悟空やカイジだけじゃない!? 実はニートだった主人公達

July 01 [Tue], 2014, 17:50
精力剤精力剤


ニート(NEET)とは、教育(ED精力剤ucation)、労働(Employment)、職業訓練(Training)をしていない15歳〜34歳までの個人のこと。厚生労働省と内閣府で多少定義が違ってくるのですが、おおむねそういう認識でいいでしょう。

現在100万人に迫ると言われている日本のニート人口ですが、マンガやアニメの中にもニートが多数存在します。今回はそんなニートな主人公たちを紹介していきたいと思いますのでお付き合いの程、よろしくお願いします。

 


■1. 孫悟空(ドラゴンボール)

地球を何度も守ってくれたヒーロー悟空ですが、仕事をしてる訳ではありません。いったいどうやってお金をやりくりしているのでしょうか?

妻であるチチの実家がお金を持っていそうなので援助してもらっていると予想しますが、それにしても食費だけでも相当な出費がありそうで……。家計は大丈夫なのでしょうか。

 


■2. サンレッド(天体戦士サンレッド)

神奈川県川崎市を守るヒーロー、通称レッドさん。彼は悪の組織フロシャイムの怪人と戦う天体戦士ですが、その実ズバリ『ヒモ』です。保険外交員である内田かよ子の家に転がり込んでは小遣いをもらい、パチンコで負けて……といった生活を送る毎日。基本的に正義のヒーローは仕事をしていないの?

 


■3. 緋村剣心(るろうに剣心)

今年15周年記念として実写劇場での復活も発表された『るろうに剣心』ですが、主人公の剣心も仕事をしていません。明治維新を駆け抜けた志士たちは、藩や幕府のお抱えだった人たちも多いですが(新撰組など)、浪人は基本無職です。

通称『自宅警備員』と言われるニートですが、剣心は言ってみれば『日本警備員』といったところ?

 


■4. 伊藤開司(カイジ)

マンガやアニメだけではなく、るろうに剣心と同じく映画まで公開される『カイジ』の主人公・伊藤開司はまさにニートそのもの。働く気もなく自堕落な生活を送っており、趣味はギャンブル。基本ダメ人間。

妙なところで人情に厚く、お金に対する執着心・行動力もあるので、仕事をすればそこそこがんばれるのではないかと思わせるキャラですが……。

 


■5. 佐藤達広(N・H・Kにようこそ!)

『N・H・K』とは日本ひきこもり協会の略で、某国営放送とはまったく関係ありません(笑)彼に関してはニートというより作品タイトルにあるように引きこもりの感が強いですが、ニートとしてもまさにテンプレ生活を送っている男性です。

地球を救ったり世界のヒーローになったりもしません。ニートオブニート、それが佐藤くんです。

 

ということで、ザッと5人ほど挙げてみましたが何人かには共通する部分もありました。列挙していくと“正義のヒーロー”、“夢見がち”、“何かしらの特技を持っている”。

正義のヒーローならば、“敵がいるから働けない”。夢見がちなら“夢があるから働けない”。特技を持っているなら“特技を活かせる場所は会社じゃない”といったところが働かない理由でしょうか。

悟空なんて「オラ修行しなきゃいけねえから、働いている場合じゃねえぞ」とか、言っていそうですね。

これだけ色々な作品に登場するニート。地球を守っている人もいればニート道を邁進するキャラもいて、ひとことでニートといっても千差万別であるということが分かりました。

ちなみに、最後まで迷っていたのですが『海賊』は仕事なのでしょうか? 某人気マンガの主人公は海賊王を目指して冒険していますが、海賊が仕事じゃないとすると彼もニートに定義される可能性アリ!?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grtutyiytikuy
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/grtutyiytikuy/index1_0.rdf