丹野だけどナンノ

January 14 [Thu], 2016, 16:49
昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。冷凍の状態によってはかなり味が落ちることもあるようですが、そんなこともなく、とても美味しかったです。考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。でもそんな頃でも旅行が出来ない人でも自宅でかにが食べられるようにと、発送するシステムはあったというのです。その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、信用できる根拠もあまりなかったので、高いお金を払って通販でかになんか買ったって品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。昔と違い、通販会社も高品質のかにを届けるための努力の甲斐あって、美味しいかにが通販でも買えるようになったのです。テレビの通販チャンネルで蟹通販の宣伝を見かけ、一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。しかし、情報源がテレビだけではもったいないです。ネット上でも、どのくらいの価格で蟹を売っているのか、先に検索してみることを推奨します。テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらによりお得になるケースが多いためです。とはいえ、ネットには詐欺などのリスクもありますので、ネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがお勧めだとも言えます。蟹の美味しい季節が今年もやってきました。商品のタイプにも色々ありますが、私のイチオシは丸ごと買いです。脚だけや訳ありなど、通販では店頭であまり見かけない商品が安価に買えることで有名ですが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によっては脚だけのセットよりよほど安かったりします。何といっても、蟹の旨みを味わうためには一杯丸ごとを茹で蟹にする、これに限ります。それなら風味を損ねることもありませんから、身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと主役級の存在感で、世界中に知られた高級食材です。チュウゴクモズクガニともいわれ、中国を中心にかなり広く分布しています。雑食で、何でも食するので、在来生物の脅威となることもしばしばです。そのため、このかにが持ち込まれないよう、上海ガニの生体や卵が取引されないよう厳重に制限している国もあるのです。カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販はその充実に驚いてしまいます。通販に慣れていない方からすれば、どれを選んでいいのかわからず写真を見るだけで時間を費やしてしまうかもしれません。なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも定評のあるサイトがたくさんあります。誰が見ても味、価格が優るかにはランキング上位には欠かさずがんばっているのです。せっかくの蟹を美味しく味わおうと思えば、ご家庭でも、正しい手順で調理する必要があるのです。蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、正しい蟹の茹で方を把握しておくことに全てがかかってくるといえます。多くの方が気になるそのコツというのは、鍋のサイズを妥協しないことです。大きめの鍋を使い、蟹全部を水に浸すようにすれば、ご家庭でも失敗はないでしょう。セコガニも幻のかにです。その実態は松葉ガニのメスです。どちらかといえば、松葉ガニより小さいカニがほとんどですが貴重な卵が味わえ味わいも豊かで、松葉ガニにはない味を求める方も根強くいます。市場に出回るのは、ごく短い期間です。わずかに11月から1月の間と水揚げされることはなくその意味でも非常に貴重なかにです。意外と知られていないことですが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、その期間以外は漁をしてはならないことが定められています。毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、解禁日の情報に目を光らせておくことこそが肝要と言えるでしょう。お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。そのかにを買う際にはここだけの話、注意してほしいことがあります。何のことかと思うでしょうが、たくさん並んだかにの中から、自分で選んだかにを贈ることです。とてもよくある話ですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。大事なお歳暮用のかにですから、十分信頼できるお店を選んでください。グルメの代表である蟹は、脚の肉の魅力も捨てがたいですが、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹は何かと聞かれたら、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。毛ガニのミソは甘くクリーミーな味わいで知られ、新鮮な蟹なら蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。私のオススメの食べ方は、脚肉をほぐしてミソとあえるというもの。お酒好きの人には一度試していただきたいです。この時期に美味しくなる渡り蟹は、ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、かつては東京湾でも獲れたそうです。現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。近年、国産品は貴重になってきています。15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするスタイルが最もスタンダードだといえます。さらに、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。皆が大好きな蟹。蟹がよく獲れる地域として、代表的なのは、なんといっても北海道です。北海道といえば海の幸のメッカ。多くの種類の蟹が獲れます。もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、色々な蟹が獲れるという点では、北海道に勝る土地はないと私は思っています。ところが、現実には、海外から輸入した蟹を北海道内でも売っていることがままあり、少しがっかりさせられます。安価で蟹を楽しみたいのならば、日帰りの蟹食べ放題ツアーという方法があります。これがおすすめです!なぜならば、実際にこの方法で蟹を食べたとします。すると、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりも蟹を確かにお得に食べることができるのです。それに加えて、この種の企画は蟹が名物の場所で開催されることが多いので価格や量のみならず質の良さも堪能できるでしょう。現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。本記事でもそれを推しているのには本当にお得な理由があるからです。以下ご説明します。それは通販ならではの利点と言えます。実店舗で購入する場合、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、特にお得だと感じることはありませんよね。ここに通販の利点があります。蟹通販では、普通は売り物にならない蟹。つまり、傷物の蟹であっても、「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。贅沢品といえば何といっても蟹。私も蟹は大好きで、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。通販は届いてみるまで品物が見えないですから、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。解凍は急がず、自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。かには高価で滅多に手の届かないもの。そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。そんなお店があったらいいですよね。思う存分食べたい。そんな人には通販のかにがぴったりだと思います。かにを通販で買うのは、達人のお墨付きです。店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、通販の新鮮で安心な高品質のかにが買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。加えてスーパーよりもお得な産地価格で、良心的価格実現が多く、申し訳ないほどのお得価格が実現したのです。かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。紅ズワイガニは、ズワイガニの代用ともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。紅ズワイガニの当たりはなく大したことはなかったとすればそれは気の毒です。おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。新鮮な紅ズワイガニは、それはもうおいしいの一言に尽きます。新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいのでおいしくないと思われているのかもしれません。今では蟹通販の業者はたくさんあります。購入の際にはたくさんの業者があって迷うかもしれませんが、損をしないために気をつけるべき点をご説明します。お客様のことを第一に考えている業者には、良質な蟹だけを仕入れる「目利きのプロ」がいて、蟹の産地まではるばる、買い付けに行き、プロの目利きでもって、一定品質以上と認められた蟹だけを確実に買い付けくる体制になっています。やはり品質は何より大事ですから、それを大切にしていそうな業者を選択するのがコツだといえるでしょう。もっとも、これは蟹に限ったことではないですね。かには食用だけでも数え切れない種類があり、タラバガニは、どこの国でもよく食べられています。次に、毛蟹もよく見かけるかにで、あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさがこれぞかに、という方はたくさんいます。味ならズワイガニが一番、といわれるくらい固定ファンがいます。もちろん産地によっても味は異なり、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。蟹を食材として使う場合、「蟹がどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。中でも特別気を付けた方がいいことは、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。大多数の方が急いで解凍するために水の中に蟹を入れてしまうことがあります。そうした場合、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、じっくり、冷蔵庫内で解凍させてください。テレビなどで美味しそうなカニ料理が出てきたりすると、無性に食べたくなって困りますね。かにを注文しようとサイトをチェックしても通販会社がズラリ軒を連ね、豊富に取り揃えられたかにを見ているだけでも幸せを感じますね。あまたのお店の中で1番いいお店がどこで、選ぶべきかにの種類は今の季節ならどれかなど終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。選ぶに当たっては難しいことなんて何一つありません。右へならえの日本人らしく、人気のものを選ぶことです。一見当たり前のことを言っているだけのようですが、真理とはいつもそんなものかもしれません。売れ筋や人気などが一目で分かるランキングを見るのが近道です。最初はそんな方法で探しても、、色々なお店を利用してみれば、ランキングに表れない良さや1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店がわかってきて、かにの奥深さを感じられるようになるかもしれません。通販でズワイガニを買ったことはありますか?カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。なぜなら、訳ありと言っても味に変わりはないからです。大きさや重さが基準に合っていないものか、中身に害のない傷がある品ばかりですから、自宅で食べる分には問題ないおいしさです。時には、通販限定の激安価格になっています。いつも出回っているわけではないようですが、見つけられれば訳あり商品を候補にしていくのが通販上手の買い物だといえます。モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、とても有名なブランドがにの上海ガニとよく見ると似ている、同じ族のかになのです。上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズという小さなかにです。それから、小さい個体は雄のことが多いです。日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として地味に利用されてきました。皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。ゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきます。かににも海水の塩分がついていますので、塩気をつけています、という程度のゆで汁で結構です。かには丸ごと茹でる必要はなく、鍋に入る大きさに分けて熱が全体に回るようにしましょう。結構汚れもついているので、全体を洗っておくと食べるときに楽ですよ。蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。お知り合いや家族に、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。でも、気をつけてください。生鮮食品ですから、鮮度が落ちるとそれだけ美味しくなくなりますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。そのような危険を冒さないためには、鮮度や品質を大事にしている店かどうか、入念に確かめましょう。相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて工夫して発送するのがよいでしょう。通販は不安なので事前に口コミを参考にしたいという方は多いでしょうが、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。楽天市場やアマゾンなど、多くの人が集まるサイトのレビューをまず参考にするという方も多いでしょう。また、検索すれば実に多くのサイトで蟹通販の口コミが掲載されています。こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。重要なのは、これらの情報に惑わされないことです。口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。それより、ちゃんと実績を公表している業者を選ぶのがいいでしょう。この方法なら信用できる業者から蟹を買うことができますね。美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉地へ出向くという方法があります。蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。そうは言っても、いつでも楽しめるのは温泉の方だけで、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、旬の時期を狙って行ってください。蟹の季節になりましたね。美味しい蟹に舌鼓を打ちたいなら、お店で直接買うのもいいですが、一度蟹通販を試してみてはいかがでしょうか。生鮮食品を通販で買うというと不安な方もいるかもしれませんが、蟹通販では、北海道、山陰地方、福井県など、蟹の美味しい地域から自宅までダイレクトに発送してもらうことができます。産地直送の美味しい蟹に舌鼓を打つことができる。それが、蟹通販の良いところです。お分かり頂けるでしょうか。さらに、身崩れなどの蟹が「訳あり」として出ているので、大変お得です。私もよく「訳あり」の蟹を買って楽しんでいます。ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。場所によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。それとは対照的に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、わりと、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。蟹のブランドにも色々ありますが、中でも人気があるのがズワイガニです。旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。ズワイガニを一度味わってしまえば、他の蟹など比べ物にならないと気付くでしょう。越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、念のため、タグを確認することをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柚希
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gtteesairgradn/index1_0.rdf