Robertsが藤波

December 14 [Wed], 2016, 11:36
ニキビの発生源は汚れた毛穴が、炎症してしまうことです。
手で顔をちょくちょくタッチする人は気をつけておきましょう。

いつも手には汚れがまみれていて、その手を顔にもっていくということは汚れで顔を化粧しているのと同じなのです。



感じやすい肌の場合は、荒れやすい肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌に無理が掛からず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、お手入れをするということが大事です。環境の変化や体の状態によって、肌の具合が変化しやすいというのも、敏感な肌の問題なところです。それぞれの肌の状況に合わせて、丁寧なスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)を心がけてください。
肌荒れは空気が乾いているために寝ていません。



肌を守ってくれるクリームをたくさん愛用すると良いでしょう。



乾いた肌を放っておくのはオススメできません。肌をきれいにするためには、洗顔する必要がありますが、洗顔も度を超すと、逆に傷つけてしまいます。朝は顔を洗わないか、少しだけ洗うようにするのが良いです。
肌が荒れている時に化粧するのは、二の足を踏みますよね。コスメ、化粧品の使用方法にも肌トラブルの場合は使わないでくださいと書いてあったりします。

とはいえ、UVカットだけは必ずしておくことをオススメします。


化粧下地や粉お知ろいといったものを軽く塗っておく方が良いです。
後、できるだけ紫外線を避ける生活を心掛けましょう。アトピーの人は、どういったお肌のお手入れがオススメなのでしょう?ご存知かも知れませんが、アトピーの原因は完全に解き明かされていませんから、これこそが正解だというスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)法や治療法などは見つかっておりません。でも、アトピー性皮膚炎の方は、ほんのちょっとの刺激や体温の上昇で症状が出てしまいますから、極力刺激を抑えることが一番です。乾燥肌を防ぐには、ほどよい洗浄力で低刺激性のクレンジング剤を使うようにしてみてください。落ちにくいところは適したリムーバーを使い、肌にストレスをかけないようにしてください。持ちろん、顔を洗う時もゴシゴシと洗ってはいけません。

キメの細かい泡で優しく洗い、低めの温度のお湯で十分に流しましょう。
せんよいうの私の母は、顔を朝洗う時、石鹸や洗顔剤は使いません。

母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。

母は、洗顔フォームを使って顔を洗うと、貴重な皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)が全部落ちてしまってお肌に悪いから水だけでいいと、石鹸不用説をよく言います。
そんな母のお肌は65歳なのにすべすべしています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤカ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる