hf_5「青猫」について

July 18 [Thu], 2013, 11:46

「青猫」の本質するものは、もはや私にとつては、單に詩人みづからして好んで自分をさういふものに心象してゐたやうな無爲adidas カントリー2の猫でもなく、また單に田舍のみじめな佗びしすぎるやうな生活からの都會への切ない郷愁のやうなものでもなかつた。又、そのころ詩人の耽讀してゐたといジェレミースコットふショオペンハウエルの哲學――生の意志を否定して、無に入らせようとする寂靜主義でもないのだ。さうして私の前には、どアディダス キャンパスこまで私達の日常の言葉でもつて魂のもつとも奧深いパトスを云へるか――いはば、「一つの花を云へるか、」といふことに苦心慘憺してゐる一人の地味な詩人の姿のみが在アディダス スーパースターるやうになる。
 が、いま考へてみても、私が人生への入り口で、このやうな詩集を知つて、それにあれほど夢中になつて自分を打ち込むことができたといふことは、adidas ランニングシューズ隨分いいことだつたとおもふ。
 その冬、まだ一高の寄宿舍に入つてゐた私は、夕がたになるといつもその黄いろい本をかかへて二階の寢室に上がadidas スニーカーつていつてはそこで一人でマントにくるまりながら、もう暗くなつて何も讀めなくなるまで、それを讀んでゐたものだつた。アディダス スニーカー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gry5uj
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gry5uj/index1_0.rdf