女性の反応が薄いとガッカリ

February 15 [Fri], 2013, 16:59


男性ってメールが苦手という人が多いようです。でも、どうして苦手というのでしょうか。女性からしたら、メール書くことややりとりするのが楽しいのにと考えるでしょう。つまりは、おしゃべりのツールとして捉えているからともいえるでしょう。

男性だと、連絡のツールでおしゃべりのツールとして、なかなか捉えられないからかもしれません。
でも、それも男性とやりとりする女性次第で、メールの考え方を変えることだってできるはずです。まずは男性が、メールが苦手というのや面倒くさがる理由を知るようにしましょう。そうすれば、メールをどう書けばいいのか見えてくるはずです。

1.返信はタイミングよく行う
女性にメールして返信がないと、多少は気になるもの。それが好きな女性だとなおさらです。メールの返信を気にしたくないからというので、メールが苦手という男性もいます。

返信はできれば早めにしましょう。また、相手が落ち込んでる時や嬉しいことの連絡の時ほど、早めに返信してあげると、いっそう良いでしょう。

2.テンションを合わせる
相手がうれしいことあったのに、女性の反応が薄いとガッカリします。それならば会った方がマシという考えになります。

相手のテンションに合わせて、言葉や絵文字を使うようにしましょう。一緒に喜んだり、悲しんだりすると共感しているんだと、、男性は女性に惹かれるようになるでしょう。

3.話題が見つからない・文章に自信がない
話題がなくてメールが書けないという男性もいます。そうした男性ならば、女性側で話題をつくってあげましょう。また文章が苦手という男性の場合は、女性がメールを話し言葉のように軽い感じで書いてあげましょう。そうすれば、あまり文章を意識しなくなるでしょう。

4.メールが煩わしい
メール自体が煩わしいと感じる男性がいます。そうした男性の場合には、できる限り定期的にメールを送り、何気ないことでも送っていきましょう。そのうちにメールの楽しさもわかってくるはずです。ただし、女性側も気長にメールすることが必要です。

女性からしたら、それほど気にすることでもないようものでも男性は、気になってメールが書けなくなります。ちょっと、女性の方が、気遣ったり、メールしたくなるような雰囲気を気長に作るようにすることが大切です。たとえ文章が短くても、小まめに送っていけば、男性も徐々にメールをしてくれるようになりますよ。それができれば、きっと男性との心の距離も縮まっているはずですよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gtblog2
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gtblog2/index1_0.rdf