hf_75逢状

July 03 [Wed], 2013, 12:46

この歌でも語つている通り、この「逢状」というものには、何か近松の世話浄瑠璃と相通ずるような情味があつて、事実酔つadidas カントリー2て懐から取り出される逢状に自分のさつき書いてやつたものがあつたりすると、別にわけのある女でもないのに、何だか馴染を重ねた仲であるような気がして、ジェレミースコット遊里の味がしんしんと身にしみ渡つて来るような、浮かれ男の心持になつて来る。
 一時は京都へ遊びに往く度毎に、知つていアディダス キャンパスる芸妓や舞妓達から、いろいろな逢状を貰つて来て、それを貼り交ぜにした小屏風でも作ろうかと思つたようなこともあつたが、何と言つてもまだその時アディダス スーパースター分は部屋住の身の上、酒色に費す金はあつても、身辺の道具までは手が廻らず、千枚あまり逢状を貯めただけで、お流れになつてしまつた。adidas ランニングシューズ
「逢状」というものは何時頃からあつたものだろうか。試みに「元禄文学辞典」というものを引いて見たが、それには全然載つておらず、adidas スニーカー明治になつてから始まつたものとすると、どうも少し古風過ぎる。兎に角これを思い付いた人は、たとえば中島棕隠の如き、風流好事の儒者か何かだつたに違いない。アディダス スニーカー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grr45jd
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grr45jd/index1_0.rdf