が高かったのが印象的だ

March 06 [Fri], 2015, 17:04

 お花を付けた 高級感のあるレザーの グッチ iphone6 ケース 。


レトロなデザインと高級感で自分だけのおしゃれなスマホ ライフを演出してくれ、丈夫で長持ちします。

素材にレザーを採用します。シンプルなデザインで仕上げたiphone6ケースです。

表にお花とかロマー字を付けています。 

専用のカメラホールがあり、ケースをしたままカメラ撮影が可能です。

もちろん、付けたままの撮影や充電も大丈夫です!大人気の商品です

グッチiphone6カバー


ソフトバンク コマース&サービスは、「SoftBank SELECTION」ブランドからiPhone 6/6 Plus向けアクセサリーを2月20日より順次販売。SoftBank SELECTION オンラインショップでは2月13日に予約受付を開始した。
iPhone6 シャネル
 今回発売される薄型フリップケース「SoftBank SELECTION スリムフリップケース for iPhone 6/iPhone 6 Plus」は全面にカーボンパターンが施されている。フリップを閉じれば端末の両面?側面を保護するだけでなく、フリップ内側のマイクロファイバーがディスプレイも保護。SoftBank SELECTION オンラインショップの参考価格はiPhone 6用が3600円、iPhone 6 Plus用が3840円(各税込。以降税込価格)となっている。

 「SoftBank SELECTION 極薄液晶保護ガラス for iPhone 6/iPhone 6 Plus」は、基材に厚さ0.2ミリの高硬度Gorilla GLASSを採用。表面硬度は9Hで、透過率は90%以上。飛散防止加工を施し、安全性にも配慮している。SoftBank SELECTION オンラインショップの参考価格はiPhone 6用が3720円、iPhone 6 Plus用が3960円となっている。発売は2月27日。

 また、Lightningコネクタ搭載のiPhone/iPad向け「SoftBank SELECTION 巻き取り式 USB Cable with Lightning Connector」も発売。USB充電対応のACアダプターやPCと接続して充電やデータを同期できる製品だ。コネクター付きケーブルを巻き取って収納可能なコンパクトデザインで、アップルの「Made for iPhone/iPad」を取得済み。SoftBank SELECTION オンラインショップの参考価格は2640円で、発売は3月6日。
シリコンiPhoneケース
 取り扱いは一部店舗を除いたSoftBank SELECTION 取扱店、およびSoftBank SELECTION オンラインショップ。オウルテックは19日、車の中でiPhoneなどの充電を行うためのLightningケーブル一体型シガーソケット充電器「OWL-ADDCU1L-WH」を発売した。同社の直販サイト「オウルテックダイレクト」での価格は税込3,002円。

車の中でiPhoneなどを充電するためのシガーソケット充電器。Lightningケーブルが直付けされており、コネクタ部の幅が8.5mmと狭いため、ケースなどを装着していても差し込みを妨げることがない。Appleの正規認証「MFi(Made for iPhone / iPod / iPad)」を取得している。

12V車 / 24V車の両方に対応し、最大出力は2.4A。ケーブル長は1.0mで、重量は41g。対応機種は、iPhone5 / iPhone5c / iPhone5s / iPhone6 / iPhone6 Plusなど。韓国市場ではアップルが攻勢に出ている。米市場調査会社ストラテジー?アナリティクスは、「韓国スマートフォン市場でアップルが急速にシェアを拡大しており、サムスンは苦戦を強いられている。iPhone6発売以来、サムスンのモバイル部門は低迷している」と伝えた。また、香港の調査会社カウンターポイント?リサーチのデータによると、2014年11月時点の韓国スマートフォン市場におけるサムスンのシェアが46%に下がった一方で、アップルのシェアは33%に上昇している。
iPhone6 シャネル
日本市場では「サムスン撤退」がささやかれている。Business Koreaのウェブサイトは業界関係者の話として、「サムスンは間もなく日本のスマートフォン市場から撤退するだろう」と伝えた。サムスンはアップルのiPhoneに対抗するため、2014年にGALAXY Note Edgeを日本で発売したものの、販売台数は予想を大きく下回る数万台にとどまった。 2014年の第4四半期、日本市場ではiPhone 6とiPhone 6 plusが好調で、アップルのシェアが大きく伸びた一方、サムスンのシェアは17%から4%へと大幅に下落している。

先日にはサムスン日本法人が六本木にある本社ビルの売却を検討していることや、日本各地の支店の整理が行われると伝えられており、サムスンの日本スマホ市場からの撤退は現実味を帯びている
連邦政府から支持されたわけでも無ければ、支払いが変わることも無い
[拡大]
アップルのCEO ティム?クックはApple Payは連邦政府によって発行された支払いカードにも対応し、いくつかの政府機関ではこの秋からApple Payによる支払いを受け付け始めると発表した。
グッチ iphone6 ケース
Bloombergはこの事はApple Payにとって大きな勝利であると言っているが、少し待って欲しい。確かに連邦政府は年間264億ドルのGSA SmartPayカードによる決済を処理している。しかし(Apple Payと提携している)CitibankやJPMorgan Chase、US Bankなどから発行されているVISAやMastercardといったカードによる支払いは人々にとって馴染みのあるものであり、これまで見ることがなかったような支払い方法とは異なる。

担当者がやることといえば、カードリーダーのスイッチを入れ、(彼らがiPhone6/6 Plusを持っていれば)クレジットカードをスキャンしてApple Payに登録するだけだ。

変わらないことといえば、そのカードが使える場所だ。もしアメリカ合衆国国立公園局(National Park Service)がNFCベースの支払い(iPhoneユーザーが利用できるもう一つの支払い方法だ)対応を始めたとしても、あらゆるところの機器を入れ替えなければならない。政府のインフラ刷新の動きは非常に遅い。

ところで、Google Wallet、Softcardや他のNFCベースのペイメントサービスについてもインフラの入れ替えが済めば同じように使えるようになるはずだ。事実、連邦政府はこの1月に新しい支払いシステムの情報を請求した。新しいペイメントテクノロジの受け入れを考えているのだろうか。
ディオール携帯ケース
もしあなたが日々ホールフーズ?マーケットでお金を使う連邦政府職員なのであれば、この話に多少の興味は湧くだろう。アップルにとってもいい宣伝だ。しかし我々の殆どにとってはあまり意味のないニュースだ。●iOSの普及速度とユーザーメリット
Appleは開発者向けにiOS 8.3のベータ版をリリースしたが、同バージョンではいくつかの新機能が搭載されるという。その新機能が今後、どのような影響を与えるのだろうか。今回はiOSの普及速度からユーザーが受けられるメリットについて述べ、iOS 8.3の内容と考察をしてみたい。

○iOS 8の普及速度は?
新品グッチiphone6 ケース
Appleによると、iOS 8の最新の普及率は2月第1週の段階で72%に上昇したという。この数字は、開発者向けに、App Storeに訪れたユーザーのバージョンを開発者向けのサイト上で報告しているものだ。その2週間前に当たる1月第3週は68%だったことから考えると、2週間で4ポイントアップしたことになる。ちなみに2月の段階で、iOS 8と同時期にリリースされたGoogleのAndroid 5.0(Lolipop)は、普及率1.6%と低迷している。

iOSは、モバイルだけでなく、あらゆるOSの中で、最も速いスピードで新バージョンが普及することで知られている。Appleもプレゼンテーションの中で、競合するAndroidで複数のバージョンが混在する「断片化」について指摘することがある。

ハードウェアとソフトウェアを1社が手がけるAppleのiOSと、Google?ハードウェアメーカー?携帯キャリアの3者が介在するAndroid、という構造上の違いから断片化が生じてしまう。しかし、結果的にはこの構造のおかげで、Androidが世界のモバイル市場を大きく独占している状況だ。

一方で、iOSが開発者に支持される点は、有料アプリやアドインの購入に積極的な「優良ユーザー」が多いこともさることながら、新バージョンの普及の早さから、最新のOSの仕様を生かした新機能を素早くユーザーに届けるられること。メジャーバージョンアップは、新機能や、新デバイスへの対応が行われ、iPhoneやiPadそのものを売り込んでいく際の材料になるため、Appleにとっても、普及率の素早い向上は重要になるのだ。

○Apple WatchサポートのiOS 8.2、機能充実化のiOS 8.3

さて、iOS 8.2は海外の報道によると、iPhoneがApple Watchに対応するためのバージョンアップが中心となりそうだ。

iOS 8.2を導入したiPhoneには「Apple Watch」アプリが追加され、設定を行うことができるようになることが報告されている。このリリース時期は、Apple Watchが発売される2015年4月か、予約受付を開始してからになるとみられる。

そして、「その次」のバージョンとなるiOS 8.3が開発者向けのベータ版としてリリースされた。MacRumorsがその内容について伝えている( ?8?3-beta-to-developers/ )。それによると、大きな機能の追加は「Googleの2段階認証対応」「CarPlayのワイヤレス接続への対応」「中国でのApple Pay対応」「新しい絵文字キーボード」になるという。

●iOS 8.3でApple Payのサポート対象国が増える?
○Apple Payの中国サポート

Apple Payは現在米国内で発行されたクレジットカード?デビットカードでのみ設定できる仕組みだが、これが中国向けにも対応すると、世界の2大市場の国民がApple Payを使えるようになる。

中国には、銀聯と言われる決済ネットワークがあり、銀聯カードはデビッドカード(銀行のキャッシュカードによる決済)として機能する。Apple Payを中国で展開するとしたら、この銀聯ネットワークに対応することが手っ取り早く、また確実な利用者増加を見込むことができるはずだ。

日本にも銀聯のロゴを表示した店舗があるが、このロゴとNFCベースの決済端末の組み合わせによって、中国国内だけでなく、米国などでも中国から来たユーザーがApple Payによって決済を行えるようになる可能性が高い。

ちなみに、日本でもVISA系、Master系などの非接触ICによる決済に対応した端末を見かける。そこで日本に出張した際、筆者が米国のアメリカンエクスプレスカードでApple Payを設定したiPhone 6 Plusで、何度か決済を試してみた。

非接触ICリーダーにiPhone 6 Plusを近づけると、Apple Payの支払い画面に変わり、指紋認証が求められるが、筆者が東京で試した範囲では、決済完了までこぎ着けることはできなかった。

そのかわり、東京でUberを利用した際には、サンフランシスコで利用するのと同じように、Apple Payの認証だけで支払いを済ませることができた。もちろん決済は米国のクレジットカードに円ベースで請求されるため、海外利用の手数料も引かれるが、店頭での利用以上に利便性が高かったのが印象的だ。
シャネルiphone6 ケース
このように、現状では一部制限があるものの、日本国内の他のタクシー予約や、チケットの購入、オンラインショップなどのアプリがApple Payをサポートしていれば、海外のユーザーは日本国内で簡単に支払いができるようになるのではないだろうか。

●iOS 8.3で絵文字キーボードが変わる?
○絵文字キーボード

絵文字は日本の「ケータイ」から始まったカルチャーだが、AppleやGoogleのモバイルOSでも扱われるようになり、Unicodeに盛り込まれ、非日本語圏でも流通するようになった。
iPhone6ケースグッチ
米国のエンタテインメントニュースをテレビで見ていても、「Emoji」として頻繁に話題に挙がるようになっており、一般化が進んでいる様子がわかる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grtew
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grtew/index1_0.rdf