ダイヤモンドテトラと藤本

April 09 [Sat], 2016, 6:54
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切だと思います。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと大変だと思います。良い方法ではないでしょうか。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリを利用するのが大変便利だと思います。
妊婦の方の中でも、葉酸を葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でもところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため熱を加えてしまいますと身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが不足している、という場合もあります。
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの母親学級で説明を受けた方も多いと思います。妊娠が発覚してから、皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。加熱するとその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、勧めたいものです。
妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が知られるようになってきました。よりたくさんの葉酸を摂るよう適切な量をきちんと摂取することで、なぜなら、十分な葉酸を摂る事で具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Momoka
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gtipys0lceaele/index1_0.rdf