SudsyMalones、その2 

August 08 [Mon], 2005, 4:30
ライブが終わって、はぁ、さみしー。
オヤジ、ポスターもらえる?ってダメもとできいてみたら
『いいよ』っておぉー。きいてみるもんだ。
ポスターもらって色んな人としゃべって、タクシー呼んで
待ってたけど、来ない!!
オヤジに来ないって言ったらその辺のタクシー拾ってくれて
『俺の友達ちゃーんと送ってくれよ、頼むゼ』みたいなこと
言ってくれてバイバイした。はー。良かった。

とりあえずホテル戻ってもー、ソッコー空港。ギリギリじゃあ。
帰りのタクシーから外の夜景を眺めつつ、いろんな事思い出して
でもくたくたなもんで、ぼーっっとなって、飛行機の中でも
そんな感じ。雲の間からちらほら見える街の灯りをみながら
いろんな事かんがえて、ねた。

この旅行中果たしてあちは何時間、寝たんだろう…?
思い出せないけど、あんまり寝た記憶が、ない。

おっしまい。

SudsyMalones、その1 

August 08 [Mon], 2005, 4:11
SudsyMalonesの周りはなんかイカツイ店多し。
TatooShopとかね。絵になるなあ。と思って歩いてると
おっDonitaとDeeがいる!!ラッキー
早速お土産とファンレターを渡す。お、開けてますねー。
あそんでますねー。おちゃめにも2人でポーズとって
『写真とって


だって〜キャーカワイイ〜
ライブ始まってすぐそばにSuziとJanisがいて、
おみやげありがとね、って言ってくれて、ウフ
喜んでくれたらしい。良かった良かった。
最後のライブだからホント悔いの残らないように、、、
と思ったら、なんか急にカラダがだるい!チカラ、入らない!
なんだなんだ、何でだよ!!と思ったら、どうやら
さっきのスーパーで買ったバカデカイVICKSDROPが
今頃効いてきた!!さすがアメリカ、薬の効き目も絶大…って
ノドの薬じゃん…。 強すぎだよ…。もーフラフラ、すーさんも
心配しまくってる、ヤバい…でもL7始まるし。頑張る!!
あち、復活

これで最後なのねと思うとしんみりしてしまうあち。
最後にはもー感極まってボロボロ泣いちゃったあちに
Suziステージからありがとありがとってイッパイ言ってくれて
さらにボロボロ、すっこけながら燃え尽きやした。はぁー。

Cincinnati、5日目その2 

August 08 [Mon], 2005, 4:01
最後のシゴト、それはファンレター書き!!
(いつ寝てるんだウチらは)
辞書とにらめっこ、一人一人にありったけのコトバで愛を表して書く。
完成!!お土産のでんでん太鼓(あちの手描きL7ロゴ入り

一緒にラッピング!と思いきやステキな包装紙がないのよネー、と
近くのスーパーに行きシールやらペーパーやらをゲットしてくる。
ホテルに戻り、帰りもそれこそギリギリの時間になる事を見越して
すでに荷物をまとめて出かける。

Cincinnati、5日目その1 

August 08 [Mon], 2005, 3:41
ゆうべから一睡もするヒマもなくタクシーでGREYHOUNDへ。
これに乗り遅れるとClevelandから飛行機乗れないのよ。
もークタクタ、ムチ打って空港に向かう。
そこから乗った飛行機、小さいのなんの!10人乗ってるの?って
位のやつ。操縦席は丸見えだし、、、コワーーー
なあんて考えてるうちはまだ良かったよ。
飛んだら飛んだで、揺れる!!傾く!!しかも地上よく見える!!
でも疲れてたのね、あたし、、、、爆睡してたらしい、、、、。
すーさんは全然寝れなかったらしい。めずらしく。

1時間弱のフライトを終えて改めて機体を見ると、うん、ちっちゃい。
あんま小さいから写真撮っちゃったよ、、、。
そこからタクシーに乗る事約15分、
最後の地、Cincinnatiのホテルに到着!!
プハーーーーさすが1泊$95だねェ〜。広い!キレイ!!
(今まで安くあげすぎただけなんだけど)いや、マンゾクマンゾク。
ベッドの上ではねるあち。

お風呂に直行、シャワーを浴びたらさあ、
最後の仕事が残ってる!!

Frankies,その3 

August 08 [Mon], 2005, 3:24
上のフロアに戻って、ロブとかその友達とかと話してて、
でも明日朝早いし帰らなきゃだよねってタクシー呼んで
来るまで喋ってよっかって感じだったんだけど、
ロブの友達のクリストファー曰く『あー、そこのホテル、
帰り道の途中。送ってってやるよ。』
ってええ!?
でもこんなところで見知らぬ人に、それにもーすでに
タクシー呼んじゃったよ、って言ったら

『せっかくアメリカ来たんだからそんな事よりもっと楽しい事に
金使いなよ、俺がタクシー。タクシーはその辺走らせとけ。』


って。。やさしー、、。タクシーにはごめんなさい。来ちゃったし。
みんなタクシー呼んだのだーれー?って探してるのに。
スンマセン。うちらです、、、、。まあいっか。
クリストファーにのっけてもらって、Frankiesにバイバイ。
何か最初は超コワイ人しかいない!!って思ったけど
大間違い!!
みんなすごく優しくて、いい思い出、たくさんもらった。

Frankies、その2 

August 08 [Mon], 2005, 0:10
ライブが終わってゼーゼーへたってるあちに他の奴らは優しい
アルバムの話したり、グッズ買ったり、前座のバンドの娘と話したり。
今日もグッズ売ってますね、Suzi。あちはTシャツ2枚、
しかも貴重なMサイズ、ゲットした。早速着ちゃったりなんかして。
Clevelandにもいたオヤジにおごってもらってカウンターで一杯。
いや、正直こっち来て酒買ってないよね、、、うちら、、、

あれ。あの金髪の女のコ、もしかして昼間会った、、、(ウェンディーズで)
『あっれェー何でここにィー?』
って話になって、いやね、これ見に来るために旅行してるのって
言うと相当ビックリして(そりゃ驚くわ)
『じゃあ、アフターショウは?』って言うから、何それってきくと
どうやら地下で打ち上げやってるらしい。
『連れてってあげるよ』ってえ?何それ?アナタは一体、、、、
アヤシイ階段降りてくと、誰かと喋ってる。
『こいつロブ。彼友達。ここのセキュリティ。』
あ!そういうことか!スゴイ、、、、、

『行って、メンバーに会ってきなよ

いやーんばかーん超オロオロしてるうちら2人。
なんか変なオバさんが来て、何しに来たの、
ここは入っちゃダメよとクドクド怒られる。どうしよーって
アシュリー(さっきの娘)に言うとなんと!
オバさんにケンカ売ってるよ!!ひえー

『さ、ユックリしゃべってきな

だって!?んもーあなたスゲーいい人ウルウル。
でもみんなしゃべってるよ、メンバー。なんか話しかける
雰囲気でもないよー、とSeanに言うと、話しの合間にDonitaに
聞いてくれる。サンキュウ。
おおっっとDonita、うちら見るなり

『コンニチハ〜』だゼ★

ライブすごかったねとかサイン下さいとか写真撮らせてとか
月並みのことしか言えないんだけど、超やさしい。



カオ引きつってるよあたし。ひえええ。でね、
明日のチケットまだ買ってないならあげるよって、
そんな〜ってことまで言ってくれて。
でもうちらもうチケット買ってて、って言ったらすごい
残念なカオして、でもホントその気持ちがファンにはたまんねっす。

いっぱいいっぱいお礼言って、アシュリーとロブにも
お礼言って上のフロアに戻る。

Frankies、その1 

August 07 [Sun], 2005, 23:39
タクシーでFrankiesへ。運転手の兄ちゃんが一発でわかったので
らくちんらくちんドライビング。
結構早めに着いちゃったからそのへんをウロウロ。
おっ。オヤジいるじゃん!突進してって抱きつくあち。
すーさんもオヤジの服についたいろんなバンドのワッペン見て喜んでる。
じゃーあとでねぇーって
とりあえずFrankiesの向かいのスーパーで買い物。
で時間までFrankiesの前で待つ。時間が経つにつれてどんどん客が
増えてくるんだけどさ、、、、、、なんか、みんなパンクじゃん!!
Clevelandとはまた違って、、、、なんかコワイ、、、
今夜のライブ、ヤバいかも、、、とか思ってると入れるようになって
ウぉーFrankies、イイ〜トイレもかっちょいイイ〜

今日の1バンド目はおネーちゃんバンド。Voの女の子カワイイ。
INK&DAGGERはオイラの好きな曲、やってくれなかったさ。
うォォ〜L7になるとやっぱ熱気ムンムンだね、
いや、この場合は殺気か?
だってこんな小さいステージの前にセキュリティ3人だぜ!?
黒人のバカデカイやつ。前見えないってば。うわ、出てきたアネゴ。
始まったはいいけど、おい、つぶれるよ、うーわアンプずれてる!!
必死で前数人で押さえるんだけど、苦しい。Suziも足で押さえる。
うーんいいね、危険度高いゼ。なんて余裕、全くナシ!!
途中すーさんがどーんて押されてふっとんでそれ見たSuzi、間髪いれず

『ドーンプッシ トキオー』

って言ってくれたよ。優しィ〜Suzi
もーアンプ押さえるのにゼーゼーになってるうちらに
『あんたたちそれじゃ楽しめないでしょー?』って言って
自分の方にずいずいって寄せてハァー楽になったぁー復活
あまりの人の多さにセットリスト一通り終わってもメンバーが抜けられず、、
どうするのかと思ったらなんとステージで4人、寝てる!

『コドモは寝る時間よォ〜オヤスミぃ〜

てな具合で客、あおるあおる!!そのままアンコールに突入、
うーん、最後まスバラシイライブだったわ。ルンルン

Toledo,4日目その1 

August 07 [Sun], 2005, 23:00
ほとんど睡眠もとれないまますーさんがフロに入ってる間に
ホテルから近いGREYHOUNDに行ってバスのチケットを買う。
バスにのったのが確かアサ8時位。NEW ALBUMをウォークマンで
聴きながらClevelandを後にする。眠いんだけど景色が良くって
見とれちゃって全然寝れなかったりする。
すーさんはやっぱ寝てる。いいもーん、
フリーウェイで“Freeway"聴くんだもーん。写真撮るんだもーん。
っつてもまわりは畑やら牧場やらばっかりなんだけどね。
そこがいいんだよなあ。高速走ること2時間。途中の休憩の店、
カワイイ爺さんがトイレ探してキョロキョロしてるあたしに
あっちだよ、って指差して教えてくれたのがすごく印象に残ってる。

で、Toledoに入るとまた独特の雰囲気。アメリカじゃないような、、、
バスを降りて、TAXI でホテルに移動。
ホテル着いたはいいけど窓、開かない!エアコン、壊れてる!!
なんか寝るタイミングも逃してしまったので仕方なくMTV見て
ほけーーーっとする。ハラへったね、ってホテルの向かいの
ウェンディーズでランチ。なんか周りをみるとみんな肥満、、、、
オーダーのときすーさんが”アイスティー”って言ったのに
Hi-Cが出てきて文句言っても店員全然きいてくんない。
あららと思ってたら後ろに並んでた女の子が
『あたしはアイスティーって聞こえたけど?』って
言ってくれて、キャーなんて良い人!!ステキ!!
お礼を言って、のんびりランチ。でもさ、みんなスゴイ
こっち見るんだよね。珍しいんだか。無理もないさ、未だ
アジア人会ってないもん。
さーてゴハンも食べたし、ホテルに戻ってセンタクさ。
と、センタクセットを取り出し、フロ場に物干しスペースを
作りだすあち。ルンルン

さあて、ちょっと早めにライブハウス、FrankiesへGO!!




Grogshop、2日目その2 

August 07 [Sun], 2005, 22:43
まわりを見てると、あれ、あのステージの上で機材を
片付けてるのはもしや日本でSuziのパンティ〜
売っていたオヤジ!!(しかもクアトロの外の路上で。)
ソッコー近付いてって
『日本でスージーのパンツ、売ってたでショ。』

て話しかけたら、あーやっぱり一発でわかってくれた。
しかもこのオヤジ、めっちゃノリがいい。日本から来たうちらに
ビックリしたのか、カンドーしたのかなんかわからんが
ビール片手に戻ってきてゴチソウしてくれた。
あと、スティックもくれたり。はぁ〜、ホレタぜ、オヤジ〜

着々とサイン&写真をゲットするボクら。次は、Janis!!
君は何処?いた。発見!!
あ、日本語は喋らないのね。この人かなりユカイ。
時々変な日本語喋るし。『ウサギ食べまショウ』とかね。
Janis、すんごいいい人。Slap-Happyのアルバムに
彼女の写真は無いので変な葉っぱの写真の上に

”This is me,ジャネス田中”って書いてくれた。

明日は移動のため、忙しくパッキング。ちょびっと寝る。

Grogshop、2日目その1 

August 07 [Sun], 2005, 22:22
Grogshopの2日目は金曜日というのもあって
かなりの人ゴミゴミで前座見てるだけで転がってアザ作ったりで
すんごい盛り上がりでした、ね。

SHOWの後、L7の激ファンオヤジ2人につかまって話をしてると、、、
なにィ!? Donitaが昨日ラジオでうちらのことを話してたらしい。
このオヤジさん達ホント良い人達で写真撮ってくれたり
インターネットでオーダーしたから紙のチケットもってないあたしに
記念にあげるよって自分のチケットくれたり。
も〜あちは泣けてきましたよ。ううう

親父達に励まされ待ってたかいもあってSuziと写真を撮る。
目の周りまっくろなSuziと目の下真ッ黒なあち。
にしてもSuzi、キレイになったなあ。
前の来日の時はあんましゃべれなかったし、ライブも
BASS側でプレイも遠めにしか見てないし、良かった。
Suziの名ゼリフ。 エロカンチョー
http://yaplog.jp/grrrl/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grrrl
読者になる
Yapme!一覧
読者になる