波多野でFoster

January 16 [Sat], 2016, 10:14
転職する理由は、書類選考や面接において非常に重要視されます。相手に理解してもらう理由が無い限り評価が落ちます。でも、転職したい理由を質問されても上手く答えられないという方も多いと思います。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。
どのような転職理由がいいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を考えてみてください。思いつくままに説明する訳ではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現の仕方を変えてみてください。長々と転職の理由が続くと言い訳しているように受け取られるので、なるべく短くなるように気をつけましょう。
退職の原因が労働時間の長さである場合には「生産性の高い仕事が希望」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載するとイメージは悪くありません。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。
転職するための活動は、在職中から始めて、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間に余裕が持てますし、時間をおかないで働くことができますが、転職先がすぐに見つからない事例もあります。職の無い期間が半年を超過してしまうと、就職する先が決まりづらくなりますから、後先を考えずに、今の仕事を辞めないことをお勧めします。
人材紹介会社を通してうまく転職できた人も増えています。転職活動を一人きりで進めるのは、へこむことも多いものです。転職先が見つからない状態が続くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の条件にマッチする応募先を紹介してくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。
面接する際の身だしなみには返す返すも注意しましょう。清潔感のある装いで面接を受けるのが大切です。平常心ではいられないと思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、面接の準備をしておきましょう。面接で問われることは決まりきっているものなので、前もって答えを用意しておくことが大切です。
転職する際に求められる資格というのは、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が強いようです。特に、建築や土木関係では、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を所有していないと仕事ができないという仕事がたくさんあるため、狙いやすくなっているかもしれません。
異業種に職を変えるのは困難であると考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論から述べますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。しかしながら、確実に無理というわけではないですし、懸命に努力を重ねれば違う業種の会社に就職できることもあります。
転職を考えたときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。いままでの職歴を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にもお勧めできる資格です。社会保険労務士の資格を得ていると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務関係の仕事に就職しやすくなります。
普通、転職する際に、有利だと思われている資格に中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、会社にとって自分は貴重は戦力であると認めさせることができます。法律のエキスパートである行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayato
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gtpvoitlealseh/index1_0.rdf