通過時間の圧縮

December 30 [Sun], 2012, 17:56
通過時間の総合計、すなわち総通過時間のうちで、直接加工をしたり、実際に財貨を輸送していて、直接的に価値の生産に寄与している時間は、全体のうちの5〜10%に過ぎないといわれる。

残りの90〜95%の時間は、作業の手待ちであるとか、在庫として滞留している時間であって、コストは発生しているが、価値の生産には少しも寄与していない無駄な時間だといわれる。

無駄を排除し、この総通過時間を圧縮して、経営のスピード・アップ化を図ることは、これからの経営効率化の要点の1つであり、ロジスティクスが経営効率化のために果たすべき重要な機能の1つでもある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おおくま
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gsggg/index1_0.rdf