夢見た
2016.08.28 [Sun] 07:30

夢か、夢だ、夢だーって
気づいて何度も声に出してしまった

萌が腕の中にいた
抱きしめてた

なんでいたかわからない
夢の話のどこかで入れ替わったか

不機嫌じゃなかった
普通、でもペソかいてるような

財布を探していた
普通に話しかけてきて近くに来た
座ってちょっと泣き出して

ここで抱きしめなきゃまた後悔すると思って、腕の中に
嫌がらなかった
ぎゅーとした

でも感触があまりなかった無いから何度もぎゅーとした

今思っても、なかった
感触欲しかった

大事だったの?と聞いたら
引っ越すなら探しといてと泣いていた

黒とピンクのキティちゃんのなかあったよ、と言ったら
違うという

話せて話してくれて
抱きしめられて嬉しかった

そのあと場面変わって

いろんな実の生る木が切られてしまってて
萌は少し小さくなっていた
前に萌と取ったことがあるみたいだった

桃を拾って
広大な公園をどこかへ帰る途中(三保の景色マザー牧場混ざってる)

萌はまた小さくなってて
抱っこして桃食べさせてた
小さな子になっていた

どんどん小さくなっていて最後は片手で抱いていた

萌を抱きしめて、できてよかったと思っていた

その記憶夢だと気付くのに時間がかかった

残念な気持ちじゃなく
本当に驚いた
夢かー!って

会いたいなぁ
ぎゅってしたい
謝りたい
一方的でも

勝手だね


 

暑い
2016.08.09 [Tue] 19:49

道路に近い犬は暑いことを、
身長の違いで電車の中での苦しさとにてると思ったら

萌が満員電車で吐いたこと、話す様子が蘇った。

もえ…って言わない日はない。

もえの中で、 お相手に対して、お相手の親御さんの中で
わたしはどんなにひどい人間になってるんだろう
 

名前を呼ぶ
2016.07.19 [Tue] 02:29

紫苑ちゃんが亡くなったよ。
同じ頃ジャンジャンも。

ママが名前を呼ぶ声が思い出されて聞こえる。呼んだ顔も呼ばれた様子も。

幸せな時間。

もう聞けないもう呼べないんだなぁと気付いて泣いた。

萌、も
呼べない

呼びたい

少しでも、
話してくれるのは
嬉しかった。
 

瀬戸内寂聴さん
2016.07.04 [Mon] 10:33

TVで法話の様子をやっていて

自分に関係ない話でも、
見ているだけで
寂聴さんがお話するだけで

涙が出た。
止まらない。

法話行きたい。

だけど、
それを考えただけで
涙出る

たぶん
行く道からずっと
法話の場所にいるだけで
ずっと泣いてる

寂聴さんと一緒なの私
ダメ男を好きになる

だけど、
お話したいのは
やっぱり萌のこと

幸せで笑ってくれてたらいい
それだけ

わたしが会いたいだけ
わたしが忘れたくないだけ
わたしが心配なだけ

わたしが…
さみしいのは押さえなくてもいいよね?
 

オフ会覚えてる?
2016.05.26 [Thu] 19:46

初めては吉田、大井川で。

次は豊田。
泊まったのはこの時だっけ?

養老にも行った。雪だったね。

今日、マフマフが亡くなったよ。覚えてる?
西武ドームでも会ってる。

ハスキーのももちゃんも去年亡くなったんだって。

シロちゃんのおばさんのお店があったアパートも無くなっちゃって、
おばさんも見なくなっちゃった。

サンちゃんも死んじゃったし、
バセンジーのコ覚えてる?去年亡くなってた。小野さんちのデカいイタグレも。

みんな萌のこと知ってるね

ぷっちゃんの最期は会ってあげて
 

ここを出ることの後ろめたさ
2016.05.26 [Thu] 00:51

帰ってくるはずがない

帰ってこないとわかってはいても

ずーっとここにいれば、

ずーっとずーっといれば、
いつか来るんじゃないかと

だから、

ここがなくなったら
なくしたら、

戻るところを無くしてしまうようで

もっと、ちゃんと

普通に出て行かせてあげたかった。

 

負の連鎖
2016.05.20 [Fri] 10:48

ばっちゃんの話の続き。

親が愛情を受けてなくて、どんなものかわからないから
その子どももわからない。

わたしと同じ。

「負の連鎖」

50才の女の人。
全身、刺青モンモン。

ばっちゃんに、母の日にカーネーションをあげて
「恵、ありがとね」
って言われて、嬉しかったって。

こみあげて、涙出た。

50才の今、ばっちゃんに母親を求めていた。

わたしもなの?

 

子どもの貧困
2016.05.20 [Fri] 09:56

38年間親のない少年などにご飯を食べさせ、社会とのつながり、大人の愛情を教えてきた、82才の広島のばっちゃんの話。
お腹が空くと荒れるって。

萌がしょっちゅう
「これ食べていいの?」 って言ってたのを思い出した。

みんなのために作ってんのに、
食べてもらおうと作ってんのに、
そうに決まってんのに、
ご飯の時間なのに、

いつも悲しかった。


最後に「おいしそう」って言われたの、
ものすごく鮮明に覚えてる。

バジルポテトとソーセージと野菜の盛り合わせ。

嬉しかった。すごく。

もっと一緒に料理とかしたかったな。
すればよかった。

 

記憶
2016.05.17 [Tue] 19:52

どんどん記憶が薄れてく
思い出せない

最後の取っ組み合い


萌はわたしを許せないんだろか

わたしはどんだけの事をしたんだろう

うっすらとしか思い出せない

あれから1ヶ月半
一言も口聞かず出てった萌

どうして謝らなかったんだろ
どうして萌が好きだと言わなかったんだ
抱きしめたかった

嫌がられるのがわかってたからできなかった

嫌がられるのが怖かった

たぶん、
避けられることを想像した
苦しさに耐えられなかった

どうしてこのままじゃ嫌だって
あの時は言おうと思いつかなかったんだろ

また戻ると思ってた?
考えてなかった…そのあとこうなるって。

嫌われても伝えなきゃいけなかった、もうできなくなるのに。

逃げてしまった

もう機会が無くなるのに気付けなかった。

戻りたいよ
 

会いたい
2016.05.17 [Tue] 19:35

萌が話してるのを聞きたい

なにも関わらなくても
話さなくても嫌われてても
ただここに存在していた。

その当たり前にあった時間が、
いつか無くなるってわかってたけど
わかってなかった

大事な時間だった。

化粧してバタバタ出てく朝の数分

チラともこっちを見なくても
一言も口聞かなくても返事しなくても
うざがられても

大事な時間

もう戻らない