借金に関し保証人を立てている場合

August 03 [Sun], 2014, 15:08
破産手続きをする人であなたの借金に関し保証人を立てている場合には、早い段階で相談しておくべきです。

ここで、改めてお話ししますが、借金に保証人を立てている場合は自己破産をする前にちゃんと考えるべきです。

その理由はあなた自身が破産して受理されると、その人たちがあなたの義務を全部支払うことになってしまうからです。

ですから、破産の前に保証人にこれまでの経緯やおかれた現状を説明して、お詫びをしなくてはなりません。

そういったことは保証人となる人の立場で考えると求められることです。

負債者のあなたが自己破産することによりまったなしに大きな債務がふりかかってくるわけですから。

そうなるとすれば、以後のその保証人の行動の方法は4つあります。

1点目ですが保証人自身が「全部支払う」という方法です。

保証人がその多くのいともなく返済できるようなカネを持っているならばそうすることが選択できます。

でもその場合はあなたが破産せずにあなたの保証人にお金を貸してもらって、あなたはその保証人に定額返済をしていくという解決策もあると思われます。

その保証人が債務者と関係が親しいのならば少し完済期間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽうでまとめて返金できないとしても業者も話し合えば分割払いに応じるかもしれません。

保証人となっている人にも自己破産をされてしまうと借金がなにも戻ってこないリスクを負うからです。

保証人がもし債務者の負債をあなたに代わり背負う財力がない場合は、債務者と同じくいずれかの借金を整理することを選ばなければなりません。

2つめは「任意整理」です。
京都 アコム
この手順では貸方と話し合いを持つことによって5年以内くらいの年月で返済していく形になります。

弁護士事務所にお願いする際のかかる費用は債権者1社ごとにおよそ4万円。

全部で7社からのローンがある場合およそ28万円かかることになります。

確かに債権者との交渉を自分でやることも不可能ではないですがこの面での経験と知識がない方だと相手があなたにとっては不利なプランを勧めてくるので、気を付けた方がいいでしょう。

任意整理してもらうという場合も保証人となる人に負債を負ってもらうことになるのですから、少しずつでも保証してくれた人に返していくべきでしょう。

3つめですがあなたの保証人もあなたといっしょに「自己破産をする」という選択肢です。

債権者と同じく破産を申し立てれば、保証人となっている人の返済義務も消滅します。

しかしながら、保証人である人が住宅等の不動産を所有しているならばそういった資産を失いますし、証券会社の役員等の職業についている場合などは影響が出ることは必須です。

個人再生という処理を検討するといいでしょう。

では4つめの方法は、「個人再生をする」ことです。

戸建て住宅などを手元に残したまま借金の整理をしていく場合や、自己破産手続きでは資格制限に触れるお仕事に従事している方に有効なのが個人再生です。

個人再生なら、自宅は手元に残りますし、自己破産のような職業の制限、資格にかかる制限が一切ありません。

http://xn--cck8axi833jkk3e.com/

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gsfrqwr
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gsfrqwr/index1_0.rdf