産み分けに挑戦!

June 12 [Sun], 2016, 8:07

本に載っていたように、排卵日を特定した後上手くタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)が女の子でしたから、主人も割と喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。


二人目が欲しかったのですが、ナカナカ授からないので産婦人科に行きました。


夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られ沿うな気がしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。

相乗効果なのか、早々に二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。嬉しかったです。


ナカナカ妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)から改めるのも大切だと思います。
卵子はもちろん精子だって、親の体の中で作られるのですから、不健全な食習慣の下では妊娠しやすいげんきな卵子、精子は、期待できませんよね。妊娠しやすい体創りは子育ての下準備のようなもの。
偏らない、健全な食生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、おなかの赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)の先天異常などの危険性を下げる可能性があるらしいのです。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取してもいいかも知れません。



納豆とかホタテにも、多くの葉酸がふくまれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのがいいかも知れません。妊娠が分かった後に意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
では、赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題はありません。でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。ですから出産後もつづけて葉酸を摂るようにすることで日々の生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を健康的に過ごす手助けになると思います。妊娠期間中だけでなく、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくることもありますよね。このような場合、使ってみると良いのがサプリによる葉酸の補給です。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も心配する事なく、普段通りの生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送れます。



ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を減らす効果があります。


厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリを利用するのが良い選択だと思います。妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。
あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)にも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
いろいろな食品に「葉酸」はふくまれていますよね。


フルーツで言うと、イチゴ、ライチに多いことが紹介されています。


その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。


アセロラや柿、キウイフルーツも沿うですね。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だといえるでしょうね。
妊娠初期 葉酸サプリ


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gste6
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gste6/index1_0.rdf