JEN(ジェン)だけど朝日

January 13 [Wed], 2016, 12:56
転職のきっかけは書類選考や面接においてたいへん大切です。


きちんと腑に落ちる明確な理由がなければ高い評価を得られません。



ですが、志望動機を聞かれてもうまく話すことが難しい人も少なからずいるはずです。一般的には履歴書に書く際や面接時にこの転職の動機に四苦八苦します。正社員に受からない理由は、本人の中にあると思います。

志望するその企業で働き、どのようなことがしたいか、どうなっていきたいかがしっかりと決まっていないため、具体的に志望動機を述べられず、面接でもアピールできないのでしょう。
反対に、やりたいと強く思える仕事が見つかって、情熱が伝わったなら学歴も関係してくるかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。
転職先を選ぶ上で重要なのは、おびただしい数の求人の中から自分にマッチした転職先を探し出すということです。


転職がうまくいくためにも、色んな手段を使って少しでも多くの求人のお知らせをかき集めましょう。

会員にならないと見られない求人情報も中にはあるため、ある程度の数の転職サイト・アプリを使う方が断然良いです。


ある程度時間をかけて熟考して転職を成功させましょう。



皆さんが現在行っている仕事は、好きでその職場に決めた人もいれば、家計のためだけに就いた人もいると思います。

でも、その仕事がすごく嫌な時には、その仕事が好きな人でなければ仕事を続けるのが難しくなることもあるでしょう。何かしらの目標があったら、働く中で、耐え難いことがあったとしても辞めずにがんばれるかもしれません。
転職する時に記入する履歴書では、今までの職歴をどんな相手でも理解できるように書いてください。あなたの今までの業務の内容がわかれば、入社してすぐに活躍できるか、担当者も書類選考を行いやすくなります。さらに、顔写真は意外と重視されるもので、友人などに頼まず、プロが撮影してくれるところで、撮ってもらうのが良い、と言われています。

誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、訂正するのではなく、もう一度書き直しましょう。

転職活動は在職期間中からやり始め、転職先が決まってから辞めるのがベストです。



退職してからの期間が自由に動けますし、即、働き始められますが、転職先が思うように決まらない想定もありえます。


無職の間が半年以上になってしまうと、就職が成功しにくくなりますから、勢いで現状の仕事を辞職しないようにしましょう。働いた経験が就職活動において大変有利だと言われます。私が人事部の担当者だったときに面接において感じたことは、アルバイトを経験している人の方が受け答えもきっちりして、好印象ということです。

社会経験のあるなしの差はこんな時にも出るのではなかろうかとつくづく思いました。
転職するのにいいシーズンは、3月、または、9月が求人情報が増えていいでしょう。

もし2年以上勤続していれば、長く働いてもらえると考えられるでしょう。

働きたい種類の職種が決まっているなら、求人情報をチェックする事を習慣づけて、条件に合う募集があるとすぐに応募するといいのではないでしょうか。増員での募集をしない職場も多く、その瞬間を知るのが難しい事もあります。正社員と比較して、待遇がかなり違うといわれている契約社員については、実際の収入に、どれくらいの差が生じてしまうのでしょうか。

テレビの情報では、一生の取得額でみると、約8000万円の差異が生じるといった衝撃の調査結果が明らかになっていました。

大手の企業に転職をすれば、給料は増えるのでしょうか?一般的には収入が増えるので、収入の額にこだわるのなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。
大手企業では年収700万円〜800万円もさほど珍しいことではありません。年収が約1000万円という方もいますし、中小企業より、明らかに給料は高いといえます。35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。


この説は35歳以上になると転職することができなくなるというものです。まだこのような噂がありますが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?結論から先にいうと、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。今では、どの企業も生き残るために必死になっていますから、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。


異業種への転職は難しいと思われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?結論を言いますと異業種への転職は決して簡単ではありません。
志望者の中に経験者がいた場合、採用担当者は経験者の方を選ぶ可能性が高いです。ただ、絶対に不可能だというわけではないので、あなたの努力によっては採用されることもあるでしょう。

転職を行う時の志望動機で必要になるのは、ポジティブで仕事への意欲が伝わるような内容です。さらなる成長が期待できそうだとか、習得している能力を活かすことができそうといった意欲的な志望動機をまとめてください。

その際、できるだけ、志望する会社の特長と合致するようなちゃんとした志望動機を分りやすく述べることが望まれます。



よって、しっかりとした調査を行うことが重要でしょう。転職するのに一番よい方法とは、まだ在職している間に次の就職先を探し、次の就職先が決まってから、今の会社を退職することでしょう。退職してから次の就職先を探そうとすると、すぐに転職先が見つからないと焦り始めます。また、お金の面で不安になることもありますから、退職する前に探すことがベストです。
加えて、自分だけで探そうとしないで頼れる人を探すことも一つの方法です。英語が堪能な方が、就職活動で有利かと問われれば、有利なことが多いでしょう。

楽天みたいに社内の標準言語が英語に限るという企業も存在しますので、英語に堪能であれば、他の求職者に比べて選択肢が増えて、有利に事が運びます。
履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取得しておくと良いでしょう。人材を紹介する会社を利用し転職に見事成功した人も多いです。

たった一人での転職活動は、精神的に辛いと感じる事も多いです。転職先がみつからない場合、何をどうしたら解決できるのかわからなくなることもあります。人材紹介の会社を利用することで、自分の探している求人情報を教えてもらえたり、有効なアドバイスをもらえると思います。転職した場合にお祝い金がもらえる転職サービスもありますが、お祝い金を受け取れたとしても、一括で全額を受け取ることはできず、一年にわたっての分割で振り込みがあることがほとんどで、転職費用の足しにはなりません。


お祝い金制度を採用していない転職サービスの方が、より良い求人情報を持っていたり、面接に通りやすくなる場合もあります。残念ですが、転職しなければよかったと後悔することもあるでしょう。
転職前より上手く行かなかったり、待遇が悪くなったり、転職先の空気に合わない事もあるようです。


転職が上手くいくには、念入りに調べる事が重要です。さらに、自分を売り込む事も大切になります。



気持ちが先走る事無く取り組んでください。


良い転職理由とは、最初に、実際に転職を考えた理由を思い出してください。
そのままの言葉で表現するのではないので、素直にノートに書きましょう。


そして、それをできるだけ好印象に結びつけるように表現を書き直してください。なぜ転職したのかを長く語ると自己弁護しているように受け取られるので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。

仕事を変えるときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っていると採用の決め手になってくれるかもしれません。

このMOS、実はマイクロソフト社の公認のPCスキルを認めてくれるとても汎用性のある資格です。


このMOSという資格を持つことにより、ほとんどの企業で必要不可欠となっているマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識とか技術が証明されるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉心
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grt5aienerborh/index1_0.rdf