さっちんとデイビス

December 23 [Wed], 2015, 10:00
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができてます。
なお、インプラント治療はすべて自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してちょーだい。
「インプラントとクラウンのちがいは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかのちがいです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとしてのこすことができてれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療が出来ます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となるでしょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの所以でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができてず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。
実は、かかる費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っていますので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春斗
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grolp2afrs9amt/index1_0.rdf