 難しいようで、フラフラしていることが多かったです
でも、とにかく一生懸命踊っていたので 微笑ましかった
パパは、毎年ダンスをみると涙腺がヤバイんだとか
来年は3年生になり、今年と同じであれば 曲に合わせて なわとびを跳びながらダンスします。
今の愛美には、ハードルが高いなと いうのが正直な感想ですが 1年あれば、また少し成長していると思うから、 そこに期待です


かけっこは
練習の時から、ビリばかりで 愛美のテンションは ダウン
ある朝のこと、
愛「ママ、今日カチューシャ学校にしていきたい」
私「運動会の練習もあるんだから、運動会が終わってからにしたら。オシャレより練習だよ」
愛「えー、やだ。 どうせかけっこもビリだしさ」
私「愛美が一生懸命頑張るなら、ママたちもたくさん応援するけど、 やる前から諦めてたら運動会見に行くのも楽しくないな」
というやりとりがあり・・・
それ以上、私も言わずに我慢したら 学校行く前に していたカチューシャを外して 「いってきます」と愛美。
渋々かもしれないけど、一応私の想いが通じたんだと信じて嬉しかった
その日、帰って来ると「ママー、今日ちゃんの靴が脱げちゃって、愛美4位だったんだよ(5にん中)」と満足気でした
私は苦笑い

でも、当日そんなにハプニングが続くわけもなく、一生懸命走った結果 ビリでした
ゴール後、一瞬みせた悲しい表情を私の父親がみて 切なかったそうです
終わってから、愛美のところに行くと 「愛美ね、悔しくてちょっと泣いちゃったけど いつまでも泣いてるのはおかしいかなーと思って、泣きやんだ」
ナイスガッツ
パパが、「あと、4回運動会があるから(小学生のうち)3年生の時は4位 4年生で3位 5年生で2位、そしてー6年生で1位を目標に頑張ろうぜ」と言うと、愛美も「いいねー」とヤル気になっていました。

医学的には無理なことや、諦めなくてはいけないこと まだまだあるけど 、それでいいやじゃなくて 出来るようになるように努力しようとするところが 愛美の長所なので、親もその手助けをしていきたいなー。
運動会、やっぱり好きな行事だわ



気づかい 

2013年03月08日(金) 16時40分
最近、翼が覚えた言葉は「気づかい」です

きっかけはある日のこと・・・
夕飯後に、伊予柑を向いて出し 「 寝る支度が終わってからね」と言うと、今まで散々遊んでいたのに サッとパジャマに着替えだしたのは やっぱりマナミ。
分かってはいるけど、遊びがやめられないのは翼
当然、マナミが先に終わり伊予柑を食べはじめました。
それをみて、急に翼は慌てだしたものの フルーツやデザートが大好きなマナミはおかまいなし。
そして、翼はお皿をみて「マナミがいっぱい食べたー」と泣き出す
よくある姉弟ゲンカです

常日頃から、マナミの周りをきにしない性格が気になっていたので、翼にも「いつまでも遊んでいたからだよ」と言った後で マナミには「気づかいが足りない」と注意をしました。

そこから、なぜか翼のほうがその言葉の意味を聞いて意識するようになったのです

あるとき、お菓子が二つ残っていて 「翼一つたべていいよ。 もう一つはマナミに残しておこうね」と言うと、「じゃ、つばさのぶんをママとはんぶんこしよう!」「ママはいらないから、翼食べていいよ」 「いいの!きづかいしようよ!」と 言ってくれたのです。


それからもコトあるごとに、気づかいを見せてくれるようになり 嬉しいなーと感じます。

マナミの名誉のために言っておくと、マナミも自分が食べているものを「味見していいよ」とは言ってくれるんですけどね

気づかい・・・大事ですよね〜。
P R
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像かよ
» マラソン (2014年05月17日)
アイコン画像くみ
» 神様への手紙 (2012年12月05日)
アイコン画像もりも
» 神様への手紙 (2012年11月30日)
アイコン画像くみ
» 運動会 (2012年06月17日)
アイコン画像かよ♪
» 運動会 (2012年06月14日)
アイコン画像くみ
» 母娘の会話 (2012年03月20日)
アイコン画像とくちゃん
» 母娘の会話 (2012年03月12日)
アイコン画像かよ
» ある一日 (2011年12月03日)
アイコン画像くみ
» 運動会 (2011年10月24日)
アイコン画像かよ♪
» 運動会 (2011年10月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gu-gu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる