« “Magny-Cours”Opteronで4ソケットサーバに価格破壊を! | Main | F1スペインGP予選、可夢偉Q3進出10番手。ポール争いはウエーバーがベッテルを下す »
700ドルの安価なサイバー犯罪用ツール登場で攻撃が容易に--脅威レポート(シマンテック) / 2010年05月09日(日)
シマンテック株式会社は4月28日、2009年の1年間におけるサイバー犯罪の主要な傾向をハイライトした「インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)第XV号」を発表した。年初のConfickerと年末のHydraqという2つのサイバー攻撃に挟まれた2009年は、サイバー犯罪の攻撃の量と巧妙な手口の両方が引き続き増加した年であるとしている。

また、企業をターゲットとするサイバー犯罪者が増加していること。わずか700ドルで購入できるZeus(Zbot)などの安価なサイバー犯罪用攻撃ツールキットが登場していることで、サイバー犯罪の初心者でも容易に攻撃を行い、情報を盗み出せるようになったこと。攻撃者はソーシャルエンジニアリング手法によってユーザを悪質なWebサイトに誘導していること。悪質な活動がブロードバンドインフラ新興国に定着した兆候があることなどを挙げている。


【関連リンク】
サイバー犯罪の金額と発生地域は世界的経済危機でも増加 5月7日10時59分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000003-vgb-secu

Posted at 01:54/ この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/gsxmnihdvecilc/archive/3909
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!