MCM超人気iPhone6ケース 一流の品質新作 MCMiPhone6ケース</p>

March 07 [Sat], 2015, 12:52
【対応機種】: iphone6 iphone6 plus


【ご注意】:


●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気にされる方は、トラブル防止のためご入札をご遠慮ください。


●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。


●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。


●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。

 MCMiphone6カバー


 MCMiphone6カバー


 MCMiphone6カバー


 MCMiphone6カバー


しかし、現行の「iPad mini 3」はマイナーチェンジにとどまったため、大幅なモデルチェンジとなった「iPad Air 2」と重量面で近付いてしまった。来年はもっと軽量なiPad miniが登場する可能性もあるが、さらにiPad Airが軽量化される可能性についても考えると、商品としてはやや中途半端になってきたように思う。
iphone6携帯ケース
 これはテクノロジートレンドが導いた結果なので、ミニタブレットというジャンルそのものに市場性がないと言いたいわけではないが、Appleのラインアップだけを考えると難しくなっているということだ。

 同様に位置付けが微妙になってきているのが、Macのラインアップだ。もともと13.3型の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」は、15.4型のMacBook Pro Retinaと13.3型の「MacBook Air」の間に挟まれて位置付けが曖昧と言われてきたが、さらに来年の早い段階で新型のMacBook Airが登場することは間違いない。Retinaディスプレイの搭載は間違いないところで、(12型と言われる)高精細ディスプレイと最新プロセッサが搭載されれば、さらに立ち位置の幅が狭まる。

 MacBook Airは11.6型が低価格モデルとして継続され、13.3型を新型モデルに切り替える一方、13.3型のMacBook Proは廃止され、15.4型モデルだけになるかもしれない。この辺りはIntelが提供するPCプラットフォームの熱設計電力(TDP)とも深く連動する部分である。

 従来のMacBookは、MacBook Airシリーズが15ワットのTDPで作られ、MacBook Proの13.3型が28ワット、MacBook Proの15.4型が47ワットのTDPで作られてきた(これらはCPUのTDPであり、15.4型は外部GPUの熱設計分もこれにプラスされる)。
携帯ケース コピー
 もし、新型MacBook Airが従来通りの15ワット枠で設計されているのなら、MacBook Proには13.3型モデルが残されるだろう。しかし、新型MacBook Airが28ワット枠までを意識した設計にしているならば、13.3型のMacbook Proは存在意義がなくなってしまう。筆者は軽さや薄さを重視して15ワット枠を採用すると予想しているが……と、来年を予想するコラムではないことを忘れてしまっていた。

 この辺り、実は深く関連しているのがiPadの戦略だ。先進国でのiPad需要が頭を打ち始め、新興国需要を低価格のAndroidタブレットに浸食されている中で、iPadをどう育てていくのかはAppleにとって大きなテーマだ。

 iPad向けにiWorkやiLifeを整備しつつ、パフォーマンスを大きく引き上げるなどして「iPadは受け身にコンテンツやサービスを使いこなすだけでなく、クリエイティブな道具としても使える」と訴求しているAppleが、さらに「PCの領域」にまでiPadの適応領域を広げていきたいと考えるなら、次のiPadはさらに高性能?高機能化が進むのではないだろうか(もちろん、利用モデルがまったく異なることは承知の上で書いている)。
エルメス6Plusケース
 AppleがiPadの適応領域を上方向に広げていくのであれば、新型MacBook Airは必然的にハイパフォーマンスな方向へと向かわざるを得ないだろう。今年登場したiPhone 6とiPhone 6 Plusは容量別に16GB?64GB?128GBとそれぞれ3モデルが登場しましたが、32GBモデルがないことを不思議に思った方もいるんじゃないでしょうか。16GBモデルはアプリや動画を入れるとすぐにいっぱいになるし、32GBからスタートしてもおかしくなかったはずです。
しかしアナリストのNeil Cybartさんの報告によると、これは購入者をミドルプライスモデル(64GB)に移行させるための戦略なんだそうです。32GBが最安モデルならみんなそれを買ってしまうけど、16GBが最安なら100ドル(約1万2,000円)高い64GBを選択する人もそれなりに出てくるだろう…というわけなんだそうです。
また消費者がミドルプライスモデルを買うようになると、iPhone1台あたりの平均販売単価が上がることになります。これよって、アップルは16GBをなくした場合よりもさらに30億ドル(約3,600億円)もの利益を来年あげることができるだろうと予測しています。

出典:どうしてiPhone 6では16GBモデルが残ったの?
これはまさに、日本の「松竹梅マーケティング」そのもの
日本では昔から、商品やサービスの価格を、「松?竹?梅」の3クラスにわけてきた。
なぜそれをやるのかというと、ミドルプライスの「竹」が一番売れるからだ。
特にレストランなどでは、ランチタイムには「梅」かもしれないが、ディナーでは圧倒的に「竹」となる。
iPhone6 シャネル
iPhoneも「6」シリーズから、16GB?64GB?128GBというラインナップになった。
3つのラインナップだから選びやすいく、比較検討しやすいのだ。それでも、一番売れている32GBが欲しい人は仕方なく64GBにせざるをえない。絶対に半分の容量の16GBにいくことはない。

Apple買うなら最上位モデルの残存リセールバリュー買い!
Appleの iPhoneの場合はAndroidと違って、リセール?バリューの価値が高いので、容量の差は、2年以内の下取りならば、ほぼ差額は下取り価格で反映されるので、最大の容量の最上位を購入するべきだろう。現在ならば、当然、128GBにすべきだ。オークション出品でも確実に落札されやすくなる。ただしあなたが、2年以内に買い替えしていくユーザーであればの場合だ。
アイフォン6エルメス
アップルのマーケティングにおけるマジックナンバーは「3」
iPhoneシリーズも 「6Plus」「6」「5S」と3つのラインナップだ。
カラーバリエーションも 「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」と3種類だ。

4つ以上のラインナップがあると、結局、人間は「機能の差」と「自分が使っているイメージ」がしにくくなる。
シンプルなマーケティングで考えると、当然「3」というマジックナンバーの選択肢を意識せざるをえなくなる。
2つのチョイスでは、イチかバチかの究極の選択だが、3つのチョイスであれば、一番妥当なものを選んだ気さえするからだ。最悪のチョイスは少なくとも避けることができたような気になる。それが3つの選択肢の利点だ。
シャネルiphone6 ケース ペンタックスのK-rのカラーバリエーションは、ボディが12色、グリップが10色なので合計120スタイルあった。
これは悩むばかりで、差異も使っているイメージもしにくい。

Apple WATCHの「モデルチェンジ」は1年後にすべきだった
AppleのApple Watchの選択枝の多さは、発売一年後の「機能のブレイクスルー」と「ファッションブレイクスルー」を交互にやるべきだったと思う。

2サイズ×6材質×6バンドのバリエーションで、72スタイルもある。
3サイズ ×3材質 ×3バンド の27スタイルでよかったのでは? 翌年度に6材質×6バンドの「モデルチェンジ」にすれば新たににバンドだけでも買い換えたいという需要も生まれたのに…。あ、Apple Watchまだ発売になってませんでしたね。今からでもバンドだけは3種類にすべきだろう。
iphone6ケース
72スタイルから選択できるAppleWATCH
72スタイルから選択できるAppleWATCH
GMシボレーが「モデルチェンジ」を発明した
今から約100年前、1920年代中版、初の量産型のフォード社のモデルT型の販売実績を、やぶったのはGM社のシボレーだった。その手法は、親会社デュポン社の塗料技術によるカラーバリエーションによる「モデルチェンジ」であった。黒1色の重厚感あるブランドを大切にしすぎたフォードはカラフルなシボレーに差を開けられる。

その後、一年毎に変化する自動車業界における「モデルチェンジ」マーケティングは1970年まで、毎年繰り返されたというから驚愕である。それと共に、「自動車ローン」という金融販売手法や「下取り」というリセールバリューも発明された。
クルマを発明したことよりも、次の世代はクルマを使う人の環境を発明していかなければならない。
超人気iphoneケース
Appleの生み出したパーソナルコンピュータ、iPod、iTunes Store、iPhone、iPad、Apple TV、iTunes Match、Apple WATCH…続々と製品のラインナップは増えるが、100年前の「ローン」や「下取り」に変わるような「モデルチェンジモデル」をAppleは、まだ何も発明していない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gtrtye4tr
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gtrtye4tr/index1_0.rdf